大人の発達障害 アスペルガー症候群・ADHD シーン別解決ブック (主婦の友新実用BOOKS)

  • 56人登録
  • 3.77評価
    • (3)
    • (4)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 司馬理英子
  • 主婦の友社 (2015年2月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784074107032

大人の発達障害 アスペルガー症候群・ADHD シーン別解決ブック (主婦の友新実用BOOKS)の感想・レビュー・書評

  • 就労支援制度の施設は、就労の訓練だけをする場所ではありません。利用者がクローズで働くかオープンで働くか作業所や授産所に行くべきかデイケアを進めるべきか判断する役割も担っています。
    なので、障害者枠のある企業で働こう!と思って相談に行ったら作業所を勧められて困惑したと人もいます。(この話からも分かるように、就労支援施設のスタッフや障害福祉課の職員は就労支援施設の本当の役割をあまり説明してくれません)

    また就労支援を受けられるのは大体2年間とありますが、厳密にいうと「就労支援を受ける権利がもらえるのが2年間」です。
    例えば3ヶ月通所して3ヶ月体調を崩し休んだとします。その場合元気になり再び通所出来るようになった時、残された時間は1年9ヶ月ではなく1年半です。

    就労支援施設でパソコンの訓練をしているとありますが、多くは自習です。
    しかもパソコンに関する本が2.3冊しかなかったりするので自分でテキストを探さなければいけません。

    毎日通えるようにしましょうみたいなことが書いてあり、スタッフさんにもそう勧められることが多いらしいですが、最終的に週に5日か6日通えるようにならないといけないなんて決まりはありません。パートタイムを探しているなら週3〜4日しか通えなくても就活できます。
    そもそも多くの通所型就労支援施設は10時ごろ〜4時ごろという時間帯なので、面接で「私は毎週6日通ってます!皆勤です!」とアピールしても「2.3日しか通えないよりは…」くらいにしか思ってもらえないでしょう。

  • アスペルガーとADHDの特徴と対処法が分かりやすく書かれている。「障害」という言葉には引っかかるが、誰にでも長所短所はある。周りの人の不可解な言動を発達の問題としてとらえると、悪意がなく性質によるものだと理解でき、寛容かつ適切に対処できるようになりそう。また、自分の短所を直すのにも役立ちそう。

  • 子どもたちの様子を見ていたら、「ひょっとしたら自分もそうだったのかもしれない」と思いはじめ、大人を対象とした発達障害の本を読むようになりました。
    アスペルガーもADHDもどっちも半々ぐらいに当てはまる。
    ただありがたいのは、これまでによくあった大人の発達障害本は問題提起のとどまっていたものしか出会えてなかったのですが、今回の本は解決法が書かれている。
    ぜひぜひ参考にしたい。

  • 司馬理英子/著
    人付き合いが苦手・場の雰囲気を読めない「アスペルガー症候群」と、片付けられない・集中力がない「ADHD」の大人の、シーン別トラブル解決集。子育て、夫婦関係をハッピーにする方法も掲載。

全5件中 1 - 5件を表示

司馬理英子の作品一覧

司馬理英子の作品ランキング・新刊情報

大人の発達障害 アスペルガー症候群・ADHD シーン別解決ブック (主婦の友新実用BOOKS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

大人の発達障害 アスペルガー症候群・ADHD シーン別解決ブック (主婦の友新実用BOOKS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大人の発達障害 アスペルガー症候群・ADHD シーン別解決ブック (主婦の友新実用BOOKS)を本棚に「積読」で登録しているひと

大人の発達障害 アスペルガー症候群・ADHD シーン別解決ブック (主婦の友新実用BOOKS)はこんな本です

ツイートする