ジョジョの奇妙な冒険(第3部) スターダストクルセイダーズ 文庫版 コミック 8-17巻セット (化粧ケース入り) (集英社文庫―コミック版)

  • 1041人登録
  • 4.48評価
    • (293)
    • (90)
    • (66)
    • (2)
    • (2)
  • 95レビュー
著者 : 荒木飛呂彦
  • 集英社 (2003年6月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (2500ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086179096

ジョジョの奇妙な冒険(第3部) スターダストクルセイダーズ 文庫版 コミック 8-17巻セット (化粧ケース入り) (集英社文庫―コミック版)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 文庫がないからコミックで登録
    いやいや、そのへんのやつらとは違うから〜と思って読み始めたら見事に承太郎と花京院にハマってフィギュアが欲しくなる始末
    ちょうどアニメもやっててこの前はさくらんぼレロレロしながら見てました

    きっとスタンドが見えるのが自分だけで今まで寂しく生きてきた花京院にとっては人生で1番楽しい50日間だったんじゃないかな…!
    なのになんでこうなっちゃうんだよ荒木さぁああん!
    きっと承太郎達も同じ気持ち

  • ジョジョで最も最も最も最も最も最も最も最強!!!!
    スキィィィィィィィーーーーーーーッッ!

    そんなわけで、ジョジョは3部からハマりました。
    小学生の頃から読んではいたのですが、
    ジョジョはやっぱり一気読みが良いです。

    王道の少年マンガな内容。
    だけど、心理戦だったり、敵や味方のキャラクター性がたまらないです。
    熱いバカ、ポルナレフが個人的に好きです。
    承太郎も勿論好きだけど!

    泣けたり笑えたり、そして最終戦の盛り上がりっぷり。
    そこから爽やかに終わるラスト。

    全部取っても、最高にハイってやつです。

  • 鉄板

  • タロットカードとエジプト9栄神から再びのDIO!

    スターダストクルセイダーズはスタンドのおかげで戦いにバリエーションが増えた!
    まともなスタンドとまともな波紋が使えたら絶対に最強!
    スタンド使いの戦闘方法が何でもあり過ぎて笑える!
    前二部に比べてギャグ要素が増してるから問題はない!

    承太郎の番長感がスゴイ!
    花京院との学ランコンビでの旅のスタイルがいい!
    アヴドゥラにはハラハラさせられた!
    白黒のボストンテリアを飼ったら名前はイギーにする!
    ポルナレフのスピードワゴンポジション感が否めない!

    銀魂の温泉のエピソードを読み直さなきゃ!

  • 間違いなく名作。なぜ今までこれを読まずにきたのか…

  • ASB発売にあたり、またまた全巻再読中。
    そういえば感想書いてなかったなぁ、と思い、再読ついでに今さらながら書いてみる。

    第3部。これまでただのエネルギーだった「波紋」から、「幽波紋(スタンド)」というエネルギーが具現化された形となって登場し、戦う
    これ、スタンドのデザイン考えるだけでもかなり大変だよなぁといつも毎回感心してしまう。なのにこんなにたっくさん出てくるから、クリエイティブな人の頭の中はどうなっているんだ…
    タロットカードになぞらえてスタンド名がついているのは、なんだかオシャレな感じがしました。笑

    そして言わずと知れた主人公・空条承太郎がクールで知的でかっこいい!こんな落ち着き払った高校生いないだろう、と突っ込みたくなる。(それは花京院もだけど…)絵に描いたような英国紳士だったジョナサン、ヤンチャでおちゃらけた不良少年のジョセフとはまた違ったタイプの主人公で、女子人気が高いのでは…と予想。

    何部が好きかと言われると、第3~5部はどれもとても好きなので悩ましいところなのですが、私がジョジョで一番最初に大泣きした部としてとても印象深いのがこの第3部なのです。何を隠そう、イギー!わんこが頑張って、仲間を守って死んでしまう…という、犬好きなら涙を枯らしてしまうであろう名シーン。最初に読んだときは大泣きしました。イギーだけでなく、この部は仲間が死んでいくシーンが多いので、だいぶ泣いてばかりだったけど。。。第3部と第5部は、泣きすぎるという意味で読むのにパワーが必要な部。

    全然余談ですが、ASBでイギー&ザ・フールの参戦が決定してとっても嬉しい!イギーかわいい(*´ω`*)
    何気に3部はジョジョサイドは全員出てるのでは??

  • そういえば3部の承太郎さんって結構喋るんだな…!
    久しぶりに読んだら新鮮に感じた

  • 編集部から今度はトーナメント方式のバトルをという要請を断って、双六方式のバトルにした本編。登場する敵の中には、ディオに心酔して加わっているものもいるが、ほとんどが金で雇われた傭兵(あと恐怖も)なので、最後に形勢が不利になるとすぐに逃げたり恭順を示したりするのがほほ笑ましい。双六なので、敵の背景を説明する必要もないし、倒せば次に進める。とてもわかりやすい。あと、第4部以降に登場するヒーリング能力者が出てこないので、やられたら終わりだし、ダメージを受けたら入院もする。

  • アニメから入ってまんまとはまった。
    今まで絵が苦手で手を出さずにいたけど面白すぎてやばい!!

  • ジョジョシリーズは通して大好きだが、代表して一番好きなキャラクターがいる第三部で。

    人間賛歌。
    黄金の精神。
    正しい白を生きる人たち。

    何度絶望しても、新しい希望を見つめるために立ち上がる一族と、その仲間。

    個人的には三部、七部がお気に入り。

    ふとした時に、いつでも読みたくなるシリーズ。
    いつまでもワクワクさせて欲しいな。

全95件中 1 - 10件を表示

荒木飛呂彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荒木 飛呂彦
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

ジョジョの奇妙な冒険(第3部) スターダストクルセイダーズ 文庫版 コミック 8-17巻セット (化粧ケース入り) (集英社文庫―コミック版)を本棚に登録しているひと

ジョジョの奇妙な冒険(第3部) スターダストクルセイダーズ 文庫版 コミック 8-17巻セット (化粧ケース入り) (集英社文庫―コミック版)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ジョジョの奇妙な冒険(第3部) スターダストクルセイダーズ 文庫版 コミック 8-17巻セット (化粧ケース入り) (集英社文庫―コミック版)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ジョジョの奇妙な冒険(第3部) スターダストクルセイダーズ 文庫版 コミック 8-17巻セット (化粧ケース入り) (集英社文庫―コミック版)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジョジョの奇妙な冒険(第3部) スターダストクルセイダーズ 文庫版 コミック 8-17巻セット (化粧ケース入り) (集英社文庫―コミック版)はこんな本です

ツイートする