世界の歴史 4 カール大帝とジャンヌ・ダルク (集英社版・学習漫画)

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 三上修平
制作 : 古城 武司 
  • 集英社 (1986年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784082491147

世界の歴史 4 カール大帝とジャンヌ・ダルク (集英社版・学習漫画)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【状態】
    貸出中(予約0)

  • ■カール大帝(シャルルマーニュ)
    「ヨーロッパ世界」の生みの親。
    ランゴバルト王国を滅ぼし、アヴァール人の侵入を撃退するなど、混乱した西ヨーロッパの統一に成功。
    ローマ教皇より戴冠されて皇帝となる。
    以降、ゲルマン・ローマ・キリスト教文化の結びつきが強まり、西欧文化の発展の基礎となった
    「ヨーロッパの父」として評価されている。

    EU統合は「カールの帝国の再現」と言われ、ドイツ史とフランス史の中で共に偉大な国王と評価される稀有の英雄である。


    ■ジャンヌ・ダルク
    オルレアンを解放した少女。
    英仏の百年戦争の後半に、神のお告げを受けたとして、敗北寸前だったオレルアンにてフランス軍を鼓舞し、敗勢を挽回した。
    以降、フランス軍は優位となり最終的にはイギリス軍を撃退した。彼女自身はイギリス軍に捕われ、異端として火刑に処された。

全1件中 1 - 1件を表示

三上修平の作品

世界の歴史 4 カール大帝とジャンヌ・ダルク (集英社版・学習漫画)はこんな本です

世界の歴史 4 カール大帝とジャンヌ・ダルク (集英社版・学習漫画)を本棚に登録しているひと

世界の歴史 4 カール大帝とジャンヌ・ダルク (集英社版・学習漫画)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界の歴史 4 カール大帝とジャンヌ・ダルク (集英社版・学習漫画)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする