異世界食堂 1 (ヒーロー文庫)

  • 568人登録
  • 3.88評価
    • (33)
    • (43)
    • (29)
    • (7)
    • (1)
  • 40レビュー
著者 : 犬塚惇平
制作 : エナミ カツミ 
  • 主婦の友社 (2015年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784074113293

異世界食堂 1 (ヒーロー文庫)の感想・レビュー・書評

  • とてもいい作品だった。
    一編一編がとても短いし、わりと料理界の俺TUEE系というか、店主の料理がべた褒めされるだけの単調な展開なんだけども。
    紹介される料理がどれも美味しそうなのと、異世界の住人たちが可愛くてすいすい読み進めてしまう。あと店主の存在が薄いのがTUEE感を弱めてるのかもしれない。
    お菓子好きの司祭さんの話が特に可愛くてすき。

  • 料理の描写はおいしそうだけど、同じような内容の短編がだらだらと続くだけな感じです。食文化の貧しい人達においしいものを食べさせるだけの内容。続きはもういいかなぁ。。

  • 面白くなくはない。
    現実の料理を「おいしいよね」って再確認してるはなしがだらだら続く。

  • 美味しそうなご飯を、美味しそうに食べる異世界の皆さんを鑑賞するのが楽しい。異世界の皆さんを通せば、普通のご飯がご馳走になる。

  • なろう既読
    夜中に読むとはらへで危険話のひとつw^q^

  • 今年読んだなかでもトップクラスのしあわせ感。
    もう、登場人物がみんなしあわせっていいよね。(^^
    基本的にはファンタジー世界の人が現代日本の食事をしたら、どんな感じになるかという話なんだけれど、そりゃ、手のかかり方が違うし、何を食べてもおいしく感じるでしょうよ。
    それを、各エピソード、変に悲劇的な要素も入れず正直に書いているのが本当に好印象。
    夜中に読むとお腹がすくのが難点ではありますが。(^^;

  • 「異世界」もののジャンルは今では随分色々な作品が氾濫していて、読んでみたいなとは思ってもなかなか手を出す機会がなかった。図書館でこのタイトルを見つけたので、読んでみようと思ったのが動機。以前、「異世界居酒屋のぶ」を読んだが、それと同じような感想を持った。ともかく空腹時には読まない方がいいタイトルかな。読むと何か食べたくなってしまうので。感想はこんなところです。

  • 短編集。物語のパターンが同じなので、半分ほど読んだ時点でマンネリ感…。
    でも、最後に載っていた魔族の少女の話と書き下ろしの「豚の角煮」が面白かったので、次巻も読んでみようかなと思います。

  • 某異世界居酒屋とどっちが先かどうか分からないし、ほかにも多分に多くの亜流があるのだろうと思われるが、こちらは相手の異世界が正しく魔物もモンスターもいるRPGファンタジー世界の異世界である点が異なっており、どこをどう考えても食習慣以上の違いがあるモンスターがたとえ異世界の料理であっても人間の料理をうまいと思うはずがないが、そのあたりはご愛嬌だろう。

  • 飯テロラノベ.
    何故か七日に一度,土曜日に
    街の洋食店の地下室の扉が居世界と繋がる.
    で,異世界人が謎の扉をくぐって店にやってきて
    料理を食って満足して帰る.
    店主側の話じゃなくて主に客目線の話ですね.
    うまそうに食いやがって.
    順番に夕食で作って食べてったら一ヶ月の献立出来るんじゃね?
    揚げ物勢がちょっと強い気もするけど.

    読んでたら腹が減る.
    だがそれが良い.

  • 最近ラノベを含めて小説は殆ど読まなくなったけれど何気なく本屋で第1話だけ立ち読みして、即買い。
    これは…ダンジョン飯よりお腹がすくファンタジー本だw

  • 土曜にだけ異世界に扉が通じる、洋食のねこやの話。
    よくあるグルメもの。

  • こんなに美味しそうな小説は初めて読みました。
    匂いとか味とかが紙面から伝わってくるようです。
    しばらくおいしい洋食が食べたくて仕方ありませんでした。
    ごちそうさまでした。

  • 飯テロ。読んでるとお腹がへります(´∀`)
    普段食べてる料理を、他の種族目線で考えるという発想が素敵。トウモロコシを「なにかの木の実」と表現するところも面白い。ついつい出てきた料理が食べたくなっちゃいますね。
    でも、味の感想が似てて一日で読もうとすると少し飽きます。本文中に「複雑な味」が何回も出てきたけど、複雑な味ってなんだろ?それで済ましてる感が否めないです。

  • 異世界ものの中でもとびっきりの異色の作品。
    小話をつなぎながら、独自の物語の世界を作っていく作品。
    「深夜食堂」あたりを想像するといいかな。

  • どうってことない日本の洋食も、異世界から見るとこんなに美味しいものを造っていたんですね。お馴染みのものを感動と共に食することのできるそちらの世界の方々が、ある意味羨ましいです‥‥ホント

  • 立派な飯テロ小説。一週間に一度、ファンタジー世界と繋がる洋食屋のねこやに訪れたファンタジー系異世界の人々の飯テロ小説。作りとしてはオーソドックスで、語り手が章ごとに変わり、様々な料理を味わい驚き貪る。料理の解説は割とオーソドックス。異世界よりも現代料理の方がレベルアップが高いとしている点がややマイナスか。飯テロ小説としての役目は十分果たしている。

