下鴨アンティーク アリスと紫式部 (集英社オレンジ文庫)

  • 841人登録
  • 3.70評価
    • (39)
    • (95)
    • (76)
    • (14)
    • (1)
  • 89レビュー
著者 : 白川紺子
制作 : 井上 のきあ 
  • 集英社 (2015年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086800044

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

下鴨アンティーク アリスと紫式部 (集英社オレンジ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 舞台は京都・下鴨。
    高校生の鹿乃が、お蔵の中の祖母の着物を虫干ししたことから巻き起こる不思議なできごと。

    着物・古典・猫ちゃん…好きなものばかりです。
    特に鹿乃がテーマを決めてコーディネートする着物が素敵。
    大好きな『鏡の国のアリス』をモチーフにしたり、
    お能の舞台を観に行くために、市松柄の小紋とかわいらしい猫の帯をお獅子に見立てたり。
    どんなんだろう…と想像するだけでウットリ。
    そして、そのあつらえにすぐ気づいてくれる慧もいい。

    #アリスと紫式部
    源氏物語の葵の上・六条の御息所・源典侍
    車寄せの「あべこべ」。わぁ、なんて粋な思いつき!

    #牡丹と薔薇のソネット
    住む世界が違うからと、あきらめなくてはならなかった恋。
    ”恨み”であってもいいから思い続けていてほしいなんて、せつなすぎる…。

    #星月夜
    これが一番好きです。
    夫が好きで、好きで、どんな顔をしてそばにいればいいのかわからなかったおばあちゃんの恋物語。
    意地っ張りなおふじさんが、とてもかわいらしい。
    好きな人のそばにいるだけで、見慣れた景色も光り輝くもの。
    そうでした。しばらく忘れてましたね。
    そして表紙のシロ猫ちゃん、やっと登場。
    リリィ・白玉のタマ・白楽天…好き勝手に呼ばれてます。

    続編があるようなので、ぜひとも読みたいです。
    白露ちゃんが、また蔵から抜け出てくれることを期待して。

  • 長編で疲れた私を毎夜癒してくれたアンティーク着物ファンタジー。
    舞台は京都、下鴨。登場人物イケメン多し♪ 古典文学、恋愛、美味しい食べ物…女心をくすぐります。

    蔵の中の着物から憎悪や無念、溢れんばかりの恋心が飛び出して次々と不思議な現象を起こしていく。鹿乃は着物の持ち主を調べ、着物の思いを優しく鎮めていく。執着する人の思い、怖くもあり、羨ましくもある。

    3話目『星月夜』が好き。意地っ張りのおばあちゃんの恋物語。「今宵はじめて見そめたる心ちす…」好きな人と一緒に見る景色はきっといつもと違う。

    京ことばっていいな。豆大福を食べたいな。野々宮家のご飯にもよばれたいな。

    ミステリや事件を求める人には物足りないかもしれないけど、可愛い話、ほのかな恋心が好きな人にはオススメ!

  • 京都の下鴨を舞台に、アンティーク着物をめぐる謎を解くファンタジックな物語。
    かわいらしくて、好みに合う要素がいっぱい!

    野々宮鹿乃は、高校3年生。
    旧華族の家柄で、祖母の遺した家に、兄とその友人と住んでいます。
    兄の良鷹は古物商だが、家でぐうたらしていることが多く、無駄に?顔と頭だけはいいという。
    兄の親友・八島慧は近くの私立大学の准教授で、離れに下宿しています。
    兄同様に友達は少ないらしいけど、頭がよく物静かで、鹿乃のよき理解者。
    鹿乃のことはまだ子ども扱いしているけど‥?

    土蔵にある着物を虫干しすると、思わぬ出来事が‥!
    「アリスと紫式部」だなんて、そそる章タイトルですこと。
    六条の御息所は、興味を惹かれる人物ですよね。
    「牡丹と薔薇のソネット」
    あきらめたはずの恋、でも思いはそこに‥?
    「星月夜」
    意地っ張りな祖母のほほえましい恋心。
    ひそやかに登場した白猫ちゃんの存在が、心地いい。

    高校生にしては珍しく?着物好きな鹿乃は、家では週末などに着物を着て、それもテーマを決めた見立てを楽しんでいます。
    着物は好きなのでかなり、ありありと目に浮かび、とっても楽しい。
    イラストや装丁も合っていて、うっとりと味わえる綺麗なお菓子のような世界です☆

