駅から5分 1 (集英社文庫 く 14-33)

  • 23人登録
  • 4.25評価
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 集英社 (2016年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086196543

駅から5分 1 (集英社文庫 く 14-33)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 手塚治虫マンガ大賞受賞の報を聞いて、何十年ぶりかでくらもち作品を繙いた(受賞作はこの作品から派生した『花に染む』だけど)。構成の巧みさはさすがですね。同じ場面を人物の視線を変えて描く。AからみたBと、BからみるAの物語が違う。さらには2人を見守るCの物語が展開したりする。時制の入れ替えもあいまって物語世界は深まっていく。
    久しぶりの読者にとってちょっと辛かったのは、シンプルに徹した線で描かれるキャラだ。くらもち作品の特長でもあるんだけど、時々キャラの違いが分かりづらかったりする。このため何回も見直すことになったのだけど、ひょっとしてこれも計算のうちだろうか。

  • 駅5文庫版。
    『花に染む』読了後に改めて読むと感慨深いものがある。

全2件中 1 - 2件を表示

くらもちふさこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東村 アキコ
恩田 陸
住野 よる
綿矢 りさ
有効な右矢印 無効な右矢印

駅から5分 1 (集英社文庫 く 14-33)の作品紹介

キレやすい男・沢田に告白されて「いいよ」と言ってしまったよし子。幼なじみを訪ね来た花染町で乗ったタクシーが事故を起こしてしまった野生子。神社の境内で陽大に風船をとってもらったるり。すれ違い、つながる。人と景色が交錯する街場ストーリー。
【収録作品】はる風の誘惑

駅から5分 1 (集英社文庫 く 14-33)はこんな本です

ツイートする