ソルティ・ブラッド -狭間の火- (集英社オレンジ文庫)

  • 43人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (3)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 毛利志生子
制作 : 田倉 トヲル 
  • 集英社 (2015年4月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086800174

ソルティ・ブラッド -狭間の火- (集英社オレンジ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちょっと前のめり気味の主人公。
    かっちりした雰囲気で捜査が中心になっているので、もうちょっと他の部分も描いて物語にゆとりが出来ると良かったかな。
    吸血鬼設定も無くても良かったんじゃというくらいなのが残念。

  • タイトルの意味に気づいて「ああ、なるほど!」となった。結構おもしろかったです。

  • ん~なんかおしい。

全3件中 1 - 3件を表示

ソルティ・ブラッド -狭間の火- (集英社オレンジ文庫)のその他の作品

毛利志生子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ソルティ・ブラッド -狭間の火- (集英社オレンジ文庫)はこんな本です

ソルティ・ブラッド -狭間の火- (集英社オレンジ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ソルティ・ブラッド -狭間の火- (集英社オレンジ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ソルティ・ブラッド -狭間の火- (集英社オレンジ文庫)の作品紹介

京都府警刑事課に所属する新卒キャリアの宇佐木アリスは、ある放火事件の捜査を担当することに。深く真相を追うにつれ、それが人間の血を食料とする、奇妙な生態を持つ者が関わっていることが判明し!?

ツイートする