フィンランド豊かさのメソッド (集英社新書 (0453))

  • 918人登録
  • 3.58評価
    • (66)
    • (128)
    • (173)
    • (14)
    • (9)
  • 160レビュー
著者 : 堀内都喜子
  • 集英社 (2008年7月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087204537

フィンランド豊かさのメソッド (集英社新書 (0453))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自然がいっぱいで、のんびりしてて、福祉制度が充実してて、サウナ発祥の地で、フィンランド語の他にも英語や他の言葉も喋れて、などなど、いろいろ分かった。

  • 赤ちゃんを
    雪が降っている家の外に出す(ベビーカーに乗せ毛布はかける)

    コーヒーを1日に何杯も飲む

    フィンランドの生活を教えてくれる楽しい本です

  • 特別支援的にはかなり近づいてきていると思える2016年。
    初版はは2008年。
    変化は早い。先進国のモデルがあれば、日本のシステムはすぐに変われるようだ。
    ただ、できてるのは枠だけ。これも日本や

  • 小論文の役に立つかなと思って読みました。
    学歴社会なんだけど、日本みたいに大学名が走ってくんじゃなくて
    実力とか知識がどれだけあるかが評価されるってのがいいなぁと思った 。
    だからこそ、大人になっても高校に行ったり、大学に行ったり、一生勉強してるってのがすげえいいなぁと思った 。再チャレンジ可能な社会!
    大学が無償っていうのもすごい。全校公立で、学校間で格差がないってのがすごい。日本は高すぎるよ〜
    日本の福祉も北欧に学べ!ってよく言うけど
    国民性も国の空気感も雰囲気も、日本とは違うのに
    福祉だけ真似るのは無理でしょって(笑)

    住み良いだろうな~おしゃれで、シャイで、素敵な国〜と思える本です

  • 3

  • フィンランドに留学した経験のある筆者が、
    フィンランドとはどういう国か、どういういいところがあるのか、日本との共通点はどういうところか
    など、日本ではまだなじみの薄いフィンランドという国について書いた本。

    フィンランドの教育制度や政治から、筆者の身近な人から聞いた体験談まで、全体像と細部が両方理解できる読みやすい本。

    自然豊かなフィンランドに行ってみたくなるし、時間が緩やかに流れているとか、憧れる要素がいっぱい。

  • 1:フィンランド語「シス」
    不屈の精神などの意

    2:フィンランドは学歴社会
    ただ、日本の場合と異なり、出身校や偏差値ではなく、どんな分野の学校で何を学んだのかが重要視される。

  • 一クラス平均25人?
    OECD対象国の中での最小クラスに入る。
    小学校は6年間、中学校は3年間
    新学期は秋に始まる。
    子どもに合わせて入学を1年遅らせたり早めたりできる。
    学校は完全週休二日制。5学期制。
    夏休みは二ヶ月半。
    秋休み、クリスマス休み、スキー休みがある。
    授業数は1日4〜6時間
    始業時間はクラスや日によってバラバラ。
    教科書選びは学校ごと
    教師の採用も学校単位

    障害のある生徒にはアシスタントをつけるのが普通。
    同じクラスので特殊教育。
    科目によって、アシスタント、ボランティア、
    ときには親も加わって、一人ひとりの子供に目を配るようにしている。

    宗教の授業がある。道徳に近い。
    掃除の時間がない。
    多くの学校でマイナス15度以下でない限り、冬でも外で遊ぶように促している。

  • 簡単にメモ。
    羨ましいくらいの社会制度と教育制度。
    一生勉強という風潮、大人になっても、
    勉強すればいくらでもやり直しできる社会は、
    いいなと思った。
    冬の日照時間が1時間というのは、
    耐えられなさそうと思った。

  • @TokikoHoriuchi 氏が、留学時代の経験をもとに、フィンランドという国と国民性を平易に紹介してくれた本。高い税率に充実した福祉と教育。豊かな自然と少ない人口。夜は長くて夏は短い。どうにも日本と比べてしまうが、実際、フィンランドの良いと云われるところは、見事に日本の弱点を突いている。かといって、寒さを我慢し、税率に目をつぶり、老後を楽するために移住する覚悟を決められるかといえば、簡単にはいかない。それでも教育(特に大学)の充実っぷりは羨ましい限り。「北欧」イメージのステレオタイプ枠を覆す記述はあまりなかったが、お隣のスウェーデンとは仲が悪いという話は面白い。

全160件中 1 - 10件を表示

堀内都喜子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
ロバート キヨサ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

フィンランド豊かさのメソッド (集英社新書 (0453))に関連するまとめ

フィンランド豊かさのメソッド (集英社新書 (0453))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

フィンランド豊かさのメソッド (集英社新書 (0453))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

フィンランド豊かさのメソッド (集英社新書 (0453))を本棚に「積読」で登録しているひと

フィンランド豊かさのメソッド (集英社新書 (0453))のKindle版

ツイートする