フランス映画史の誘惑 (集英社新書)

  • 139人登録
  • 3.48評価
    • (5)
    • (18)
    • (22)
    • (1)
    • (2)
  • 12レビュー
著者 : 中条省平
  • 集英社 (2003年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087201796

フランス映画史の誘惑 (集英社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 映画監督を軸にフランス映画史を語っている。
    著者の映画への情熱が垣間見えて面白いが、一方でこの映画大したことなかったよなぁ、っていうのが、さも凄そうに語られていたりもする。
    ひとまずフランス映画が体型立てられたので、少しずつ幅を広げて見ていけたらなぁと思いました。

  • フランス映画はあまり詳しくないのですが楽しく読めました。この本で紹介されている映画を少しずつ見ていきたいです。

  •  フランス映画の魅力とはなにか。八歳のわたしの記憶に焼きついて、無意識のうちに温存されてきた孤独な青年と薄幸な少女のデートを描いたモノクロの物語とイメージが、時をおいて、幼女姦というおぞましい犯罪とともに思春期のわたしの意識の表面に浮かびあがる。許されない悪徳や妖美の世界にすべりこんでは興奮し、人生の底知れぬ謎をのぞき見ては戦慄した。

  • フランス映画を紹介した本。

    『アンダルシアの犬』『穴』『天井桟敷の人々』見てみたいな

  • 映画発祥の地フランス。常に世界の映画に多大な影響を与えてきたフランス映画への愛が感じられる一冊。
    これを読めば、フランス映画史の見取り図が頭に入ります。

    大分県立芸術文化短期大学 : 
    国際総合学科(フランス文化・表象文化論) 教員 永田道弘

  •  フランス映画に誘われる人は、その魅力をとかく「ハリウッド映画とは一線を画しているところ」に求めたがる。特に日本人は、フランスにやたらファッショナブルなイメージ、恋愛に近い幻想を抱きたがる傾向にある。ところがその変遷を追っていくと、実はアメリカ映画こそがフランス映画の形成に大きな影響を及ぼしたと分かるのだから、若干複雑な心境にはなる。

     フランス映画について知るということは、今までがっちり固定化してきたおフランス物という枠を、もう少しゆるく優しく持てる機会だ……


    <フランス映画というのもまた幻想…>
    http://khipu.jp/php5/show.php/47109

  • [ 内容 ]
    映画はフランスで始まった!
    そして、高度な文化・芸術・産業としてフランス映画はいまも、アメリカにおとらぬ重要性をもった作品や監督や技術者を生み出しつづけている。
    そもそもトリック撮影やアニメーション、犯罪映画など、映画の重要な分野を世界に先駆けて開拓したのもフランス映画だった。
    本書は、リュミエール兄弟による映画の発明から、ルノワールら巨匠たちによる往年の傑作、映画の革命ヌーヴェル・ヴァーグ、近年の大ヒット作『アメリ』まで、フランス映画百余年の歩みをコンパクトに紹介する最良の一冊である。
    アメリカの娯楽映画とは異なる、人間とこの世の真実への深い洞察にみちたフランス映画の世界へようこそ。

    [ 目次 ]
    フランス映画の魅力とはなにか
    映画の始まり―リュミエール兄弟とメリエス
    映画産業の成立―フィルム・ダールと犯罪映画
    映画芸術の深化―フランス印象派とアヴァンギャルド
    フランス映画の黄金時代―詩的レアリスム
    天才と巨人―ヴィゴとルノワール
    占領と解放―一九四〇年代のフランス映画
    フランス映画の安定期―フィルム・ノワールと運命のドラマ
    個性的な作家たち―ブレッソン、タチほか
    映画の革命―ヌーヴェル・ヴァーグ〔ほか〕

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • リュミエール兄弟から『アメリ』まで

  • めちゃ分かりやすい!ばいぶる。

  • 映画の始まりであるリュミエール兄弟からのフランス映画史をざざーっと述べている。ヌーヴェルヴァーグ以前に主に力点が置かれているので、フランス映画の入門編としては読みやすいかも。

全12件中 1 - 10件を表示

中条省平の作品

フランス映画史の誘惑 (集英社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

フランス映画史の誘惑 (集英社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする