ソーサラー狩り 爆れつハンター〈6〉黒衣の聖母 (電撃文庫)

  • 50人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (1)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • メディアワークス (1996年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784073043904

ソーサラー狩り 爆れつハンター〈6〉黒衣の聖母 (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この小説は、今までよりはだいぶ違います。それはなぜかと言いますと、キャロットとマロンの兄弟の両親の話もあり、今度の敵がその両親から続いていると言う事です。最後のほうで母親である「アプリコット・アンズ」が法族狩りの姿になって「ティラ・ミス」と敵を破った。

全1件中 1 - 1件を表示

あかほりさとるの作品

ソーサラー狩り 爆れつハンター〈6〉黒衣の聖母 (電撃文庫)はこんな本です

ソーサラー狩り 爆れつハンター〈6〉黒衣の聖母 (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ソーサラー狩り 爆れつハンター〈6〉黒衣の聖母 (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ソーサラー狩り 爆れつハンター〈6〉黒衣の聖母 (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ソーサラー狩り 爆れつハンター〈6〉黒衣の聖母 (電撃文庫)の作品紹介

スプゥールナ大陸…魔法を使える法族と、使えぬ庶民の間には、決して越えられぬ厳しい身分の壁があった。庶民の苦難と忍従は、永遠なのか…。しかし、天は、座して非道を見逃しているわけではなかった。彼ら「法族狩り」…悪党の法族を追いつめ、正義の鉄槌を下すのだ。さて今回は、お待ちかね。いよいよ若き日のキャロ・ママ&キャロ・パパ&キャロ・オカマの大活躍が見れる。時空を操る恐るべき敵・黒衣の聖母を巡っての、数奇にして、感動の運命を描く。

ツイートする