ローティアスの天秤―レヴィローズの指輪 (コバルト文庫)

  • 118人登録
  • 3.55評価
    • (10)
    • (10)
    • (35)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 高遠砂夜
制作 : 起家 一子 
  • 集英社 (2004年8月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086004701

ローティアスの天秤―レヴィローズの指輪 (コバルト文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この辺から怒涛の展開です…!

  • 読了:20090129

  • 光と闇、ふたつの宝玉の関係が明らかに…!?
    光の宝玉リルファーレを奪われてしまったジャスティーン。
    叔母様に謹慎処分を言い渡された彼女の前に、従兄リュオンの使いの少女が現れる。
    リルファーレを救うため協力してくれるというのだが…。

  • 「百回やって失敗したなら、二百回に挑戦すればよいのです! それくらいの体力はこのわたくしには充分ありましてよ!」<br>◆<br>2004.10.18.読了。未所有。救われるだろうかなんて訊かないで。答えを知るには残酷すぎる。

全6件中 1 - 6件を表示

高遠砂夜の作品

ローティアスの天秤―レヴィローズの指輪 (コバルト文庫)はこんな本です

ローティアスの天秤―レヴィローズの指輪 (コバルト文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ローティアスの天秤―レヴィローズの指輪 (コバルト文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ローティアスの天秤―レヴィローズの指輪 (コバルト文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ローティアスの天秤―レヴィローズの指輪 (コバルト文庫)の作品紹介

光の宝玉リルファーレ-リディオスを地の一族の魔術師ロズヴァルドに奪われたまま、仕方なく城に戻ったジャスティーン。叔母のヴィラーネから謹慎を言い渡され、部屋から出してもらえない。早くリディオスを助け出したいのに…。苛立つジャスティーンに、従兄弟である地の宝玉の番人、リュオンから手紙が届いた。ロズヴァルドとは敵対関係にあるリュオンが、何か情報を得たらしい。

ツイートする