  • 舞台は京都・下鴨、
    祖母の残した着物に残った持ち主の想いが、不思議な現象を起こす。主人公の鹿乃は兄や同居人の慧と謎を解いて着物を元に戻し、亡くなっている持ち主の気持ちを鎮める。

    基本はこの展開を崩さないお話が連なった短編集。
    着物、古典文学、海外の児童文学などをヒントに謎を解きます。
    主人公の高校三年生の女の子と、同居人の准教授・慧の関係が付かず離れずでいいです。
    私は兄・良鷹と春野くんの方が好きですがw

    ・アリスと紫式部
    謎解きのベースは古典の基本・源氏物語。
    遠い昔に散々読みましたが、すっかり忘れていたので復習がてら該当の部分を読み直したりしました。
    敏子のキャラクターの書きかたが上手いと思います。

    ・牡丹と薔薇のソネット
    一押しキャラ良鷹と春野くんが出ます。本当に好きです。
    謎解きのベースは、シェイクスピアと牡丹灯篭。

    ・星月夜
    祖母が主役と言っても過言ではない話。
    死んでから明らかになる、祖母のツンデレぶり。祖父のイケメン具合。
    謎解きのベースは、星夜賛美の女性歌人、右京大夫の歌。
    ラストでは、春野に火が付いたなって思いました。

  • 夜は短し歩けよ乙女の映画を観て、京都繋がりで手に取った本。
    映画との繋がりは下鴨くらいしかないけど。

    古物商の兄と、兄の友人の大学准教授の慧と3人で暮らす鹿乃。
    祖母が亡くなってから開けた蔵から現れる不思議な着物の謎の解明に挑む。

    旧華族ということで、立派な屋敷に蔵、下宿用の部屋もあり、沢山の着物。
    これぞ京都!っていうイメージ通りの優雅な空気が流れていて、バリバリ京都弁の鹿乃。
    全員そうだと読みづらいけど、慧が標準語なので、適度なアクセントに感じる。

    日常の謎というには、着物や旧華族と言った身分制度はあまり、身近じゃないし、ミステリーといっても着物がすすり泣いたりするしな~と思ってファンタジー扱いに。
    そして、読み進めて思ったのが、携帯がない時代の話だなということ。家電で異性の家に電話する描写が、あぁ、昔の高校生はそうやって距離を縮めるのかぁと、朝ドラを見た気になった。
    3話目の祖母の日記を読んでドキドキする気持ちに似てる。というか日記の描写にキュンとした。
    このほのかなキュンの入れ処がさすがオレンジ様。

    着物の柄や文学の一説を謎解きの素地にしてるので、読むたびにへぇーと思いながら、教養をつけたいなぁと思う。源氏物語の解釈の話は面白かった。

    そして慧の過去や鹿乃の両親について何も触れられてないので、続きが気になる。ふたりの進まないじれじれ恋愛模様も今後のお楽しみって所かな。

  • 集英社オレンジ文庫ですよ!!
    しかも、新刊ですよ!!

    も~~~~!! 本がキレイ!! 何度ニオイをかいじゃったか!! ヤメなさいよ・・・

    でも、新しい教科書の匂いがするの~!! フンガー!


    さて、この本はかなり前に本屋パトロールをして「読みたい本リスト」に、いれていたのだけど、当時この集英社オレンジ文庫という文庫そのものが新しかったのか、図書館には全然蔵書がありませんでした・・・。

    でも最近は椹野道流氏の「時をかける眼鏡」シリーズも蔵書に増えていたし、チョイチョイ増やしていってくれていたようやけど、図書館のサイトの「新刊リスト」を、見ていて(この本を)見つけました!

    ちょっともうあきらめていたちゅうか忘れていただけに、めちゃくちゃうれしい!!
    ソッコーでリクエストしたら、すぐきました。すぐ!!



