ブライディ家の押しかけ花婿 (コバルト文庫)

  • 45人登録
  • 3.55評価
    • (0)
    • (6)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 白川紺子
  • 集英社 (2017年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086080385

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ブライディ家の押しかけ花婿 (コバルト文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「クールな令嬢と彼女に跪いてくれる王子様」とてもよかった。どんなに冷たいことを言われてもめげずに押せ押せの王子様、ちょっと良い反応が返ってくるとそれだけで赤面しちゃうところがとても可愛い。魔法がどれもキラキラしてて可愛くて素敵だった、これぞ少女小説ファンタジー。

  • オレンジ文庫の下鴨アンティークの作者さんなので読んでみました。コバルトだからどうかなーと思いますが、ファンタジーとして面白い設定だなと思います。石で魔法という設定が同じコバルトの某前田先生の「聖石の使徒」とかぶるかなと思いましたが、設定の大元が全然違っていて面白かったです。
    もう少し世界の広がりが欲しいところですが、コバルトでは難しいかな。

  • "「あなたから贈り物をいただく理由がありません」
    「いつだって、贈り物をするほうに理由はあっても、もらうほうに理由なんかありませんよ。贈る側の自己満足なんですから」
    「思い切ったことをおっしゃるのね」
    ちょっと面白いーーと思って、マリーは小箱を受けとった。
    「気に入らなかったら返しますわ」
    「ご自由に」
    蓋を開けると、なかは白い天鵞絨張りになっている。そこに収まっていたのは、ひと粒の石だった。きれいに研磨された、ほんのりと紫がかった薄紅色の水晶だ。"[p.63]

    久々に買った本をその日に一気読みした。めちゃくちゃ可愛かった。
    マリーのほうから詰め寄られると狼狽えるデューイが大層良き。
    続編が出たらアリサのイラストも見れたら良いな。アリサとフィオンもめちゃ良かった。

全4件中 1 - 4件を表示

白川紺子の作品一覧

白川紺子の作品ランキング・新刊情報

ブライディ家の押しかけ花婿 (コバルト文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ブライディ家の押しかけ花婿 (コバルト文庫)の作品紹介

マリー・ブライディは伯爵令嬢ながら、社交界にも出ず、魔法石の研究に没頭している17歳。ある日、酔った父が結婚相手だと言って青年を連れてくる。デューイという彼は、なんとこの国の王子で…?

ブライディ家の押しかけ花婿 (コバルト文庫)はこんな本です

ブライディ家の押しかけ花婿 (コバルト文庫)のKindle版

ツイートする