春王冥府 (コバルト文庫)

  • 67人登録
  • 3.54評価
    • (6)
    • (7)
    • (22)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 真堂樹
制作 : 潮見 知佳 
  • 集英社 (1996年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086142779

春王冥府 (コバルト文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 学生時代に読んだ本で、印象深かったので十年ぶりに再読。覚えていたよりももっと、すごいホモの痴情のもつれだった。表現がふだん触らないタイプというか、耽美で豪華。けばけばしいくらい。内容はなんかちょっと、うわあ、という感じだけど。

  • 初版・1997年1月10日

  • 恋愛というほど甘くはありませんが、男性同士の複雑な思いの交錯を表現している作品なので、読む人を選ぶことは間違いありません。
    しかし、デビュー作でこれほどの筆力。読後感が切なく、苦しいですがそれはそれだけこの作品に魅せられた証拠と言えます。

    数あるコバルト文庫を読んできた私ですが、これはその中でもかなり上位です!

  • 思わず買ってしまいましたが、とても面白かったです。でも“その後”の話が何とも・・・;哀しいお話だと思いました。そしてこれでBLのつもりじゃなかった真堂さんもすごいとおもいました(笑)。

  • 「ホントにデビュー作!?」というくらい、文章が上手い。

  • (多分)古代中国を舞台にした恋物語。主人公である囚われの身の楽人と傲慢な野心家の王との関係がなかなか魅力的。ラストシーンも美しいです。

全6件中 1 - 6件を表示

真堂樹の作品

春王冥府 (コバルト文庫)に関連する談話室の質問

春王冥府 (コバルト文庫)はこんな本です

春王冥府 (コバルト文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

春王冥府 (コバルト文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

春王冥府 (コバルト文庫)の作品紹介

燕国の王に育ての親を殺され、楽師として王に飼われることになった蘭綾。いつか蘭綾が自分に牙を剥いてくることを予感しながらも、蘭綾をそばに置きつづける燕王。魅かれあい、追いつめあう二人の絆は、隣国寧の使者がもたらしたある報せをきっかけに、次第に燕国の行く末をも危うくしてゆく-。コバルト・ノベル大賞受賞作。

ツイートする