破剣戦鬼ジェネウ―裏切りの変 (コバルト文庫)

  • 11人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
著者 : 荻野目悠樹
制作 : ほたか 乱 
  • 集英社 (1998年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086144506
全1件中 1 - 1件を表示

荻野目悠樹の作品

破剣戦鬼ジェネウ―裏切りの変 (コバルト文庫)を本棚に登録しているひと

破剣戦鬼ジェネウ―裏切りの変 (コバルト文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

破剣戦鬼ジェネウ―裏切りの変 (コバルト文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

破剣戦鬼ジェネウ―裏切りの変 (コバルト文庫)の作品紹介

「冬」の帝国ヴァーサ。ジェネウは騎馬民族キャムソールの血を引く貴族の子息。彼は学問に秀でていたが、病弱だったため、父に疎まれていた-。親友のウエルネルからの招きを受けたジェネウは、一緒に暮らす遠縁の少女ミリッカとともに、ファーゲルホルム親王家を訪ねる。そこでジェネウは、ウエルネルの企みを知る。彼はクーデターを起こし、自ら太子の座に就こうとしていたのだった…。

ツイートする