    ちゅうわけで、かなり前のめりで読み始めたところ、・・・大好きなお祖母ちゃんの形見である着物を虫干ししていたら、

    着物の柄がひとりでに変わっている

    と、いう・・・。


    また、別の章では桐箪笥になおしてある

    長襦袢から女性のすすり泣く声が聞こえる

    という・・・。


    なんだこの本、何ジャンルやねん!? と、なった。


    結局、読んでいる最中にスルスル引き込まれてめっちゃくちゃ面白かったんやけど、「アンティーク着物をめぐるミステリー」ちゅう触れ込みやったので、こっち方面のミステリやとはまったく想像しておりませんでした。
    あー、びっくりした(笑)。


    旧華族である鹿乃ちゃんと、そのお兄ちゃんが二人暮らしの洋館に、お兄ちゃんの友だちが下宿をしているという設定。
    お兄ちゃんもその友だちも当然イケメンやし、お兄ちゃんは古物商、友だちは大学の准教授ちゅう設定。

    鹿乃ちゃんは女子高育ちで
    「ごきげんよう」
    とかいうちゃうような世界の子で、なんやろうもう

    80年代前半の少女漫画の設定がすべてつまっている

    ちゅう具合。さすが、コバルトの流れ!! 笑

    この少女漫画設定だけでも、正直楽しい。非現実すぎて、楽しいー!
    最近こういうの好きやなー、私。なんか、振り切れたんか(笑)。

    しかも、予想通り鹿乃ちゃんとお兄ちゃんの友だちは、キュンとする間柄っちゅうね・・・(まだ当人たちの気持ちも自覚していないけれども、どう見ても両想い)。両想いてなつかしいフレーズきたなこれ。いやエエねん80年代の少女漫画やから、両想いで。両想い。


    続編も数冊出てるみたい。
    図書館に蔵書がないのでもちろんまたリクエストをかけるけど、果たして買うてもらえるかどうか・・・。

    でも、アンティーク着物だけでそんなにようけの話が作れるのかしら。
    また、お兄ちゃん(=良鷹)のお商売の話とか、良鷹とその友だち(=慧)の関係とか、出会いとか、そのあたりもじわじわ書いていってもらわれへんかな!

    チラッとしか見せてもらえてないキャラにもすっごい興味があります!

    わりと鹿乃ちゃんはまっすぐないい子のよう。
    そういえば「三条のホームズ」の葵ちゃんと清貴も女子高生と大学院生ちゅう年の差カップル(・・・古っ)やねんけど、あちらのふたりとはちょっと違う。

    男子がややこしいという点では同じやけど、ちょっと違うね!
    でも、カテゴリ的には同じ

    ほんで、同じものを見ても違うとらえ方をするなら、二倍のとらえ方ができてお得じゃない? と、鹿乃ちゃんが慧にいうていた。
    慧はそんな鹿乃ちゃんに苦笑しちゃうんやけど、こういう柔らかい発想はいいなあと思う。

    価値観が同じであることは大切やけど、だからってすべてが一緒である必要もないよね。
    大切なのは、違う価値観であってもそれを認めることかな。
    ま、それが難しいんやけどね・・・。


    あと、私は源氏物語の六条御息所は、被害者やと思って読んでおりました・・・。(;^ω^)
    この方、気の毒やんね、あんなややこしい男に惚れてしまったばっかりに・・・(そこまでいう)。

    富貴子さんと健次郎さんの話もよかった。
    日記なんて、なんかもうキュンキュンしながら読んだよ(笑)。こんな時代からツンデレはあったのね(笑)。

    ほんまこの本、アンティーク着物ミステリというよりは少女漫画ミステリやな!


    装丁もすごい可愛い。
    扉絵なんかも凝っていて、「大人のぬりえか!」と、思った。
    こういう凝った装丁も
    「少女漫画~!!」
    ちゅう具合で、なんかもうキュンでおなか一杯ス! (*´ω`)

    女子になれた感じ。なんやそれ


    あー、続編読みたい!!!

    (2016.04.29)

  • 舞台は京都の旧華族、野々宮家。高校生の鹿乃が屋敷の蔵に仕舞われた着物を虫干しする所から物語は始まる。
    兄の良鷹、下宿人の慧と協力し、着物を取り巻くファンタジックな謎に挑むが――。

    短編3部作。
    なぜか謎解きと謳われているが、謎解き要素は一切ない。これはファンタジーでは?
    さらさらとして重みがない分、爽やかさと心地よさを感じさせてくれる。
    読者をうっとりさせる要素が盛りだくさんで、読後、まるで自分が女性としてレベルアップしたかのような気分になる。もちろん気のせいですが。
    これはエステ小説かもしれない。読んでよかった、と手放しで満足できる良作。

