ブラッドジャケット (電撃文庫 (0176))

  • 150人登録
  • 3.75評価
    • (26)
    • (16)
    • (46)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 古橋秀之
制作 : 伊藤 義則 
  • メディアワークス (1997年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784073064084

ブラッドジャケット (電撃文庫 (0176))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ブラックロッドシリーズ第2弾です。
    吸血鬼が話の中心です。
    ブラックロッドは話の外枠にちょっと出てくる程度。
    この小説の世界設定はすばらしいです。
    仏教もキリスト教もごちゃ混ぜにして、それが世界の基準であり、科学で解析されているってのが凄い。
    可愛いおねーちゃん的なのは、ミラとヴァージニアぐらいで、基本的にはごついおっさんと細いにーちゃんが主な登場人物ですね。
    あと、小さなおっさんも。
    ごついおっさん二人が非常にカッコイイです。
    両方とも宗派は違えど坊さん(片方は神父)なんですが、筋肉隆々で物理戦闘のみならず奇蹟やらなんやらと凄い能力の持ち主。
    主役のにーちゃんはにーちゃんで特殊能力の持ち主だったりするんですがね。
    特殊じゃない人を探すほうが難しいのがこの世界ですが(笑
    非常に面白かったです。

  • 前作に引き続きとても面白いけど何か物足りない。吸血鬼が中心なのもあってややありきたりというか設定の外連味が足りない感じ。やっぱ機甲折伏隊(ガンボーズ)みたいな冗談めいたルビ付きの専門用語がバンバン出て来た方が楽しい

  • 自分の中に深く組み込まれすぎてて、アラとか見えない。
    面白いかどうかも最早よくわからない。
    少なくとも、今の自分の一部は確実にこれでできている。


    ★5つけるとか。

  • ライトノベル「ケイオスヘキサ」三部作の二作目です。
    主人公が壊れていく過程をもっとじっくりと描写してほしかったところです。

  • オカルトパンク2作目。退廃的な未来都市を伝説の吸血鬼が駆け巡る。

  • 「血みどろ」と「温もり」の同居。

  • 「ブラックロッド」の続編、というか過去編。ブラックロッドよりも人間ドラマに重点が置かれている。そうした話を書かせてもこの作者は上手いが、あくまでキャラクターに対し突き放した態度を取っているので、けっこうえげつない話ながら、あまり鬱な話は苦手という人でも読めると思う。たぶん。

  • ネットで評判を見る限り「ブラックロッドより良い」という評価が支配的なようだ。俺は逆の評価だが。ブラックロッドより時代を前に設定し、吸血鬼・ロングファングに焦点を当て、その謎を解き明かしていく。
    登場人物の壊れっぷりはこちらの方が上。…だが、どうにも挿絵にオリジナリティというか、ブラックロッドのときのようなインパクトが無く、この点で損をしているように感じる。三部作の中では凡作。

  • 狂気。
    美しいまでの狂気。
    それを文章化したものがここにある。
    文学作品ではないので、苦手な人は苦手でもあろう。

  • ケイオスヘキサ唯一のそれなりハッピーエンド.でも所詮それなり.

全10件中 1 - 10件を表示

古橋秀之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ブラッドジャケット (電撃文庫 (0176))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ブラッドジャケット (電撃文庫 (0176))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする