赤の神紋〈第5章〉―Scarlet and Black (コバルト文庫)

  • 65人登録
  • 3.66評価
    • (7)
    • (7)
    • (18)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 桑原水菜
制作 : 藤井 咲耶 
  • 集英社 (2000年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086148009

赤の神紋〈第5章〉―Scarlet and Black (コバルト文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ケイの舞台稽古編

    刺された榛原を助けた連城


    俳優たちの戦い


    ケイと連城の途切れそうで、でもあちこちで絡みあう縁



    役作りにのめり込んでいくケイと
    自らキスしちゃうところが印象的

  •  あぁ、報われない響生……。
     全然、悪いことしてないのにね。

     まぁ、ケイもかわいそうなんだけれども。

     実は一番、狂っているのは響生よりも榛原だと思う。
     そう思えば、ケイも響生も同じ榛原に振り回された被害者なんだろうな……とは思ってるよ。
     僕はこっそり、榛原と響生の幸せを願っています。

  • 榛原は刺されたことを隠し、連城に刺した役者を連れ戻すように頼む。一方ケイは「赤と黒」のジュリアン役を掴めず苦しむ。相手役の新はケイをスキャンダルで陥れようとする。
    なかなか、舞台も汚い世界で、実力だけでは上手くいかないんだと、恐ろしくなる。奥田の存在が暖かい。

  • なんでこのひと、小説家なんかやってるんだろうな?ってな連城大活躍!の巻。なのに助けられきれていないケイちゃんのばか・・・あんたってコは・・・!
    どこか常に禍々しいなにかに付き纏われてる感じがして、読みながら逃げたくなってきて作者を恨んでみたりして。や、逃げたよ逃げた。都合よく都合の悪いところはきっと読み飛ばしてると思うのさ、無意識に。そんでしかも、なんかものすごいところで終わってる・・・?続きを読む勇気が・・・読むけど。

    20080218〜20080221

全5件中 1 - 5件を表示

桑原水菜の作品

赤の神紋〈第5章〉―Scarlet and Black (コバルト文庫)はこんな本です

赤の神紋〈第5章〉―Scarlet and Black (コバルト文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

赤の神紋〈第5章〉―Scarlet and Black (コバルト文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

赤の神紋〈第5章〉―Scarlet and Black (コバルト文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

赤の神紋〈第5章〉―Scarlet and Black (コバルト文庫)の作品紹介

暴漢に襲われ刺傷を負った榛原だが、幸い生命には別状なかった。術後、目覚めた榛原は、自分を刺した男を捜し連れ戻してくれと響生に頼む。『マクベス』の出演者でもあるその男を、降板させたくないというのだ。響生は榛原の舞台に対する執念に圧倒され、彼の頼みを引き受けた。一方、榛原が重傷だと知らされたケイは、慌てて病院へ向かう。そこで、榛原の病室にいる響生の姿を認めて…。

赤の神紋〈第5章〉―Scarlet and Black (コバルト文庫)のKindle版

ツイートする