  • 装丁が綺麗で、京都と着物の絵柄、猫、文学が合わさった和の世界観を感じさせるものである。全体的に読みやすく、京都を舞台に、旧華族の暮らし、着物から紐解く謎解きなどもきちんと出ていて良かった。着物の模様などから浮かび上がってくる謎解きもそうだが、随所に和のテイストが盛り込まれていて、それらが文学と融合されているのが良かった。普段着物を着ることがないので着て生活する光景が素敵だと思い、憧れるものである。それぞれの話に出てくる鹿乃と慶は時折焦れったさを感じ、もどかしいと関係だが、進歩してうまくいくといいと思う。

  • 妹より譲り受け本。
    初めて読む作家さんです。

    京都が舞台
    高校生の鹿乃、年の離れたお兄さん(古美術商)、兄が連れてきた慧(大学准教授)。

    亡くなったお婆さんの残した着物(、時に文学書も)をめぐるミステリーです。

    こういうタイプの小説は自分では選ばないので、新鮮でした。

    キャラ設定もしっかり済み、続刊出ますかねー
    出たらきっと買うな、妹が。

  • 白川紺子さんは大好きな少女小説作家さんで、思わずいつも作者買いしてしまう作家さんの一人です。
    とにかくその、丁寧で読みやすい柔らかな筆致と、乙女な世界観に、いつも魅了されてしまいます。
    一般書というか、コバルト以外からの本は初めてだと思うので、作風とかどうなるのかなと思いましたが、心配することもなく、いつもの紺子さんのテイストでした。なんという安定感……!

    京都の下鴨。
    旧華族の家柄の娘である野々宮鹿乃は、両親を早くに亡くし、骨董商である兄の良鷹と、下宿人の若き大学准教授、八島慧と暮らしている高校生だ。
    祖母に育てられた鹿乃だが、その祖母の着物をしまっている蔵を整理していていたら、着物に不思議なことが起きて……??

    というあらすじから始まる連作の短編集です。
    読んですぐに、「あ、これ私の大好きな紺子さんの「リリー骨董店に似てる! というかその日本版」と思いました。

    主人公の鹿乃ちゃんの京言葉がたまらなく可愛く見え、挿絵はないけれど、着物姿も可愛いのだろうなと思わせる子で、好感度高いです。脇を固めるふたりの男性、兄の良鷹といい、同居人の慧ちゃんといい、いい味出しています。特に紺子さんは、兄キャラを書かせたら光るな! と今回確信しました。良鷹お兄ちゃん、いい味を出しています。

    題名の、アリスと紫式部って組み合わせってちょっと意外だなと思ったのですが、この本には、アンティーク着物の他に、和洋様々な文学作品がモチーフとして出てきて、これ、本を読む女の子なら、たまらないお話だろうなあって思いました。紺子さんの乙女な世界観、大好きです。
    ほのかに少女小説テイストなところもあり、鹿乃と慧ちゃんの微妙な距離感とか、鹿乃のおばあちゃんとおじいちゃんのエピソードとか、たまらなかったです。気の強い女の人にはまってしまいそうです。
    個人的には、もっとこのキャラたちのお話を読みたいって思います。
    続編を希望するような、そんな素敵なお話でした。
    おすすめです。

  • とても読みやすい話でした。
    休み毎にお着物で過ごす高校生、とても粋だし素敵だなと思うけれど、実生活ではなかなか現実的には感じられない。浴衣ならわかるんだけどね。
    シリーズ改めて読みます、で星4つ

  •  緩やかに流れる日常とはんなりとした京都弁が素敵。アンティーク着物をはじめ、乙女ゴコロをくすぐる設定やら登場人物やらで気軽に楽しめます。
     シェイクスピアのソネットを使って想いを伝える、なんて現代では気障ったらしい以外の何物でもありませんが、家柄が大切だった時代では実らなかった恋ということも含めてロマンチックね。
     お祖母ちゃんの日記は年甲斐も無くドキドキしました(*´∀`*)ツンデレ…最高。
     主人公のお兄さんは古物商ということで、それこそ思いの宿った品物を扱った話がスピンオフで読めると楽しい。

