有閑倶楽部 (6) (集英社文庫―コミック版)

  • 208人登録
  • 3.59評価
    • (20)
    • (15)
    • (56)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 一条ゆかり
  • 集英社 (2001年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (321ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086176064

有閑倶楽部 (6) (集英社文庫―コミック版)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • PART24~26

    珍しくメンバーが仲間割れしてのアドベンチャークイズ。清四郎と魅録の対立っていうのがレアでそして萌えどころ!

    悠理と清四郎が結婚させられそうになったり、野梨子の初恋エピソードがあったり、珍しく恋愛要素の多い巻。

  • 断捨離、2013春。

  • 久しぶりに読みたいと思って文庫版で買い直し始めたものの、ここまでで何となく止まってしまった。とはいえ学園なんでもありモノの原点。恋愛モノにはほとんど偏らない所がまた良い。有閑設定の特殊な面白さは、今でも新鮮で面白い。
    豪快でハチャメチャだけどセレブなのに人間臭い。一条ゆかりそのものだと思う。

  • 「有閑倶楽部6」3

    著者 一条ゆかり
    出版 集英社

    p130より引用
    “わすれちゃいけないのがKGBのモルダビア。”

     お金持ちの子供たちが大活躍する、アクション活劇少女漫画。
    世界一周クイズの話から結婚話まで、世界を股にかけた活躍が描
    かれています。

     上記の引用は、メイキングコラムでの一文。
    ソ連崩壊前の作品なので、元とついておらず現役という設定なの
    だろうと思います。時代背景が表れていて、面白い一話だと思い
    ます。初出は1987年、四半世紀前の作品ですが今でも面白く読め
    る名作です。
     昔ゲームの4コマ漫画に書かれていたように記憶しているのです
    が、ソ連が崩壊したのはストリートファイター2とワールドヒーロ
    ーズの間だそうです。

    ーーーーー

  • 器の小さい奴ほど大きく見せたがるとはようゆうたもんじゃ。
    男と生まれたからにはやはり自分の力をためしてみたい。

  • 野梨子が良い。

  • どのキャラも好きだが、どのキャラにもなりたくはない(笑)

  • 今回は有閑倶楽部が分裂しそうな話が多いせいもあって、ちょっとドキドキなんだけど、珍しさもあってよかったかも。「世界一周アドベンチャークイズ」って覚えてる、覚えてる!

  • 野梨子の初恋編が良かった。

全9件中 1 - 9件を表示

一条ゆかりの作品

有閑倶楽部 (6) (集英社文庫―コミック版)はこんなマンガです

有閑倶楽部 (6) (集英社文庫―コミック版)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

有閑倶楽部 (6) (集英社文庫―コミック版)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

有閑倶楽部 (6) (集英社文庫―コミック版)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする