鍵屋甘味処改 5 野良猫少女の卒業 (集英社オレンジ文庫)

  • 86人登録
  • 3.81評価
    • (2)
    • (18)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 梨沙
制作 : ねぎしきょうこ 
  • 集英社 (2017年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086801157

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

鍵屋甘味処改 5 野良猫少女の卒業 (集英社オレンジ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最終巻発売後に作者のサイトでイチャイチャSSが掲載されてましたけど、あれを何故本編に入れなかった…?

  • シリーズ完結巻。
    オマエラとっととくっついちゃえよとヤキモキしながら読んでたお話も終わりだなと思うと寂しい。

    あっちの恋愛やら、そっちの恋愛話が片付きそうな一方で親子喧嘩も決着。
    淀川母のキャラクターが強烈で、よく淀川父と結婚続いてるな、と。この二人の若かりし頃の恋愛話を読んでみたい気もする。
    この巻では淀川さん(成人男性)の恋愛偏差値が一気に上昇したなと、しみじみしてしまった。
    残念なのは駆け足だったような気がして、もっと歳の差イチャイチャを見ていたかったなぁと。

  • 1番初めの天才鍵師と野良猫少女の甘くない日常からずっと読み続けていたぶん、もう終わったのかという寂しさがありました。
    健気でまっすぐなこずえちゃんの姿はこの巻でも、とても可愛かったです。淀川さんとのコンビネーションも相変わらず最高でした。

  • 間を飛ばしてよく言った!人として好きあうだけじゃなく、甘味処の対応だったり鍵師としての助手・弟子の前提があるから読者側も応援できるのだと思う。シリーズ最初は歳の差設定に違和感もあったけど、いい感じの結末で良かった。(ただし、スクール水着はアウトでしょ。)

  • シリーズ完結編ということで、少し強引すぎ・・・。

  • 【鍵屋甘味処改 5作目・完結】好きなシリーズが完結になってしまって寂しい。数年後の設定でまた出会えないかなと期待。元カノが登場して掻き乱してくれたり、今更ながらに祐雨子との微妙な関係がきちんと清算され、家族とも和解。そしてラストで物凄く色んな事をすっ飛ばしてとか…なかなか吃驚したけど楽しく読めた。

  • 最終巻なので、もう少し甘味成分が欲しかった……。
    もう短編集とか出ないですかね!?

全7件中 1 - 7件を表示

鍵屋甘味処改 5 野良猫少女の卒業 (集英社オレンジ文庫)を本棚に登録しているひと

鍵屋甘味処改 5 野良猫少女の卒業 (集英社オレンジ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

鍵屋甘味処改 5 野良猫少女の卒業 (集英社オレンジ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鍵屋甘味処改 5 野良猫少女の卒業 (集英社オレンジ文庫)の作品紹介

テストなどを終え、鍵屋へ顔を出したこずえ。祐雨子のことは気になるが、久々に淀川と会えてうれしい。そんな中、淀川の元カノが現れる。過去に苦しむ淀川と、彼を見守るこずえは……? シリーズ完結!

鍵屋甘味処改 5 野良猫少女の卒業 (集英社オレンジ文庫)はこんな本です

鍵屋甘味処改 5 野良猫少女の卒業 (集英社オレンジ文庫)のKindle版

ツイートする