  • 読み始め…17.2.26
    読み終わり…17.2.27

    京都・下鴨──。
    旧華族である野々宮家の高校生鹿乃は
    古びた洋館に住み、休日には
    祖母のおさがりの着物を着て過ごすほどの
    アンテークな着物が大好き。
    同居している兄・良鷹と
    下宿人の慧、そして鹿乃との三人が
    アンティークな着物を巡って織りなす
    ミステリー。

    着物好きにはたまらないですね♪
    ましてやアンティーク...ヴィンテージ...
    ノスタルジー...セピア...古風...
    そんな空気が漂う
    これまた大好きな世界観の中に、
    古典文学が絡むという摩訶不思議な
    ゆる~いホラーストーリーが
    ファンタジックで味わい良くて♪

    京都弁に猫。
    それにお祖母ちゃんなところもいいです。
    カバーデザインとイラストも...

    すべてに心くすぐられます。

  • 子供の同級生のお母さんが好きなようで…一度、どんなもんか…と買ってみました。アリスに紫式部…の取り合わせも私には魅惑的でした。

    読んでいくと…そこは異世界!京言葉に京都の旧家!着物を着る高校生の少女!現実世界との余りの距離感を感じるが…。でも好きな世界です。なるほどねー…て感じ。

    さてはて、本書は分類的にはライトノベル…みたいですが、内容は源氏物語やシェークスピア等、古典のエピソードを描いている。←ま、そこらへんがオトナ女子が読むのにも自己満足、自己陶酔できるわけですが…。3話の星月夜は和歌がモチーフになっている。右京大夫を検索したら、平安時代!平清盛の時代!平家物語の時代…1話の源氏物語モチーフと何だが「対」な感じもするなーと。そして、星月夜の白猫は、丁度1念前のドラマ、スミカスミレを彷彿とさせる!あのドラマのキュンキュンした感じに通じる乙女感♡。まあ、ここらへんがラノベーな感じかな。

  • シリーズで出てたので気になって借りてみた一冊。
    私、実は着物を普段着に着てみたいという憧れがあり、この主人公の可愛い着物を見てみたくて仕方なくなりました!

    時代は繰り返すじゃないけど、着物いいと思うなぁ。柄や帯にストーリーがある。というのもとてもいい!!

    内容もさることながらそういう着物視点で楽しめた一冊。

    着物にまつわる幽霊退治?みたいなのがストーリーの核となっており、どうしたら成仏するのかー?みたいなそんな可愛いらしい幽霊退治?のやうな作品でした!

    読みやすく可愛い!!表紙もオシャレで、なんだかとっても女心を刺激する一冊です!

  • 着物を着たくなった。美味しいものもたくさん出てくるし、文学も骨董も……なんて盛りだくさんなんだ!全く予想外に面白かった。描写も良かった。

  • 着物の柄にまつわる謎×文学ネタの物語。

    さっくり読めて、ちょっと古典なんかに触れたりできて、おもしろかった。

  • 柄が変わる着物や泣き声がする着物など、祖母が残した曰くつきの着物を、孫の鹿乃がその謎を解いて元に戻そうとするお話。身近な京都が舞台なので、親しみやすさもあり、はんなりとした雰囲気もよかった。次も読んでみようと思うくらいには面白かったです。鹿乃がやってる、テーマを決めて着物をコーディネイトするっていうのに憧れるなぁ。着物なんぞ一枚も持ってないけども・・・。

  • 「下鴨」って、いい名前ですよね、なんか。
    森見さんの小説にもよく出てくるし、「下鴨茶寮」ってお店もなんか入りたくなっちゃう(笑)

    なのでこの「下鴨アンティーク」も、最初は完全に名前で手に取りました。

    私は本当は、非現実的というか、この話でいえば着物から泣き声が聞こえるとか、そういうのあんまり好きじゃないんですが、これはなぜかすんなり読めるんです。
    悪い人が全然出てこないからかな。

    源氏物語とかシェイクスピアとかの文献を紐解いて……という内容なので、ちょっと「ビブリア」を思い出します。
    オレンジ文庫って割と低年齢向けのシリーズなので、若い子たちがこれを読んで、次に源氏物語に興味持って読んでみたりとか(まずは「あさきゆめみし」あたりから)するといいな、なんて思います。