  • オフィス街に程近い商店街の一角で
    創業五十年、オフィス街のサラリーマンの
    胃袋を満たし続けてきたごく普通の食堂「ねこや」。
    その「ねこや」には一つの秘密がある。
    毎週土曜日の店休日、「ねこや」は
    “特別な客"で溢れ返るのだ。

    最近、こういう異世界に行って現実の商売などを
    やってみた、異世界に転生したら○○だった系
    本当に多いな~ログ・ホライズンの影響なのかな~
    と思いつつもやはり料理の出てくる
    小説に目がないので読んでみたのですが
    思っていた以上に楽しめました。

    まず、一話一話が大変短いわりに世界観が
    きちんとしているので読み進めるほどに
    その世界が見えてくるし、
    他の話に出てきた登場人物が
    少し関わってきたりすることで深みが出ます。

    異世界の住人がこちらのごく普通の料理を食べるの
    ですが、材料などが異世界にはないので
    「これはオラニエか…?」とか想像しながら
    食べているのを、元の料理を思い浮かべて
    たまねぎはオラニエっていう野菜と似てるんだな~
    とか想像する楽しさもあります。

    ファンタジーにはお馴染みの多種多様な種族も楽しく
    料理の描写も大変おいしそうで寝る前に一話ずつ
    読むのを楽しみにしていたのですが
    飯テロ以外の何物でもないというか…
    残念なのは時々語り手というか視点が急に変わって
    とまどうことがあったことくらいでしょうか。

    5分アニメとかにしてくれたら楽しそうだな~
    とも思いましたがそこはこの想像で楽しむ
    おいしさ、楽しさが表現できないので
    小説ならではの魅力かと思います。
    次巻も是非読んでみたいです。

  • いま流行のグルメをプラスした小説の中ではピカイチです。
    短編集で読みやすく、それぞれの話の登場人物も設定も個性的で、料理の描写もとっても美味しそう!

  • 『異世界○○』というパターンが流行っているのか、この本も他の異世界物小説(居酒屋)を探している時に見つけました。
    現代日本ではありふれたメニューでも、〈あちらの世界〉の人にとっては見慣れない異世界の食べ物。ひとつひとつ大げさに感動したとしても、違和感はありません。
    その新鮮な感動を空腹時に読むと胃袋が刺激されます。

    少々気になったのは、どの世界のどの種族の視点なのか?と描写に時々ぶれがあったところです。
    常識の違う2つの世界、また扉の外の世界には複数の文明があり、様々な種族が住んでいるため読んでいて引っかかってしまいました。

    1巻の最後ではレギュラーメンバーになりそうなキャラクターが登場しているので、2巻以降も楽しみに待ちたいと思います。

  • 読んで字の如く、七日に一度土曜は異世界に扉が現れる異世界食堂の話。メニューそれぞれに異世界人の贔屓がいて小話が傑作でした。短編集で何処から読んでも大丈夫なので、気軽に読みたい人にお勧めです。
    特別編「豚の角煮」

  • 短編なのでちまちまと読める。 空腹時に一気に読むととてもつらい(褒め言葉)

  • 友人が気に入っていたようだったので買ってみた本。大変おもしろく読んだ。
    ニッチなところを巧く突いてきたなぁという印象。

    もともと、料理漫画というのはよくあるが、料理小説というのはあまり多くない。というのも、視覚的情報をうまく伝えられないからだと思う。
    絵で伝わる情報量というのはすさまじい。
    例えば素材の良さ、調理法の目新しさ・または伝統のすばらしさなどは、究極VS至高のアレみたいな漫画だったり、意外な組み合わせで日常にも使える手軽さを教えるレシピ風なら、お料理パパ的なアレだったりする。
    けれどアレらも、絵が無ければちょっと伝わりにくい。

    文章表現のみで「美味しそう」と思わせるなら、誰もが想像できるもの、一度は食べたことがあるものじゃないと難しいのだ。
    では定番料理に……となると、それをきちんと大げさに表現してくれる設定なりキャラクターなりが必要になる。味皇的な人が。
    ただ、普通に考えて、コロッケやメンチカツ、エビフライは、どんなに良い材料を使っても、どんなに腕の良い調理人が仕上げても、味皇みたいなリアクションをする人は現代日本にはいない。
    この小説の巧いところはそこだ。

    定番料理を丁寧に解説することで読者の「美味しそう感」を煽る。→今までにもある。特に漫画には多い。

     +

    いわゆるファンタジー的な「異世界」と定期的に繋がる扉で異種族と交流を持つ。→よくある。ライトノベルや漫画などに多い。

     +

    「異世界」の住人に「現代日本の定番料理」を食べさせる。(!)

    最後にコレを持ってくることで、「食べたことのない美味さ」を自然に引き出すのが巧い。

    現在もネットに連載中ということで、連載中のものや、改稿前の掲載作品も読んでみたが、編集さんがしっかり良い仕事をしていると思う。もちろん、作家の筆力あってのものだけれど、編集さんに導かれたのかなと感じる部分が幾つか見受けられた(邪推だったら申し訳ない)。
    結果として、ネットで読んでいたとしても、本を買って損はない1冊になっている。

    ヒーロー文庫ってあまり聞いたことないのに…と思ったら、ちょっと意外な主婦の友社だった。
    さすが料理に関する本はしっかりしている……というべきだろうか。

    とりあえず、続刊に期待。

  • 料理の描写そのものにはあまり食指が動かなかったけれども、それを食べにくるファンタジー世界の人々の描写になんか引き込まれた。
    短編集ということもあって読みやすいし、多分告ぎも買うかと。

全40件中 1 - 25件を表示

異世界食堂 1 (ヒーロー文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

異世界食堂 1 (ヒーロー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする