久遠の深淵―クリスタル・クライシス〈4〉 (コバルト文庫)

  • 16人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (2)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 牧原朱里
制作 : 緒田 涼歌 
  • 集英社 (2000年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086147514

久遠の深淵―クリスタル・クライシス〈4〉 (コバルト文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • それまで戦ってきた《魔人》とは違う、得体のしれない敵がいる。狙われているのは苳也。家主でもある桐生は、護衛の意味で苳也の部屋の合鍵を蓮に渡した。苳也に危機がせまっていることを知りつつも、誰にも打ち明けられないまま明るく振る舞う蓮。そんなある日、組織の一員である舞香の仕事仲間が《魔》に浸食されていることがわかった。ところが本当の“敵”はまったく別にいたのだ――!

  • それまで戦ってきた《魔人》とは違う、得体のしれない敵がいる。狙われているのは苳也。家主でもある桐生は、護衛の意味で苳也の部屋の合鍵を蓮に渡した。苳也に危機がせまっていることを知りつつも、誰にも打ち明けられないまま明るく振る舞う蓮。そんなある日、組織の一員である舞香の仕事仲間が《魔》に浸食されていることがわかった。ところが本当の“敵”はまったく別にいたのだ――!

全2件中 1 - 2件を表示

牧原朱里の作品

久遠の深淵―クリスタル・クライシス〈4〉 (コバルト文庫)はこんな本です

久遠の深淵―クリスタル・クライシス〈4〉 (コバルト文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

久遠の深淵―クリスタル・クライシス〈4〉 (コバルト文庫)の作品紹介

それまで戦ってきた「魔人(まと)」とは違う、得体のしれない敵がいる。狙われているのは苳也。家主でもある桐生は、護衛の意味で苳也の部屋の合鍵を蓮に渡した。苳也に危機がせまっていることを知りつつも、誰にも打ち明けられないまま明るく振る舞う蓮。そんなある日、組織の一員である舞香の仕事仲間が「魔」に侵食されていることがわかった。ところが本当の"敵"はまったく別にいたのだ-。

ツイートする