沖縄、基地なき島への道標 (集英社新書)

  • 26人登録
  • 3.63評価
    • (2)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 大田昌秀
  • 集英社 (2000年7月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087200416

沖縄、基地なき島への道標 (集英社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 10年前に書かれた本にも関わらず
    いまだに同じ問題をひきづっているのは
    とても悲しいと思ったがその一方で、
    辺野古沿岸に基地ができていないのは
    本当に反対運動の賜物だと思った

    基地が必要であるならば国民全体で
    そのメリット、デメリットを話し合う必要があると思う
    その上で本当に沖縄に必要であるのであれば
    沖縄の人達も応じてくれるだろう
    それが真の民主主義というものだ!!

    一部の人の利権だけに、理不尽なことが起きている
    そう痛感せずにはいられなかった。

  • [ 内容 ]
    日本でただ一ヵ所、激烈な地上戦が闘われた沖縄。
    それは住民をも巻き込んだ悲惨極まる戦闘だった。
    そして戦後半世紀以上を経てもアメリカ軍基地の存在に苦しみ続ける沖縄。
    冷戦が終結してもなお、基地は必要なのか。
    普天間基地返還に伴うキャンプ・シュワブ沖への海上ヘリポート基地案の浮上。
    それはサミットという「アメ」との引き換えの新基地の押し付けでしかない。
    新資料を駆使して、日米の政治状況やアメリカの世界戦略をも考察しながら、前沖縄県知事の著者が、基地存在の不当性を訴える。
    基地なき沖縄の明るい未来を視野に入れながら。

    [ 目次 ]
    第1章 浮上する海上基地
    第2章 名護市への海上基地移設
    第3章 沖縄の米軍基地における特有の問題
    第4章 「サミット」後に向けて

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

大田昌秀の作品

沖縄、基地なき島への道標 (集英社新書)はこんな本です

ツイートする