ギリシア神話 (子どものための世界文学の森 28)

  • 35人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (1)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 深沢 真由美  Thomas Bulfinch  箕浦 万理子 
  • 集英社 (1995年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (141ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784082740283

ギリシア神話 (子どものための世界文学の森 28)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 長男(6才)への読み聞かせに。
    神様の気まぐれ(ゼウス、ヘラ、アポロンなど)に、人間が振り回される内容が、息子にはお気に召さなかった様子。
    そういわれてみれば、ちょっと自分のプライドを傷つけられたくらいで、好き放題に人間を動物や虫に変えてしまうわがまま放題な神様のありようには、共感しかねるかもしれない。エンディングも、そういう動植物に変えられたとか、殺されたとか、星になったとか、そんなものばかりではうんざりもするのだろうか。子どもに世界の神話を読み聞かせようという計画が早くも破綻するかと思われた。

  • 児童文学シリーズ40編のうちのひとつ。

    有名な小説、映画や漫画がギリシャ神話から影響を受けていると知り、読んでみた。天地を創造した神々の話はとても神秘的で、その神秘さは読む人に創造の余地を十分に残してくれていると感じた。児童文学っていいかも。もっと読もう。星4つ。

  • ナルシッサ(ナルシッソ?あれ?)が水仙にかえられてしまうお話がすごく印象的でした。

  • 私の本の入門書と言っても過言ではない。
    神様でも間違いを犯してさらに神様が神様に罰を与えるというギリシア神話が好き。
    古代の人間が星を見ただけで星座を作ってしかも話まで作るとはなんてロマンチックなんだろう。

全4件中 1 - 4件を表示

トマス・ブルフィンチの作品

ギリシア神話 (子どものための世界文学の森 28)はこんな本です

ギリシア神話 (子どものための世界文学の森 28)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ギリシア神話 (子どものための世界文学の森 28)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ギリシア神話 (子どものための世界文学の森 28)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする