図書館戦隊ビブリオン〈2〉 (コバルト文庫)

  • 20人登録
  • 3.67評価
    • (2)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 小松由加子
制作 : たつねこ 
  • 集英社 (1998年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086145480

図書館戦隊ビブリオン〈2〉 (コバルト文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 発売日に書店で購入し今に至る。
    2巻で完結。

    作者ご本人こそ「ライブラリアンだから!」
    という気迫を感じました。
    図書館って、独特の匂いとか、足が沈む絨毯とか、
    背の高い棚とか、その性でちょっと勘違いするとうっかり迷子になってしまう感じとか
    多くの知識を抱え込んでいながらひっそりたたずむ感じとか、
    どことなく、異空間を感じるような気がします。

    作者の方、ここから作品は発表されてないようですが
    今は何をされてるんでしょうか。
    ねがわくば、もっとこの方の作品を読んでみたいですね。

  • (図書館本)

全2件中 1 - 2件を表示

小松由加子の作品

図書館戦隊ビブリオン〈2〉 (コバルト文庫)はこんな本です

図書館戦隊ビブリオン〈2〉 (コバルト文庫)の作品紹介

芸亭高校の地下には、とんでもない謎が隠されていた。前作で「巨大な紙魚」を撃退し、図書館の秩序、本、利用者の正当な権利が守られたと思ったら、今度は悪の組織『ネオ・バグフォード』の四天王が、またまた暗黒の陰謀をはりめぐらせているのだった!仁科昭乃ら5人の正義の戦士『図書館戦隊ビブリオン』が再び立ちあがる!いざ行け。やれ行け。悪に負けてはならないのだあ。

ツイートする