ヘヴンズ・クライン―ハイスクール・オーラバスター (コバルト文庫)

  • 169人登録
  • 3.42評価
    • (11)
    • (11)
    • (57)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 若木未生
制作 : 高河 ゆん 
  • 集英社 (2000年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086147446

ヘヴンズ・クライン―ハイスクール・オーラバスター (コバルト文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ジョーアツはかわいいな。好きだな。

  • この間、久方ぶりにオーラバを読み返して、中学の時めちゃめちゃハマったことを思い出して過去にひきずられそうになった。この本も発売日に購入したはずが行方不明になったので再度、購入。早く新刊、出ろ~! いや、出てください。

    新刊の挿絵はどなたになるのでしょうかね。希沙良がカワイイといいな~(笑)

  • この運命のシリーズでもう1冊本棚入りさせるとしたらこれ!ジョーアツがいい。

  • 昔から大好きなシリーズ。
    私のファンタジー好きの原点かも。

  • 短編集第三弾。

    これも結構好き。

  • 「この世の人は、ミノムシを蓑の部分含めてミノムシと呼ぶのだ。外側は借り物なんですうホントは尺取り虫ですうなんてカワイイ裏声出しても、通用せぬのだ。それがいやなら上っ面を変えてみやがれ。きっとそう変わらんはずだが」(38p)

全6件中 1 - 6件を表示

若木未生の作品

ヘヴンズ・クライン―ハイスクール・オーラバスター (コバルト文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ヘヴンズ・クライン―ハイスクール・オーラバスター (コバルト文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ヘヴンズ・クライン―ハイスクール・オーラバスター (コバルト文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヘヴンズ・クライン―ハイスクール・オーラバスター (コバルト文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ヘヴンズ・クライン―ハイスクール・オーラバスター (コバルト文庫)の作品紹介

幻将・皓との戦いが一時終息し、斎伽忍が帰還した夏。束の間の平和を楽しむ亮介たち。夏期講習に通う里見十九郎と親友の西城敦は、渋谷駅のホームで「クラインの記憶」をもつ女性たちに出会う…。その謎とは?アパート暮らしを始めた亮介と諒。謎の少女ハツリの部屋に生まれた、秘密の「水」は?書き下ろし新作二編「ヘヴンズ・クライン」「デュナミス」を収録。文句なしの面白さ。

ツイートする