ブラック・ベルベット―緋の眼 (コバルト文庫)

  • 64人登録
  • 3.27評価
    • (1)
    • (5)
    • (20)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 須賀しのぶ
制作 : 梶原 にき 
  • 集英社 (2006年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086008518

ブラック・ベルベット―緋の眼 (コバルト文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ5巻目

  • えっパラレル?
    若い頃の話じゃないのかよ!というかんじ。どうなるのだろうか…

  • この刊にて打切りになったそうです‥‥。
    続き待ってたんですがね‥‥‥。

  • 「ブラック・ベルベット」シリーズ外伝。
     ディートン教を布教するため、ゼクタスに来たヴォルカーレとサンティス。ヴォルカーレの美しい容姿と巧みな演説で、信者は増加していた。
     しかし、ディートン教をよく思わないゼクタスの市長オズボーンは、漆黒の女マリアにヴォルカーレを捕らえるよう命じる。
     ヴォルカーレとサンティスの若かりし頃の話。そして、ある人が意外な登場。
     普段わき役の人の昔話も面白いです。実際に生きている人のように人生が作られているから、今までとは違った見方ができるし、読み返してみたくなります。

  • 2007/5/10

  • -

    2008/9/19 20:21

全6件中 1 - 6件を表示

須賀しのぶの作品

ブラック・ベルベット―緋の眼 (コバルト文庫)はこんな本です

ブラック・ベルベット―緋の眼 (コバルト文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ブラック・ベルベット―緋の眼 (コバルト文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ブラック・ベルベット―緋の眼 (コバルト文庫)の作品紹介

圧倒的に世界を支配するディートン教が、いまだ異端として激しい迫害を受けていた時代、若き主教であるヴァルカーレはそのたぐいなき美貌を活かして各地で信者を増やしていた。新たな使命を携え、落ちこぼれ修道士を自認するサンティスとともに巨大都市ゼクタスに侵入したヴァルカーレは、最高権力者オズボーン市長が放つ恐るべき刺客と出会うことに…。疾風怒涛のアクション・ファンタジー。

ブラック・ベルベット―緋の眼 (コバルト文庫)のKindle版

ツイートする