下鴨アンティーク 祖母の恋文 (集英社オレンジ文庫)

  • 378人登録
  • 3.78評価
    • (20)
    • (46)
    • (38)
    • (3)
    • (0)
  • 30レビュー
著者 : 白川紺子
制作 : 井上 のきあ 
  • 集英社 (2015年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086800518

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
三浦 しをん
坂木 司
有効な右矢印 無効な右矢印

下鴨アンティーク 祖母の恋文 (集英社オレンジ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 物語は真っ直ぐには展開してはくれない。
    蔵の着物の謎解きを軸にして
    物語は末広がりに紡がれ始め
    野々宮家の兄妹や慧に繋がる人たちが
    紡がれた羅紗の綾模様のように現れては消える。

    作者はどこまでの広がりを
    この物語に用意しているのだろうか。

    心地よさに読み続けてきた物語の色合いが
    玉虫の羽のように 光と影の中で変化してゆく。

    深い。底知れぬ深さに
    今さらながらに身震いがとまらない。

    話は変わるが。

    野々宮家で3人が交代で作る夕食が興味深い。
    季節の野菜の彩りだけでなく その下処理や
    調理法まで 食べることへの敬意と造詣を
    感じさせる。間違いなく美味しいだろう。
    下鴨アンティークを読み続ける 私の
    もう一つの楽しみである。

  • 恋文?と思ったら安定のツンデレおふじさんで安心(笑)
    美人で有名だったとかの彼女に似ているんだから、かなりの美少女のはずの鹿乃ちゃんに自覚がないのは、祖母とこの兄とこの慧ちゃんに育てられたからだと思われます。浮世離れし過ぎているのが巻を追うごとにはっきりしてくるという。
    今回は、初めて自分だけで(友達は巻き込んだけど)蔵の着物を解決した鹿乃ちゃんと、自分の過去と向き合ってきた慧ちゃんと、実はセンチメンタリストだった良隆それぞれのお話ですね。それも、どれも、今までの平穏から壊れつつある。
    今のままではいられない、という緊張感を感じます。
    真帆ちゃん、ごめんだけど、良隆お兄ちゃん頼むよ。(笑)

  • 3話目の『山滴る』では、何やら慧の生い立ちに曰くがありそうなので今後の展開が気になるところです。それに一見優しげな春野のどこに鹿乃が怖いと感じるのか、それも気になります。4話目の『真夜中のカンパニュラ』は今までの鹿乃の着物関係の謎解きとはテイストが違って新鮮でした。後味の悪いものではありましたが。また、最後の方に付いている人物イラストが、私にはイメージが程遠く違っていて残念。表紙や扉絵のようなイラストだけで充分。

  • 妹より譲受本。
    シリーズ2、3作目をまとめてもらっていたけれど
    間違えて2作目を飛ばして3作目を先に読んでしまった(^^;)

    おばあさんの残した古い着物が巻き起こす、不思議な現象は
    1作目読んだときはなかなかついていけなかったけれど
    慣れてきて、楽しみになりました。

    おばあさまのツンデレ感がすごい。

    グータラなお兄さんが、いつもと違う一面が。

    (京都に滞在中に読み、下鴨神社にも行ってきました!)

  • シリーズ3作目。安定の面白さ。
    古い着物が巻き起こす奇怪な現象は完全にファンタジーなのに、その一つ一つの事件が抒情的で物悲しく美しい。
    祖父母の若かりし頃の恋愛話は相変わらず素敵です。ツンデレ祖母が可愛い。
    慧の心情に変化が出てきたり、良鷹の切ない初恋(?)や春野の不思議っぷり。今回は主要男性キャラたちに動きがあってとてもよかった。
    鹿乃の恋愛観も謙虚で良いですね。
    次巻も楽しみです。

