発明図鑑 世界をかえた100のひらめき !

  • 14人登録
  • 1レビュー
  • 主婦の友社 (2015年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784074128204

発明図鑑 世界をかえた100のひらめき !の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵

    「DKの本を見る会」に行かれた方からのお勧め本をご紹介します。
    本日はT.G.様からのご紹介です。

    ∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵

    DK社の図鑑を読む会にいってきました。
    DK社の編集長のお話を聞く会でもお世話になった榎本社長に迎えられ、株式会社フォルトゥーナさんでDK社の図鑑をひたすら読むという素敵な企画の会です。
    まずは大きな書架にたくさんの図鑑がならんでいるのを見てもうドキドキが止まりません。
    子どものころには図鑑を見て血圧が上がるなんて想像もしなかった未来です。
    さてさて?とさがしていると、『発明図鑑世界をかえた100のひらめき』という題名に心惹かれました。
    表紙にはその昔愛用していたiMacが!
    ホント、コンピュータは世界を変えたよねぇ、と思いつつ目次のページをながめ、ん?これも世界を変えた発明なの?と思ったのが、すき。
    生活している中で耳にすることはおろか、みたこともないかも、というこの道具。なぜなぜとページをめくってみると、すきは農業のシンボル。
    一番大切な道具だと書かれています。種をまく前に土を耕す。どれだけ多くの地面を耕すことができるかが、農作物を作るカギなんだそうです。
    毎日農作物を食べさせてもらってるというのに、農作業に思いをはせることはあまりないというのが正直なところでした。
    そうか、たくさん耕せるようになったのは、“すき”という大発明のおかげだったんですね。
    機械化された現代でもやっぱり耕すことがとっても大事なことなんだ。納得。
    100項目ありますが、見開き1ページか1ページで、簡潔な文章印象的なビジュアルでちいさな人でもすぐ理解できる内容です。
    さすがDK社。
    長いお話が苦手な子でも開いて説明したらおおっ!といってくれそうなので小学校図書館に。


    2017/12/11 更新


    ※こちらの本は、2017/06/08 にも紹介させて頂きました。その時の紹介文は下記の通りです。

    またまた発明の本です。
    いまの私たちの世界は本当にこの人たちに支えられてるんだな、と改めて思います。
    学校、図書館は買いね。

    2017/06/08 更新

全1件中 1 - 1件を表示

トレーシー・ターナーの作品

発明図鑑 世界をかえた100のひらめき !はこんな本です

発明図鑑 世界をかえた100のひらめき !を本棚に「読みたい」で登録しているひと

発明図鑑 世界をかえた100のひらめき !を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

発明図鑑 世界をかえた100のひらめき !を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする