悪魔のような花婿 ダイヤモンドは淑女の親友 (コバルト文庫)

  • 107人登録
  • 3.85評価
    • (9)
    • (16)
    • (13)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 松田志乃ぶ
制作 : Ciel 
  • 集英社 (2011年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086015660

悪魔のような花婿 ダイヤモンドは淑女の親友 (コバルト文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「悪婿」シリーズの短編集。

    ダイヤモンドは淑女の親友
    キスと薔薇の日々
    悪魔のレシピ
    これはかぼちゃ王国の鍵

    以上の4編が収録されています。
    この短編集から挿絵担当がCielさんに替わりました。美形がたくさん出てきます。以前よりイラストがキラキラしてます。

    本編が王宮編に入る前の短編集なのでどれも甘々な展開です。シリアスな部分もありますがちょこっとです。初代悪魔伯爵とレディ・ポムグラニットとの最初の関係ぐらいでしょうか。「キスと薔薇の日々」などは砂吐くぞ!ってぐらい甘いです(笑)「これはかぼちゃ王国の鍵」はウイリアムファンにはたまらない話かと。ちびジュリエットも可愛いです。ジュリエットの家族たちの賑やかさとか温かさも良い感じです。和みます。

    怒涛の王宮編に入る前のひと休みの巻。楽しく読めました。

  • バルバロッサ格好良い‼
    心がふんわり温かくなる一冊。
    好きだ〜。

  • 短編集。
    ジュリエットがいつもはめている指輪を手に入れた時のエピソードを含む。
    やはり、このシリーズのおもしろさは、困難な状況に陥っても、かえってそれを楽しんでしまうくらいの能天気さにあると思う。
    二人のいちゃいちゃは最強。

  • 短編が4編入っています。
    表題作である『ダイヤモンドは淑女の親友』は2巻の前に起きた出来事のようなので、出来れば1巻を読んだ後にこの短編集を読んだ方がしっくりくるのではと思いました。

    バルバロッサの魔法(?)でウィリアムが過去の世界に飛び、幼いジュリエットと出会う『これはかぼちゃ王国の鍵』が楽しかったです!

    そして、この巻からイラストレーターさんが変わりました。
    絵の雰囲気を似せているのか違和感はあまり感じません。

  • スピンオフ短編集。
    1巻と2巻の間の空白を埋めるものとか・・知ってたら2巻の前に読んだようなものとか(いきなり回想シーンと一緒に登場したジュリエットの指輪の謎とか)

    相変わらず糖度高めですが、それはそれで割り切るとして、前シリーズのときも思ったけれど、中世英国をモデルにしてるみたいで、騎士の習慣とか領地制度とか英国民謡(マザーグース)とか、かなりきっちり世界観を作ってるんだなーと思い、もう少し作品に上手く反映されればいいのに・・・と思ってしまった。まあそれが確かに最優先事項ではないのだけど。(優先事項は糖度だから)

  • 短編集です。今回もイチャイチャしてます。

    <ダイヤモンドは淑女の親友>
    レディ・ドーラからもらった、レッドダイヤモンドの指輪にまつわるお話。
    指輪のせいとはいえ、ウイリアムを嫌いと言うジュリエットが新鮮です。

    ウイリアムのご先祖様もウイリアムを渋くした感じですが、息子と同じ年の妻に恋して、でも周りの噂を鵜呑みにして、ガストニアへの気持ちを抑えていたところは、切ない感じがしました。

    <キスと薔薇の日々>
    胸に付いた茨の傷が元で、聖カノンの守護を受けてしまって、ムラムラ伯爵が真面目な伯爵になっちゃったお話。
    ウイリアムが真面目になってしまって、物足りなさを感じたジュリエットが、がんばってウイリアムを誘惑しようとしてるのが面白かったです。

    <悪魔のレシピ>
    かなり短い短編なんで、可もなく不可もなくってところでしょうか。
    イチャイチャだけで終わったお話です。

    <これはかぼちゃ王国の鍵>
    この短編集の中では一番好きかも。
    実家のあるハーツランドの芸人から父親の話を聞いてホームシックにかかってしまったジュリエットをなぐさめようと、ウイリアムが奮闘してます。

    バルバロッサによって、過去のハーツランドに飛ばされたウイリアムですが、小さなジュリエットやその家族に混じって、なんか充実してます。
    帰るときに現れた、人間仕様のバルバロッサが、今後も本編で出てくるのか、ちょっと楽しみです。

全7件中 1 - 7件を表示

悪魔のような花婿 ダイヤモンドは淑女の親友 (コバルト文庫)のその他の作品

松田志乃ぶの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

悪魔のような花婿 ダイヤモンドは淑女の親友 (コバルト文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

悪魔のような花婿 ダイヤモンドは淑女の親友 (コバルト文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

悪魔のような花婿 ダイヤモンドは淑女の親友 (コバルト文庫)の作品紹介

"悪魔伯爵"ウイリアムと結婚し、あいかわらず甘く幸せな新婚生活を送るジュリエット。ある日、義母レディ・ドーラから宝石を贈られるけど…?(ダイヤモンドは淑女の親友)毎日、新妻を誘惑してばかりのウイリアムが、ある出来事をきっかけに、禁欲的な紳士に変わってしまった…!?(キスと薔薇の日々)他、ジュリエットの幼い頃のエピソードを描いた書き下ろしを含む全4編収録の豪華短編集。

ツイートする