夢の宮―月下友人〈上〉 (コバルト文庫)

  • 54人登録
  • 3.92評価
    • (9)
    • (5)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 今野緒雪
制作 : 江ノ本 瞳 
  • 集英社 (2000年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086147507

夢の宮―月下友人〈上〉 (コバルト文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 幼馴染みのジュジュとリナ。性格の正反対の二人もそろそろ結婚を考える年頃。そんなとき、ジュジュに願ってもない演壇が。その家には大好きな本がたくさんあり、相手の身分も申し分ない。しかし、あまりにうまい話にリナはその相手を見に城へ潜り込む。

  • 始まりは見合いだった。
    見合いをしている二人と、その見合いをのぞく二人の友人。

    ほんわかとしたい時に読みたい。

全2件中 1 - 2件を表示

今野緒雪の作品

夢の宮―月下友人〈上〉 (コバルト文庫)はこんな本です

夢の宮―月下友人〈上〉 (コバルト文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

夢の宮―月下友人〈上〉 (コバルト文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夢の宮―月下友人〈上〉 (コバルト文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

夢の宮―月下友人〈上〉 (コバルト文庫)の作品紹介

樹寿と理娜は、共に鸞国家臣の娘で十五歳。容姿も性格もことごとく正反対の二人だが、長年つちかった友情は半端じゃない。しかし本ばかり読んでいた樹寿に、ある日突然結婚話が降って湧いたものだから、理娜は親友として気が気じゃない。相手の男の正体を見極めるべく、勤め先へ潜入した理娜は、そこで一人の青年と出会う。そして縁談は、青年とその友人をも巻き込んで思わぬ方向へ…。

ツイートする