悪への招待状―幕末・黙阿弥歌舞伎の愉しみ (集英社新書)

  • 50人登録
  • 3.85評価
    • (8)
    • (7)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 小林恭二
  • 集英社 (1999年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087200041

悪への招待状―幕末・黙阿弥歌舞伎の愉しみ (集英社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 黙阿弥についてよく理解できる本。南北との違いにも触れていてわかりやすい。つぎに三人吉三を見るときには、直前にもう一度読みたい。

  • 歌舞伎を解りやすく解説するため、現代の若い女性と男性がタイムスリップしたという少し物語仕立てになった本です。歌舞伎だけではなく、幕末の流行ファッション(?)なども学べる異色の一冊。オチに驚きました。

  • 2008.12.6~12読了

  • [ 内容 ]
    頽廃の香り漂う江戸・幕末。
    現代の渋谷に遊ぶ若者ふたりをしたがえ作者ともどもその時代へタイムスリップ。
    「運命悲劇」の傑作・河竹黙阿弥の「三人吉三」をテキストにして、歌舞伎の愉しさをたっぷり味わってもらう趣向。
    「月も朧に白魚の…」などの名セリフを織りまぜながら、幕末の風俗、時代背景、歌舞伎をめぐる諸事情、そして江戸庶民の哀しみまでをも活写する。
    悪の魅力に酔いしれながら、歌舞伎が持つ力を現代に甦らせた、著者入魂の新しい歌舞伎論。

    [ 目次 ]
    第1章 いざ、幕末江戸の芝居小屋へご招待(まずは形から;いざ出発 ほか)
    第2章 「稲瀬川庚申塚の場」(稲瀬川庚申塚の場;真女形・岩井条三郎 ほか)
    第3章 「葛西が谷夜鷹宿の場」&「高麗寺前の場」(パロディ;おとせと十三郎 ほか)
    第4章 「御輿が嶽吉祥院の場」(次第に明らかになる真実;お坊、死ぬ決意をする ほか)
    大切

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ☆未読。備忘録として。

  • 歌舞伎の堅苦しいイメージが簡単に崩れます。
    江戸時代にタイムスリップしたみたいだ!!
    とっても読みやすい新書です。

  • これを読むと「三人吉三」が猛烈に見たくなる。歌舞伎ガイドとしても絶妙。

全7件中 1 - 7件を表示

小林恭二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
谷崎 潤一郎
遠藤 周作
宮部 みゆき
吾妻 ひでお
ヴィクトール・E...
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印

悪への招待状―幕末・黙阿弥歌舞伎の愉しみ (集英社新書)はこんな本です

悪への招待状―幕末・黙阿弥歌舞伎の愉しみ (集英社新書)を本棚に登録しているひと

悪への招待状―幕末・黙阿弥歌舞伎の愉しみ (集英社新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

悪への招待状―幕末・黙阿弥歌舞伎の愉しみ (集英社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする