がく×ぶる 5 (集英社スーパーダッシュ文庫)

  • 47人登録
  • 2.83評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 本田透
制作 : 相音 うしお 
  • 集英社 (2010年7月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086305556

がく×ぶる 5 (集英社スーパーダッシュ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【資料ID】160820
    【分類】913.6/H84/5
    文学のコーナーに並んでいます。

  • シリーズ最終巻。3巻以降の急展開に乗り損ねて以降、いま一つ楽しめないままエンディングを迎えてしまったという感じですが、いちおうストーリーをまとめておきます。

    美千緒がウテナを選んだという事実を知った可夢偉は、ショックのあまり意識を失います。美千緒、ウテナ、ななみ、紗耶、ナガレの5人は、母・真理亜の究極の催眠術によって可夢偉の深層意識に入り込み、彼女の意識を回復させるための作戦を遂行します。

    可夢偉の深層意識は、『不思議の国のアリス』の世界であり、5人の前にウサギの着ぐるみを着た幼い可夢偉(ちびかむ)が現われます。リアル世界に帰還するよう説得する5人ですが、ちびかむは彼らの言葉に耳を貸そうとしません。そこに、野球オタクの芸人・Ωリターナー、オカマの敏腕プロデューサー・サイキッド“D”、そしてカエル顔のストーカー男・〈誘拐未満〉(スプーキーストーキー)の3人が登場します。

    Ωリターナー、サイキッド“D”との対決で勝利を収めた美千緒たち5人は、〈誘拐未満〉に戦いを挑みます。勝負は、動画配信サイト「ねこねこ動画」でバンド対決です。驚くほどの美声とちびかむの映像で優位に立つ〈誘拐未満〉でしたが、勝負の途中にウテナたちが、ロリ動画のデータでハード・ディスクがパンパンになっている〈誘拐未満〉のPCを破壊し、勝利を収めます。ところがその瞬間、美千緒の身体は〈誘拐未満〉に乗っ取られてしまいます。

    美千緒が可夢偉ではなくウテナを選んだことで、可夢偉は悲しみのあまりストーカー男しか自分に好意を持ってくれないと思い込み、彼女の心の奥底にあるトラウマの中に逃げ込んだのです。しかし、そんな彼女を救うため、自分の深層意識にまで追いかけてきてくれた美千緒たちの姿を目にして、彼女は自分も前に進もうと決意します。

    こうして可夢偉は意識を取り戻し、めでたしめでたしとなります。

  • 9784086305556 257p 2010・7・28 1刷

  • 最後はお待ちかねの論激バトル! むしろ途中そんなにおちゃらけなくてもいいのよ?と思いもするが、そういうシリーズの色ではあるか。

全5件中 1 - 5件を表示

本田透の作品

がく×ぶる 5 (集英社スーパーダッシュ文庫)はこんな本です

がく×ぶる 5 (集英社スーパーダッシュ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

がく×ぶる 5 (集英社スーパーダッシュ文庫)の作品紹介

ウテナと共にいることを決意した美千緒であったが、それと入れ替わるように夙川さんが意識不明になる。医者に診せても症状は改善されず、問題は精神的なものに起因すると判明。一堂は夙川可夢偉サルベージ作戦を決行することとなった-。果たして、美千緒たちは無事に夙川さんを目覚めさせることが出来るのか!?これが最後の大暴走、ド直球ハイスピード・ラブコメ第5弾。

がく×ぶる 5 (集英社スーパーダッシュ文庫)のKindle版

ツイートする