  • 春野さん思ってた人とちょっとちがった!
    鹿乃と慧の進展にはこの人がカギになってきそう
    なんか悔しいけどやっぱり良鷹好きだなー

  • シリーズ3作目!
    今作は、真夜中のカンパニュラが切なくて、でもそこには愛があって少し泣けました。

    そして、祖母の恋文がパワフルでクスッときます。パワフルだけどヤキモチ妬きで可愛いおばあちゃんにほっこりしました。

  • 真夜中のカンパニュラがよかった。せつないけど。

  • さらに面白かった。亡くなっているはずのおばあさまがエネルギッシュでパワフルで、最高に良い。怠け者のお兄ちゃんの冒険も切ない。

    個人的には、最後のイラスト集は不要だった。自分のイメージを固定してしまいそうなので、見たくない。

  • 【下鴨アンティーク3作目】今回もラストは良鷹と真帆。そうか、真帆には彼氏がいたのか。そして悲しい話。慧の出番が少なくて少し残念だったけど慧の寂しさが伝わってくるし良鷹も慧の気持ちはわかってるのかな。それにしても春野が鹿乃に白薔薇ねぇ。慧にもライバル?まぁ鹿乃には嫌われてしまったみたいなので進展はないかな。これから慧と父親との詳しい話なんかも出てくるだろうし今後の展開にも期待したい。

  • 京都を舞台とした、いわくつきの着物の管理をする高校生の鹿乃と、その兄・良鷹、大学教授の幼い頃からの同居人・慧、そしてその友人や、ヒロインの祖母などが絡む人情譚、3巻目。
    残された着物に宿る、消えない思い。時を超えて明らかになるその思いはどこにあるのか…
    ホンワカする物語だけではななく、ほろ苦かったり、やるせなかったり…人情譚という言葉がぴったりのお気にりのシリーズ。
    ヒロインの成長とともに、戸惑う兄&慧の反応が良いです。
    特に子供として見ることが難しくなってきた慧の混乱ぶりがクスっと笑えます。
    とはいえ、物語は着物の問題を軸にした登場人物達の人間関係が織りなす情緒あふれる物語なので、恋愛の歩みの遅さはご容赦くださいませ。
    あらすじなど下記
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4929.html

  • いわくつき着物のミステリー第3弾。
    今回も面白かった。
    今回は、鹿乃がちょっとただけお兄ちゃん達離れをしたかな。まぁ、すんなりとは離れて行かないお兄ちゃん達だけど。
    おふじさんのツンデレも相変わらずの愛おしさ。
    慧ちゃんの出番が少なかったけど、お菓子の家とか作っちゃうあたりかなりの甘々っぷりで本領発揮。
    良鷹が主役のお話は今までにない哀しさ。いわく付きの着物だけあって毎回哀しみは付いてくるのだけど、今回のは計り知れない。最後には良鷹の手によってちょっぴり救われたけど、読後にダメージが残る。

    最後のイラストはなんで載せたんだろう。表紙と扉絵が凄くいい分やめてほしかったなぁ。肝心の着物の柄がちゃんと描かれていないのが残念。

    それにしても1年に3冊。シリーズものでこのペースはありがたい。どんどん読みたい。

  • 積ん読からようやく。

    読み始めるとサクサク読めるんだけどな。好きな本は積ん読にしておくのも好きなんだよな(笑)

    憧れの京都、アンティークな着物、ミステリーはやっぱり好き。
    この人間模様も好き。どうなるんだろ。

    続きも出たら買うぞ。

  • 安心して今回も読めた。
    慧の出番が少なかったけど、良かった。
    このシリーズはほっこりするし、京都に行きたくなるし良い本。

  • 下鴨の古い洋館に暮らす旧華族の少女、鹿乃とその兄と友人の日々を描いたシリーズ三作目だ。
    蔵に祖母が遺した「いわくつき」の着物や帯の謎を解き「虫干し」をする顛末を連作短編として収録している。
    少女小説らしく、鹿乃と慧の関係がもどかしくも甘く、ほほえましい。

    かといって、ほんわかした甘いだけの話かというとそうでもなくて、遺された着物がつくられた時代が大正や昭和初期ということもあり、戦争や、往時の世風により、たわめられたり辛く悲しかったりする過去が語られしんみりとする。
    謎解き自体は難しいものではなく、文学ミステリーと少女の成長物語ともつかない、淡い独特の作風が好きだ。

  • 下鴨アンティークシリーズ第3弾。
    毎回表紙がかわいい。
    こんな柄の文房具が欲しい。

    今回のテーマは「手紙(文)」かな。

    タイトルの小話は、ファンタジー要素は薄めだけど、ツンデレお嬢もとい若かりし頃の祖母の手紙。
    昔の自分だったら素直じゃないなぁ、反応に困るなぁと感じただろうけど、大人になると、これくらいのわがままはキュンの元なんですが!

