恋の話をキミと作ろう (コバルト文庫)

  • 44人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (10)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 鹿住槇
制作 : サマミヤ アカザ 
  • 集英社 (2008年6月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086011754

恋の話をキミと作ろう (コバルト文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • キュンキュンせつなさたっぷり!

    キュン度★★★★★

    ノーピンク

  • 女の子にモテまくりの瑛二のことを、中学生のころから好きだった森。高校生になった今でも、親友としてつきあえるならそれでよかった。瑛二の恋の話を聞くたびに苦しくなる気持ちは、携帯小説にして吐き出してしまえばいいのだ。ところが、瑛二の新しい恋人は森と同じ男だという。女じゃなくてもいいのなら、なぜ自分では駄目なんだ?動揺する森に突然、出版社からメールが届いて……。

    表紙の絵に惹かれて。

全3件中 1 - 3件を表示

鹿住槇の作品

恋の話をキミと作ろう (コバルト文庫)はこんな本です

恋の話をキミと作ろう (コバルト文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

恋の話をキミと作ろう (コバルト文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

恋の話をキミと作ろう (コバルト文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

恋の話をキミと作ろう (コバルト文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

恋の話をキミと作ろう (コバルト文庫)の作品紹介

女の子にモテまくりの瑛二のことを、中学生のころから好きだった森。高校生になった今でも、親友としてつきあえるならそれでよかった。瑛二の恋の話を聞くたびに苦しくなる気持ちは、携帯小説にして吐き出してしまえばいいのだ。ところが、瑛二の新しい恋人は森と同じ男だという。女じゃなくてもいいのなら、なぜ自分では駄目なんだ?動揺する森に突然、出版社からメールが届いて…。

ツイートする