どうする?親の家の空き家問題―誰も住まない親の家の有効活用・価値を引き出す実践基礎知識 (ゆうゆうBOOKS)

  • 20人登録
  • 3.40評価
    • (2)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 大久保恭子
  • 主婦の友社 (2015年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784074003501

どうする?親の家の空き家問題―誰も住まない親の家の有効活用・価値を引き出す実践基礎知識 (ゆうゆうBOOKS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新たな知見は得られなかった

  • 住宅余りが深刻化する現代日本。
    親の家じまいを実現させた著者ならではのノウハウ、他の体験談も交えて、豊富な実例と解決策を示す。

    「親の」空き家ではなく、いずれ「自己の」空き家問題になるというあとがきの問題意識にはっとさせられた。
    本質的には相続(争族)問題なのだが、不動産という扱いにくい資産だけに、生前の親やきょうだいとの話し合いが大切であることを実感。

    成年後見人制度のデメリットや家族信託など解決策が呈示され、ひじょうに参考になる一冊。

全2件中 1 - 2件を表示

大久保恭子の作品

どうする?親の家の空き家問題―誰も住まない親の家の有効活用・価値を引き出す実践基礎知識 (ゆうゆうBOOKS)はこんな本です

どうする?親の家の空き家問題―誰も住まない親の家の有効活用・価値を引き出す実践基礎知識 (ゆうゆうBOOKS)を本棚に登録しているひと

どうする?親の家の空き家問題―誰も住まない親の家の有効活用・価値を引き出す実践基礎知識 (ゆうゆうBOOKS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

どうする?親の家の空き家問題―誰も住まない親の家の有効活用・価値を引き出す実践基礎知識 (ゆうゆうBOOKS)のKindle版

ツイートする