    他に、もう一人の鹿乃の友人、梨々子の祖父と金魚の着物のお話
    梨々子の葛藤もちょっとわかる。
    てっきりラノベっぽい天真爛漫な子かと思ってたけど、なんというか、普通の子だった。

    気の強い母に、仲いい友達やお世話になった祖父の事を悪く言われてムッとしたり、でも表面上ハイハイって聞いとかないと家庭内が荒れて面倒なことになるから、おとなしくしておかなきゃとか。
    家族でも、反りが合わないってあるけど、自立してない状態で家族と喧嘩するのってエネルギー使うよね。
    このやりとりで、普通って言葉は自分基準の話だから、なるべく使いたくないと思った。

    3話目。ブラック春野さんの片鱗が見え隠れする。の巻。
    バラが標準装備かよって私も思った(笑)
    男慣れしてない子にそんな攻め方したらそりゃ全力で逃げるよ!恐怖だよ!
    鹿乃に対する態度って、好意より、好奇心って感じがする。警戒心バリバリの鹿乃に入り込む余地はあるか今後に期待。

    最後は真帆&良鷹ミステリー。良鷹の初恋の君の心残りについて。
    鹿乃のターンで出せない華族社会の闇とかここで出してくる。姦通罪なんて、もはや携帯で変換もされない言葉だけど、第二次世界大戦の終戦時まで生きてたんだ。
    女性の参政権含め、男女平等の歴史が浅いのかと驚く。
    こういったダーク要素も、淡々とした態度の真帆の視点だから、ちょっとゾクッとした程度で住んでいる気がする。
    恋愛感情は一切ないと言い切った真帆と良鷹のサバサバコンビは続きそうだなぁ。

  • 2017/4/29宝塚西図書館から借りた。

  • シリーズ第3弾。ライトノベルと見せかけてへヴィーな内容があるので要注意。

  • シリーズ3冊目。着物よりも登場人物の思いにスポットが当てられていて、アンティークの影が薄くなっている気がします。
    「金魚が空を飛ぶ頃に」鹿乃の友達の梨々子の話。梨々子の意外な家庭環境が明らかに。
    「祖母の恋文」相変わらずおふじさんはツンデレ。
    「山滴る」三角関係の話らしく新たな思いが動き出したようです。春野のどこが植物めいているのか未だに謎。
    「真夜中のカンパニュラ」良鷹が解決する話は、鹿乃が解決する話より闇が深い気がする。野々宮家の家職は陰陽道だったらしく、だから不思議な事が起こる物を集めて解決していたのかと納得した。

    巻末のイラストはいらなかった。

  • ライトテイストだと思って油断してたらヘビーなのがあるのでご注意ください。。

  • 語られるエピソードのひとつひとつは結構ヘビーなことに気が付きましたが、登場人物たちのおかげで、あまりチクチクしない気がします。今回は、おふじさんにほっこりし、「山滴る」の思いにうるっときました。最近、涙腺が弱いです。

  • 着物に残された人の気持ちを追うストーリー自体はすぐに消えてしまうように淡い。
    鹿乃を中心にした恋は変化の兆しもあって今後が楽しみ。

  • ああ・・・。読み終わってしまった・・・。

    前述の通り、図書館に購買のリクエストをして手元にやってきたサラッピンの文庫。
    そらもう、手触りも匂いも相当のもんやけど、それ以上に内容が素敵やった・・・。

    (いろいろツッこみどころがある)

    すんごい面白かったー!
    著者はやっぱりコバルトであれこれシリーズを出してはるみたいやねんけど、うちの市はライトノベルの蔵書が少ないねんなあ!!
    20年ほど前の新座図書館はかなりの蔵書で、すごい助かったのに・・・。

    まんが並みにさらさらっと読めてしまうライトノベルを買う気にはなかなかなれないのよぅ・・・。

    読みたいなあ・・・・・・・。

    今回の「真夜中のカンパニュラ」なんて、オカルトどころの話じゃなかったよ。
    非道いっちゅうか、
    「ああ・・・80年代・・・」
    ちゅう具合のネタ。

    そもそも、鹿乃(女子高生)のお祖母ちゃんが戦争体験者のようで、アンティーク着物にまつわる話なので余計、太平洋戦争が話に絡んでくるんやとも思うけど、

    祖母が戦争体験者というあたりで、すでに対象年齢が私らのような気がする・・・。

    そら、なんぼ読んでもストライクだよ・・・。
    ほんまに90年代にコバルトを読んだ世代にはグッときすぎる話と設定なんやと思うよ・・・。

    今回は、鹿乃を子どもとして見れなくなっている自分自身に戸惑う慧の描写がチョイチョイあってさー・・・。

    オイオイオイオイ年の差設定ここで発動!? みたいなね!!