    ここに出てくる着物もそうだけど、鹿乃や慧が作る料理もおいしそうで、そんな食卓を想像するのもまた楽しいです。

  • アンティーク着物にまつわる話、というところに興味をひかれつつ、軽いお話かな?とあまり期待せずに購入。京都は下鴨を舞台に、祖母が遺した着物に関する謎を解決していくお話。テーマに沿った着物の描写や、同居人の准教授が小出しにする蘊蓄にあっという間に引き込まれる。続編も期待大。

  • 初めましての作家さん。
    舞台は京都。メインキャラは高校生の鹿乃。
    年の離れた兄。ぐーたらだけど美形で骨董商。
    兄が10年ほど前に連れてきた美形の友人の慧。
    3人が住まう野々宮家は旧華族。母屋は古い洋館で、
    大正時代にイギリス人建築士の設計で建てられた。
    ある日、祖母が蔵にしまっていた着物を出したことで
    不思議な現象が起きる。
    着物の柄をめぐる3つのアンティークミステリー。
    軽くて読みやすくて楽しかったです。

    「星月夜」が一番好き。
    お祖母ちゃんとお祖父ちゃんの若かりし頃のエピソード。
    ウルっとするくらいキュンキュンしました。
    着物の柄に想いをのせるってのが粋ですねぇ~
    センスの良さが窺えます。
    それをちゃんと理解できてるお祖父ちゃんもステキ

  • これすごく好き…!
    京都、着物にまつわる謎、そして副題になっている「アリスと紫式部」…と惹かれるキーワードだらけで気になってたんだけど期待通りに好きなものだらけで楽しめました!
    鹿乃ちゃんの着物コーディネート実際に見てみたいなー着物詳しくなりたいです

  • うっわ~っ (//∇//) 、3話目の『星月夜』での主人公の亡くなった祖母・芙二子さんの日記は読んでるこっちも照れる照れるぅ。究極のツンデレw。全体を通しての京言葉や着物の柄あわせ、文学的要素など趣もあって良い雰囲気です。男性陣も出来過ぎなくらい少女小説的ツボを押さえてますww。特におじいちゃん(笑)。ウハウハ♪

  • 着物好きの高校生・鹿乃と、大学の先生の慧ちゃんが、お祖母ちゃんが遺した着物の謎を解いていく。
    今まで古書や古い時計、絵画に纏わる謎解き話を読んで来たけど、着物は初めて。その着物たちも、柄の源氏車が壊れたり、泣いたりと、自己主張が強い!ちょっとファンタジー、少し間違えればホラー(笑)しかし、京都を舞台に、慧ちゃん以外の登場人物は京言葉を使っているから、ゆったりとした雰囲気です。
    登場人物も鹿乃、慧ちゃん、お兄ちゃんの良鷹、回想の中のお祖母ちゃんに抑えられているところも良い。
    鹿乃は慧ちゃんのことが好きだけど、慧ちゃんは。。。?ライバルになりそう?な春野の出現に、モヤモヤしている感じだけど。。。

    お祖母ちゃんが遺した蔵の着物は、まだたくさんあるようだし、物語も続いていくのだろうか。
    スタート時点では高校2年3月だったけど、終わったところでは高校3年生。徐々に月日を重ねて、高校を卒業したらどうなるのだろう。

    3話目の「星月夜」のお祖母ちゃんとお祖父ちゃんのエピソードは、鼻血を噴きそうでした。

  • 久々に少女小説っぽい話を読みました。うーん、さらりとは読めますが、今回同時期に発売された谷さんのシリーズを念頭に置くと、ちょっと物足りない気がしました。

全89件中 1 - 25件を表示

白川紺子の作品一覧

白川紺子の作品ランキング・新刊情報

下鴨アンティーク アリスと紫式部 (集英社オレンジ文庫)を本棚に登録しているひと

下鴨アンティーク アリスと紫式部 (集英社オレンジ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

下鴨アンティーク アリスと紫式部 (集英社オレンジ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

下鴨アンティーク アリスと紫式部 (集英社オレンジ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

下鴨アンティーク アリスと紫式部 (集英社オレンジ文庫)の作品紹介

京都、下鴨。高校生の鹿乃は、両親を亡くし、今は兄と下宿人の慧と三人で、古びた洋館に住んでいる。ある日、鹿乃は「開けてはいけない」と言われていた蔵を開けてしまう。次々に不思議なことが起き…!?

下鴨アンティーク アリスと紫式部 (集英社オレンジ文庫)のKindle版

ツイートする