アークザラッド (集英社スーパーファンタジー文庫)

  • 29人登録
  • 3.69評価
    • (4)
    • (4)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 山田桜丸
制作 : 国末 竜一 
  • 集英社 (1996年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086132442

アークザラッド (集英社スーパーファンタジー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  ゲームをやりたかったのだが、家にゲーム機がなかったので小説を買った。のちにゲームをプレイして、内容の差異に驚いたものだ。
     ククルの心中を中心として、ストーリーは描かれる。彼女が故郷を抜け出しトッシュと出会うまでの冒険は、最序盤にして最も魅力的なシーンの一つだ。
     駕籠を抜け出した小鳥は、今度は空という鎖につながれるという表現があったか。思春期には印象的な表現がいくつもあった。
     この小説がなければ、ポコというキャラクターにここまで愛着を持つことはなかっただろう。おみくじの入った焼き菓子が食べたくて仕方がなかったのは、チョンガラの描写があったからだろう。
     ラスト、魅力的なキャラクターに囲まれていたからこそ、一人歩き出すククルの静かな決意が伝わってくる。終わりの始まりを思わせる、決して明るくはない道行を照らすククルの仲間たち。その姿がまざまざと思い浮かぶ。
     10年近く前に読み、気に入って大学生頃まで手元に置いていたのだが、一度手放したいまもう手に入れることは難しいだろう。それでも色あせることなくその冒険はこの心に残っている。

全1件中 1 - 1件を表示

山田桜丸の作品

アークザラッド (集英社スーパーファンタジー文庫)はこんな本です

ツイートする