恋のドレスと花ひらく淑女 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (コバルト文庫)

  • 157人登録
  • 4.00評価
    • (17)
    • (21)
    • (17)
    • (0)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 青木祐子
制作 : あき 
  • 集英社 (2011年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086015677

恋のドレスと花ひらく淑女 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (コバルト文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とうとうここまで来たか、と感慨深い。
    クリスの心がすごく強くなっていることを感じる反面、シャーロックのぐだぐだや、
    変なこだわり(毎晩ローストビーフですか?)に笑ってしまう。
    外伝でジャレットの話を書いてくれないかな~と思う。

  • 強引に結婚を迫ったように見えたシャーロックがクリスに万が一廃嫡されたなら自分が養うといわれてやっと現実が見えたという感じでしょうか。
    クリスは強くなりました。
    エピローグがよかったです。
    バーンズ夫人味方になってくれてとても頼もしいです。
    ここで終わるのもひとつの選択だったようですが、続きをきちんと書いて欲しいと思いました。

  •  ラストのアメリカへ渡って身を立てると言うのは、物語の結末として予想してはいましたが、もう一冊本編が残っているとの事、どうやらイギリスでのハッピーエンドが読めそうで嬉しい限り。 ただ、ジャレッドのことを忘れているようなのが気がかりだなぁ。確かにリンダの手を撃ったのは酷いけど、彼はすごくクリスを助けてきたのでこのままではあまりに不憫な気がしてなりませんよ。

  • エピソード2のクリスが再び働き始める部分の、バーンズ夫人の勝手に薔薇色をきりもりがかっこよかった。

  • リンダは一体何だったの…結局最後まで意志薄弱でフワフワしたままだったな。クリスは大成長したなぁ。この巻で終われるけど、やっぱり2人の結婚式が読みたいしシャーロックが何になって帰国するのかも楽しみ。イアンとパメラは番外編読めば決着つくのかしら?

  • 初めはあんなに頼りなさ気で、気付け薬まで必要だったクリスが、今作ではある意味、シャーリーよりもしっかりとして見える。
    何より、シャーリーを想う気持ちや、シャーリーの恋人でいる事にブレが生じなくなったのか良い!

    終幕を間近にしてシャーリーが英国を離れる、というアクシデントは発生したが、行き先がアメリカと判明した瞬間、直ぐにラリーの事が頭に過ぎったら、案の定、彼が登場してニンマリw

    二人が結婚する為の試練、と解っていても、離れ離れになってしまうことはやはり不安だったが、クリスもシャーリーも先行き的にあまり問題無さそうで結構安心かな^^

    この作品が終わってしまうことは淋しいけど、二人のハッピーエンドを早く見たい!

  • 一番厳しい局面に立たされた巻だと思います。
    小説でなければ、泣く泣く別れなきゃいけない状況。
    ここからどう大団円に持っていくのでしょう。

    私なら綺麗な別れを飾って、死ぬ気で働きます。
    母・リンダの問題が一応の決着を見た以上
    私はクリスもシャーリーも別々の方がいいと思います。

    でもね。
    そこはまあコバルトですから。

    幸福な結末を期待してしまいます。
    残りあと2冊。

    楽しみです^^

    ブログの記事はこちら。

    http://ameblo.jp/sweetviolt/entry-11222162222.html

  • 長かったヴィクトリアンローズテーラーのシリーズも、次巻で終わりのようですね。
    クリスの芯の強さがやっと表に現れるようになってきました。
    巻末のあきさんのマンガが毎回楽しみです。

  • いい最終回だった。と思ってたらあと1巻あるそうで。終わり方に期待! ローストビーフの件は面白かったwwwそしてまさかの朝チュン!シャーリーが我慢できなかったようです。

  • 一言でいうならば、
    シャーリー、クリスに養われそうになるの巻。

全15件中 1 - 10件を表示

青木祐子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

恋のドレスと花ひらく淑女 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (コバルト文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

恋のドレスと花ひらく淑女 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (コバルト文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

恋のドレスと花ひらく淑女 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (コバルト文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

恋のドレスと花ひらく淑女 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (コバルト文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

恋のドレスと花ひらく淑女 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (コバルト文庫)の作品紹介

ジャレッドが、母リンダの右手を拳銃で撃ち抜いた。ショックを受けたクリスは、リンダへの複雑な感情を持て余す反面、シャーロックに対する想いは増すばかりだった。一方、シャーロックは、身分の違いから、父アルフレイドはもとより、親族からもクリスとの結婚を認めてもらえない。結婚するためには、廃嫡の可能性もでてきたシャーロックが下した決断とは!?加速する二人の愛の行方は。

恋のドレスと花ひらく淑女 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (コバルト文庫)のKindle版

ツイートする