猫だまりの日々 猫小説アンソロジー (オレンジ文庫)

  • 87人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : ねぎしきょうこ 
  • 集英社 (2017年12月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086801676

猫だまりの日々 猫小説アンソロジー (オレンジ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 購入。

    これはもう、買うしかない!と思った。半分以上の作者さんは既存、知らないにしても猫だし!(笑)
    案の定、楽しく&切なく読了。なんで猫ってこうも物語になるのでしょう。
    特に青春時代にハマって読んでいた作者・真堂樹先生の作品はもう切なくて!出先で読んでいたけど、泣きそうになった。ツラいよ!でも幸せになって欲しい!(笑)
    猫アンソロジー、とても満足してます。ありがとう。

  • 猫の本出せば売れると思ってません?(何だカンダ言っても買っちゃうんですけどね)

    集英社のPR
    職を失った男のもとへやってきた猫、かつて飼っていた猫に会えるというホテル、猫飼い放題の町で出会った二人、猫が集まる縁結びの神社、死後に猫となり妻に飼われる男──猫にまつわる五つの物語。
    http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-680167-6&mode=1

  • 猫のように自由に。
    猫のようにしなやかに。
    猫のようにしたたかに。

  • 充実の猫づくし。どれも面白かった。椹野さんのこれはもう別レーベルで是非1冊読みたい。でへへ。一穂さんのは関西弁が強烈。しかしまんまとヤられましたよ。猫町クロニクルは死ネタがちょっと…だけど。縁切りにゃんこも展開が新鮮で興味深かった。

全4件中 1 - 4件を表示

谷瑞恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
坂木 司
有効な右矢印 無効な右矢印

猫だまりの日々 猫小説アンソロジー (オレンジ文庫)に関連する談話室の質問

猫だまりの日々 猫小説アンソロジー (オレンジ文庫)はこんな本です

猫だまりの日々 猫小説アンソロジー (オレンジ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

猫だまりの日々 猫小説アンソロジー (オレンジ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

猫だまりの日々 猫小説アンソロジー (オレンジ文庫)の作品紹介

職を失った男のもとへやってきた猫、かつて飼っていた猫に会えるというホテル、猫飼い放題の町で出会った二人、猫が集まる縁結びの神社、死後に猫となり妻に飼われる男──猫にまつわる五つの物語。

ツイートする