    年の差あかんよね。
    これももうもれなくひっかかるよね!?

    だって、読み始めたころはマヤちゃんよりも年少やったはずが、いつのまにか真澄さまの年齢も通り越し、最早月影先生に近づいてきてね!? @ガラ仮面

    ちゅう世代ですやん!! 私らって!!

    大学准教授の慧ちゃんと高校生の鹿乃なんてもう、キュンキュンしてまうっちゅうねん。


    しかもこの本の最後には、慧の(離婚した)父親がチラッと登場したりして、

    「あー、もう、早く、続き!!」

    ちゅう具合。(もうほんまに。細部忘れてまうからほんまに早く読みたい)


    表紙もタイトルの表紙も、ほんま好き。
    すごい秀逸なデザインすぎて、ずっと見てても飽きひん・・・。昨今はこういうのを「レトロ柄」っていうんかもしれへんけど、私ら世代にはほんま、子どものころ
    「うわー・・・」
    と、思って見てたような柄(イラストというより、柄。笑)やと思う・・・。
    そうか、私、こういうのが好きなのか・・・。何やの

    ほんで巻末には「初出cobalt」と、注釈付きのイラストが数点記載されてました。
    ん? ちゅうことはこの話は書き下ろしじゃなかったのか。
    ほんまにcobaltに収録されていた話を、コバルト文庫ではなくてちょっと大人向け(?)に出版したって感じやねんね。

    またこの挿絵が・・・。
    いかにもcobalt!! ちゅう具合で(いい意味で)、わりと挿絵不要派の私でも

    「うわあイメージピッタリ・・・」

    と、思ってしまいました。
    うんもうこのシリーズに関しては、どこまでも30年前のキュンを大事にするよー!!

    いやいや、内容もほんま好き。
    すっかり群像劇風になってるのも私の好みやし、今回は梨々子ちゃんの家庭環境がとても意外やったわ。

    鹿乃はもちろん、梨々子ちゃんといい奈緒ちゃんといい、明るく見える彼女たちも、いろいろあるのね。
    ちゅうか、内にいろいろ秘めてるから馬があったのかもしれへんな。

    でも、女子高生のとって、家庭環境っていうのは大きく影響を及ぼすと思うけど、この先の未来は彼女たちでどんなふうにでも変えられるんやな、って思った。
    こうありたい、っ... 続きを読む

  • 魔法のような不思議なことが起こる着物がたくさんしまわれている蔵。
    その管理を亡くなった祖母から任された高校生の鹿乃のシリーズ第三弾。

    祖母が祖父に書いた恋文にからんだ着物の話や、兄の良鷹が毎年夏を別荘で過ごす理由、バラを育てている春野の本心など、伏線が明らかになる話が出てくる。

    孫とおじいちゃんの話が最初なのだが、孫とおじいちゃんの組み合わせだけで泣ける。
    そういうのが弱い人は電車や公共の場で読まない方がいいです。
    私は号泣して大変でした。

  • 恋文騒動、おばあちゃんらしいなぁ。

    なんだか、目に見えてくる。

全30件中 1 - 25件を表示

白川紺子の作品一覧

白川紺子の作品ランキング・新刊情報

下鴨アンティーク 祖母の恋文 (集英社オレンジ文庫)を本棚に登録しているひと

下鴨アンティーク 祖母の恋文 (集英社オレンジ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

下鴨アンティーク 祖母の恋文 (集英社オレンジ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

下鴨アンティーク 祖母の恋文 (集英社オレンジ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

下鴨アンティーク 祖母の恋文 (集英社オレンジ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

下鴨アンティーク 祖母の恋文 (集英社オレンジ文庫)の作品紹介

高校生の鹿乃は、蔵にある“いわくつき"の着物や帯の管理を亡き祖母から引き継いだ。ある日、祖母が懇意にしていた骨董店の店主から、祖母が祖父に宛てて書いた「恋文」の存在を知らされて!? 第3弾。


下鴨アンティーク 祖母の恋文 (集英社オレンジ文庫)のKindle版

ツイートする