ときめきトゥナイト (4) (集英社文庫―コミック版)

  • 128人登録
  • 3.75評価
    • (16)
    • (8)
    • (27)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 池野恋
  • 集英社 (1998年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (373ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086174244

ときめきトゥナイト (4) (集英社文庫―コミック版)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • リアルタイムで読んでいた頃。毎月発売日がまちどうおしく
    早く、真壁君が元の年齢に戻るのを楽しみにして読んでた。

    何度読んでも、真壁君が元の年齢に戻った瞬間の
    「江藤・・・?」というセリフに泣ける。
    蘭世の気分でどうしても読んじゃうからなのかしら?
    最近のマンガじゃ得られない胸キュンです!!

    一緒に暮らし始めた、真壁くんの積極的な態度にキュンキュンしてましたわ。何気に、ボディタッチ多めで・・・。
    しまいにはキス未遂まで・・・。

    14歳の時に出会い、一年経ち、中3のクリスマスに
    王子様になってしまった真壁くんは、元に戻った
    年齢って16歳ってことなのかな?ここら辺から
    学校生活が全くないので、年齢はわかりにくいし、
    ゾーンとかの対決でまた一年くらい勉強してないよね~(苦笑)

    自分の萌えポイントは、蘭世の家で魔界人たちが曜子の
    授業を受けているときに、隣で寝ちゃう真壁くんです。
    隣で寝顔を見れるなんて、好きな人だったら最高じゃないですか!!これ以上のキュンはないだろうってカンジです。。。

  • 江藤家の家族の絆いいな。真壁くんの成長と適応力。真壁くんも蘭世のこと大事に想ってくれているのが見えてきてにやにやしちゃう。ネックレス直そうとしてくれるシーン、きゅんきゅん。あの時、ごはんに呼ばれなかったら…

  • 神谷さんが可哀想…… 犬にされ、学校に行けずに高校受験失敗って……
    鈴世は、留年していなかったみたいだけど、ちゃんと学校に通っていたの?気になるな。結構、蘭世お姉ちゃんと一緒に行動していたように感じるのだげれども…??

  • 家族愛、夫婦愛は強し!そしてひとつ屋根の下生活スタート。新たな王子様登場とおかしな夢のせいでドキドキ蘭世とイジワルな舌だし王子・真壁くん。

  • ドラキュラと狼の娘 魔界・冥界・人間界やったかな

全5件中 1 - 5件を表示

ときめきトゥナイト (4) (集英社文庫―コミック版)のその他の作品

池野恋の作品

ときめきトゥナイト (4) (集英社文庫―コミック版)はこんな本です

ときめきトゥナイト (4) (集英社文庫―コミック版)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ときめきトゥナイト (4) (集英社文庫―コミック版)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする