贅沢な身の上 ときめきは海を越えて! (コバルト文庫)

  • 114人登録
  • 3.53評価
    • (9)
    • (16)
    • (23)
    • (4)
    • (1)
  • 18レビュー
著者 : 我鳥彩子
  • 集英社 (2011年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086015578

贅沢な身の上 ときめきは海を越えて! (コバルト文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 我鳥さん、凄く小説上手いなぁと。テンポが良くてすいすいと読んでしまいました。
    典琅のヘタレっぷりも、今回は真奏と花蓮の変体っぷりには勝てず、久しぶりに声を出して笑いました。
    この作品やばいなと。最終巻まで読もうと決意です!

  • 1巻を読んでから間が開いてしまったけれど、日常多忙すぎて心身ともに疲れた身にとっては、これくらい100%コメディな世界は疲れなくてありがたいです。花蓮ちゃん、この調子でどんどん陛下を尻に敷いて突き進んでってくださいな。

  • なんだろう。あんまりドキドキしない。
    斜め読みしてしまう感じ。

    決してつまらないわけではないのに…。

    個人的に相手のキャラがいまいち
    好みでないなかも。
    もう少し本当は出来るやつ感が、
    あれば違ってくるのか?

    次の巻も買ってるので、様子見。

  • シリーズ2巻

  • もっと後世っぽい文化の流入等のアレンジはあるけれど、だいたいベースとしては唐代がモデルなのだろうと思うけど思っても「そういう作品」じゃないので深く考えてはいけない。のだけれど、架空のファンタジー世界よりももう少し現実に近づけた方が面白かったのではないかしらと少しだけ思いつつ。

    あと、すごく評価が分かれるところだと思うんだけど、やっぱり私もヒロインが好きになれず…人当たりはいいけどやってることは自己中で傲慢、なんだよなあ…たまにフォローのように他者視点で「でも華蓮は欠点を差し引いて余りあるこういう良いところがあるからやっぱり嫌いになれない!」という説明文が挟み込まれてくるんだけど、ならどうしてそれをストーリー内で理解できるように読者に提示しないのか。
    ちゃんと力のある作家さんもいることもわかっているので「まあラノベだから」という理由ではあまり片付けたくないんだけどなあ…

  • この中華風の世界でラノベのような読み物がはやりだしたところに笑ってしまった。
    やはり、お約束なところを読者の期待にたがわず応えてくれるところがおもしろいのか。

  • うーん…2巻目にして既に花蓮のときめき妄想ぶりに飽きて来た感が…^^;

    いくら『寸止我愛協会』に身を捧げているとはいえ、後宮の主である皇帝に対してあの態度は如何なものかとw
    もうちょっとデレが無いと陛下が可哀想(T_T)
    というか、読む側としても、ときめきを求めているので、コメディ要素よりもデレ(ラブ)要素を徐々に上げて行って貰わないと、展開的に食べ飽きしそう…(-"-;)

    まさか本当に20巻まで引っ張る気じゃない…よね?

  • 陛下の求愛も歯牙にかけず、相変わらず趣味に妄想に生きる花蓮の気持ちよいこと!!
    私の理想の生活がぎゅっと押し込められています。
    私も後宮で、趣味に生きたい。

  • 気持ちはわかる。
    私だってできるならこういう生活がしたい(笑)

  • 続けて再読。二巻が出たってことは二十巻まで書く覚悟ができたのか(笑) お気楽ゆるゆるのテンションの中、唯一宰相の理央が客観的に状況を語ることで一寸だけ地に足が着く構成が絶妙。話が長く続くなら、陛下にはライバルが欲しいかな~。真奏さんじゃ危機感薄いっしょ。

全18件中 1 - 10件を表示

我鳥彩子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

贅沢な身の上 ときめきは海を越えて! (コバルト文庫)を本棚に登録しているひと

贅沢な身の上 ときめきは海を越えて! (コバルト文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

贅沢な身の上 ときめきは海を越えて! (コバルト文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

贅沢な身の上 ときめきは海を越えて! (コバルト文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

贅沢な身の上 ときめきは海を越えて! (コバルト文庫)の作品紹介

三食昼寝付きの生活に惹かれて後宮入りした少女・花蓮。ところが、ひょんなことから皇帝・天綸に気に入られてしまった。迫ってくる天綸をかわしつつ趣味に邁進する花蓮だったが、天綸と街を散策中に厄介事に巻き込まれている留学生・真奏を助けることに。身に覚えのない後宮の絵図面を持っていたことで警吏に追われていたという。花蓮は持ち前の妄想力で真相を解明しようとするけれど。

贅沢な身の上 ときめきは海を越えて! (コバルト文庫)のKindle版

ツイートする