東京S黄尾探偵団―Kの処刑場 (コバルト文庫)

  • 181人登録
  • 3.25評価
    • (7)
    • (10)
    • (64)
    • (1)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 響野夏菜
制作 : 藤馬 かおり 
  • 集英社 (1999年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086145978

東京S黄尾探偵団―Kの処刑場 (コバルト文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久しぶりのS黄尾シリーズは、心にズシリとのしかかる悲しい事件でした。
    表紙がいつもより大人しいのはこの為か・・・。
    恋愛モノみたいとか言ってごめん。

    テーマがあるなら、「過去とどう向き合うか。決着をつけるか」だと思います。
    犯人は、K-EXCUTON
    ‘EXCUTION‘の意味は、死刑執行。連続殺人事件という形で決着をつけました。
    仕返しが傷を癒すことはない。絶対に。
    というのは、本編の花音の言葉ですが、私もそのとおりだと思います。

    そう思いながら、頑張って過去と自分と戦っている花音と犯人の短い会話は、切なくてやりきれない思いが残りました。

  • 今回はいいバランス
    辛いとこと軽いとこ
    花音ーー

  • たぶん作者の中ではストーリーが成立しているんだろうけど、雰囲気と勢いで詳細が省かれてしまっているので、読者は置いてけぼり状態。
    ただ、それでも尚読ませるのはキャラクターが魅力的…だからかなぁ。

  • これは友達に勧められて中学の図書室で借りた本。
    中1〜中2の時かな?
    かなりはまった。
    読みやすいテンポだし、先が気になるんだよね。
    でも最終巻は読んでない気がします。

  • 本編第3弾。<br>「ずるい、きたない、あくどい」が行動三原則の探偵集団「東京S黄尾探偵団(トーキョースーパーイエローテール)」が、勝手に支店として場所を借りている保健室のある学校、つまりは探偵団員が皆通っている高校で、殺人事件が発生した。<br>当然、彼らは推理し、犯人を追うこととなり――。<br>今回は、シリアス調。<br>(2001)

  • 確かに面白かった。面白かったけど…。でも後味が、悪かった。
    なんていうか、ほんともう「あーなんで…こう…!」みたいな(どんなだよ)
    「?K―藍田花音」はもう花音ちゃんが痛々しいというか、哀しいというか…。強くあろうとする花音ちゃんが大好きです。

  • K-EXCUTION<br>
    カノン編?1発目。<br>
    前2作を遥かに越えた猟奇もの。結構たくさん人が死にます。なので、全体的にシリアスなシーンの多い1冊だったと。<br>
    暗い話ではありますが、グロい話でもありますが、結構さくさく読み進められました。ちなみに。相変わらずミステリ性は求めないほうがいいかと思ったり思わなかったり。<br>
    リアルタイムで掃除しながら読んでたせいか(青の封印書き終えた後、Kの処刑場を。眠くなければこれから五木、拉致られる。行きます。)、微妙に前のとの時間があいてますなぁ。

  • 「TSYT」シリーズ第3巻。
    20031029:読了

全9件中 1 - 9件を表示

響野夏菜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

東京S黄尾探偵団―Kの処刑場 (コバルト文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

東京S黄尾探偵団―Kの処刑場 (コバルト文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東京S黄尾探偵団―Kの処刑場 (コバルト文庫)の作品紹介

黄尾高校に事務所を置くS黄尾探偵団。そのメンバーとしてバイトをしている行衡は、たてつづけに起こる事件のせいで、留年の危機におちいっていた。今回も、黄尾高の理科室で、黒く焼けこげた死体を見つけたことで、またまた事件に関わることに。死体のそばには、"K‐EXCUTION"というなぞの文字が書かれていた。それと同じ文字が残された死体が、別の場所で発見されて…。

ツイートする