炎の蜃気楼メモリアル (コバルト文庫)

  • 211人登録
  • 3.69評価
    • (28)
    • (13)
    • (52)
    • (3)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 桑原水菜
制作 : 浜田 翔子 
  • 集英社 (2005年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086005821

炎の蜃気楼メモリアル (コバルト文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 必死に集めた桑原先生の同人誌があっさりまとめられてて少し悔しかった;R18パラレルご堪能あれ☆

  • にゃんこ、エプロン、肉じゃが、温泉、発情犬。直江が挑むコバルトの限界。

    今後「氷結」を飲むたびに「氷結の夜」を思い出してしまうんだろうと思います…氷結…。高耶さんが言い放つ言葉にふるえる。あぁなんてかっこいいの高耶さん…

    ほんとのほんとのラスト「聖痕」。生死の摂理を超えて2人が永遠に離れないためにはああいう形しかなかったんだな、と本編の終わり方をやっと咀嚼できたような気がする。悲しいけど。未だ悲しいままだけど。

  • 桑原先生の同人誌発表作品やミラージュ年表など、ファンにはうれしい短編集です。
    だって作者様の二次創作が読めるなんてねえ…!
    40巻読了直後には涙が出るほど嬉しいサービスです。

    「捨てられた猫のように」
    「CALL 捨てられた猫のように」
    不良少年と捨て猫って鉄板モノなんでしょうか。原作1~4巻あたりの保護者然な直江さんと傷ついた元不良少年な高耶さんがみれます。ほんともう、こういうのがもっと読みたかった!!
    あと高耶さんと美耶ちゃんのほのぼの会話も可愛すぎです。美耶ちゃんを叱る高耶さんの「~しなさい」っていう口調がお兄さんっていうかお母さんのようで。こんなお兄さんだったら大好きになるよね。煮物も作れる男子高校生。

    「Decadent Eve」
    都内のマンションで仕事する直江さんと押しかけ主婦的な高耶さんです。凄いな、二次創作ばんざい!!
    この手を出しといて、最後まで致さない感じ最高です!このやきもきが好きだったんだよな~と振り返ったり。

    「氷結の夜」
    氷結ってそういう意味なのか…!
    なんだか色々なところが凍りつきそうでしたけど、時間軸的にあり得ない話。
    やっぱり高耶さんにとって直江さん=お父さんなんですね。

    「Northern Cross」
    ある意味、最終巻につながる話。様々な葛藤があって、最期の2人につながるのだなあ、と感慨深く読みました。
    死者になった高耶さんを取り戻しにいくと告げた直江さん。その直江さんが最期に選んだあの結末がミラージュの真骨頂なのかもしれません。
    いまだ最終巻の内容を飲み込みきれていないので、なんだかとても切ないです。

  • 集英社、勇気あるなぁ。って言うのが一番先に思ったこと。
    内容は…ファン向きですかね。これからシリーズに入るのはオススメしません。
    中身がちょい過激だった気がしますけど、こんなノリだった気もするしな。

    お遊びコーナーが私的には面白かったです☆☆☆

  • もはや病気の域の猫スキーなので、にゃんこの扱いにハラハラドキドキ。
    人間用の牛乳あげちゃだめええ。
    「わんこ」なら心安らかに読めたのに…あ、N氏とかぶっちゃうから犬はだめなのか。

    本編最後であんなにあがったN氏株、大暴落。
    もうあんたはちょっと黙ってじっとしとけ、なんでもかんでもそっち方面につなげるな、と言っても詮方なきことを思う夏の夜。

  • 集英社の勇気に乾杯!
    や、だって水菜先生の同人誌を‥‥

  • 内容もも表紙も最高です!!笑

  • どうしてだかわからないけれど、
    多分、この感情は、
    もっとも宗教に近い。

     -

    苦痛も空虚も、私には怖くない。
    私が存在する限り、
    あなたの魂を孤独にはさせない。

  • ミラージュの読者にはすごくお勧めです!
    これのおかげで作者様の同人誌集める手間が省けた……笑

  • 短編集です。今の私には過激すぎて辛かったです…何でここまで到達してしまったのかこの主従。

全15件中 1 - 10件を表示

桑原水菜の作品

炎の蜃気楼メモリアル (コバルト文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

炎の蜃気楼メモリアル (コバルト文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

炎の蜃気楼メモリアル (コバルト文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

炎の蜃気楼メモリアル (コバルト文庫)の作品紹介

本編、感動の完結から一年。ファン待望の「炎の蜃気楼」スペシャルブック!拾った仔猫に重ねて高耶の切ない想いを描く「捨てられた猫のように」、高耶と直江の熱い魂の相克を描く「聖痕」など、超番外編六作品を収録。ほかに「炎の蜃気楼年表」、ミラージュ紀行、キャラクター編、ドラマシアター(シナリオ編)、ポエムなど、ミラージュの世界がいっぱいにつまったメモリアル。

ツイートする