がく×ぶる〈3〉 (集英社スーパーダッシュ文庫)

  • 57人登録
  • 3.08評価
    • (1)
    • (3)
    • (6)
    • (2)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 本田透
制作 : 相音 うしお 
  • 集英社 (2009年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086304979

がく×ぶる〈3〉 (集英社スーパーダッシュ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【資料ID】161331
    【分類】913.6/H84/3
    文学のコーナーに並んでいます。

  • 家族萌えでイチャコラしているだけの、ドのつく変態ラノベでしたが、今巻では一気にシリアス寄りに振り向けてきました。ただし、急ハンドルすぎてスピンしてしまった感もあるのですが。

    美千緒たちの母・真理亜が、可夢偉を御影家にホーム・ステイさせると言い出します。いきなり美千緒と一つ屋根の下で暮らすことになり、すっかり舞い上がってしまう可夢偉でしたが、そんな彼女を見かねて、ナガレは服用した人に気が大きくなる効果をもたらすという薬・強心丸を手渡します。ところが、ドジっ娘の可夢偉は飲む分量を間違えてしまい、御影家で大暴走してしまうことに。

    一方、女性アレルギーが再発した美千緒は、それでもななみとの約束を果たそうと野球部に入ることを決意します。しかし、女性に注目される試合になると、美千緒は本来の超人パワーを発揮することができません。やがて夏の地方予選大会が始まり、第1回戦で甲子園常連の強豪校・サタニックマジェスティーズ学園と対戦することになります。対する白泉学園野球部の先発はななみ。美千緒はななみの力投に答えたいという気持ちはあるものの、なかなか代打として大勢の注目を浴びる決断がつきません。ようやく代打として最後の打席にたった美千緒は、センターに打球を放つものの、1塁にたどり着く前に体力を使い果たし、倒れてしまいます。こうして、白泉学園の夏は終わります。

    試合後、仲が良かったはずの御影家のメンバーの間に、しだいに亀裂が深まっていきます。ウテナは、美千緒の女性恐怖症の原因となった8年前の事件を思い出し、もはや御影家にいるわけにはいかないと考えます。一方、ウテナが本当は美千緒と自分の従姉だと知ったななみは、ウテナに美千緒を盗られてしまうのではないかと疑心暗鬼に陥ります。可夢偉もまた、美千緒のことが好きという自分の気持ちをはっきりと意識することになります。崩壊してゆく家族を目の当たりにしながら、美千緒は自分の正直な気持ちを見つめなおします。そんな彼の決意を知った生徒会長・夙川紗耶は、美千緒に女装させて女子校である第一白泉学園に転入させるという荒療治をおこない、美千緒の女性アレルギーを治そうと考えます。

    前半の野球の試合はけっこう楽しめました。これだけで1巻埋めてくれればよかったのですが。

  • 前巻で一度は克服した女性恐怖症に再びかかっている主人公(おい)。これまでは病気克服のためのおかしな特訓がメインだったが、今作は野球の試合がメイン。まあいつまでも同じような特訓繰り返すのもないだろうけれど。内容的にはほとんど進行無し。病気克服の方法を対症療法から原因究明に変更したくらい。で、次巻は女子校に転校するらしい。それでいいの?

  • 今回は8年前に美千緒くんが女性恐怖症になった原因を探る話.
    前回のラストで真実を知ったウテナが葛藤する話.
    可夢偉が御影家の末の妹になる話.
    幼馴染の新体操部のエースを甲子園に連れて行くために奮闘する話.
    一部虚偽情報が含まれていますが,そういう話.

    びみょーだった.

    回を重ねるごとに面白くなくなっている気がするのは何故だろう.
    読んでいる時の精神状態にも因るのだろうけど….
    ぐぬぬ.

  • 9784086304979 2009・7・29 1刷 267p
    前半は【御影ななみ】の所属する野球部でのお話。
    野球好きでないとおもしろさ半減かも。
    母【御影真理亜】の配慮?から【夙川可夢偉】が御影家で【御影美千緒】の女性アレルギーの原因を探るため妹として同居する。
    後半は少しではあるが【御影美千緒】の女性アレルギーの原因?や【ななみ・ウテナ】の幼少期の回想シーンで話に厚みが出てきます。

全6件中 1 - 6件を表示

がく×ぶる〈3〉 (集英社スーパーダッシュ文庫)のその他の作品

本田透の作品

がく×ぶる〈3〉 (集英社スーパーダッシュ文庫)はこんな本です

がく×ぶる〈3〉 (集英社スーパーダッシュ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

がく×ぶる〈3〉 (集英社スーパーダッシュ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

がく×ぶる〈3〉 (集英社スーパーダッシュ文庫)の作品紹介

女性アレルギーが再発してしまった美千緒であったが、軽音楽部と野球部に入部を果たす。また、自宅では夙川可夢偉が、美千緒のトラウマの根源を探るために御影家の末妹として共同生活を始める。これは、御影家の母・真理亜と可夢偉の姉・沙耶が下した苦渋の決断であった。原因は解明されるのか!?この思いは誰にも邪魔はさせない、ド直球ハイスピード・ラブコメ第3弾。

ツイートする