ヴィシュバ・ノールの風によせて―ゆめの雫 ねむりの波紋 (コバルト文庫)

  • 28人登録
  • 3.92評価
    • (5)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 水杜明珠
制作 : わかつき めぐみ 
  • 集英社 (1996年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086142564

ヴィシュバ・ノールの風によせて―ゆめの雫 ねむりの波紋 (コバルト文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 素敵な短編集。あとがきで断筆宣言をしていたことに気がつかず、長いこと続きを待ってしまいました。はぁ〜〜〜

  • シリーズ11作目か、番外編か?短編集。

全2件中 1 - 2件を表示

水杜明珠の作品

ヴィシュバ・ノールの風によせて―ゆめの雫 ねむりの波紋 (コバルト文庫)はこんな本です

ヴィシュバ・ノールの風によせて―ゆめの雫 ねむりの波紋 (コバルト文庫)の作品紹介

その日、ガディルは、古くて大きな柱時計の修理をしていた。しかし、マルーシュは振り返りもしない。マゼンタとピーコックにもらった蘭の鉢植を持ち、つぼみが開く瞬間を見ようと目を離さないのだ。マルーシュは床の上にねそべり、つぼみをじぃっと見つめる。いつ開いてもおかしくないつぼみだったが、マルーシュの期待を裏切り続けている。そして、第一の試練が始まろうとしていた…。

ツイートする