小説家という職業 (集英社新書)

  • 1171人登録
  • 3.77評価
    • (67)
    • (166)
    • (114)
    • (13)
    • (4)
  • 153レビュー
著者 : 森博嗣
  • 集英社 (2010年6月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087205480

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

小説家という職業 (集英社新書)の感想・レビュー・書評

  • 森博嗣氏は平成以後にデビューしたエンタメ系の小説家としてはトップクラスの成功者だ。1996年のデビュー作【すべてはFになる】は累計78万部を販売し、その他かなりの数の著作を含めた印税の合計額は12億円を超えたということである。
    森氏のキャラクターと経歴は作家として特殊だ。例えば自ら読書好きの小説家志望だったわけではないと公言している。別に本が好きでも小説家になりたいと思っていたわけではないんですね。そんな森氏が小説を書き始めた動機が面白い。
    当時名古屋大学工学部の助教授だった森氏は鉄道模型というお金のかかる趣味を持っていた。その資金を小説を書いて稼げないだろうか?と考えて執筆を始めたのだという。
    こんな事を書いている。

    『正直にいえば、僕は最初から、金になることをしようと考えて小説を書いた。つまりバイトである。趣味の関係で自分がやりたいことの実現には資金が必要だった。なんとか夜にできるバイトがないか、と考えて小説の執筆を思いついたのだ』

    まぁ賞金狙いまたは印税狙いで何かを書こうとする、というのはどこにでもある話だし、誰でも一度くらいは考えたことはあるかと思う。だけどほとんどの場合、その目論みは夢物語で終わるのが一般的だ。
    しかしこの森氏の場合、小説を書くということが全く苦もないことだったようである。実際小説を書いて小遣い稼ぎをしようと思い立ってから3日後くらいに書き始め、一週間後には書き終わっていたということである。一日3時間くらい書いて、トータル20時間程度で書き上げたそうだ。それも習作というレベルではない。後に第二作目として発表される【冷たい密室と博士たち】という作品である。

    (この第二作目は個人的にはそれほど面白いとは感じないが端正でよく出来た推理小説であることは間違いない。これをいきなり20時間程度かけただけの処女作とすると驚異的である。)

    その結果として大学の助教授を続けながら(現在は退官)二足目のわらじとして小説を発表し続け(それもびっくりするほどのハイペースで)結果、前述しとおり12億円を超える印税収入ということである。
    まさに読んでて夢のような話だ。ただ同時にこういう人こそ天才なのであり、特別なのだろう、とも思わずはいられない。
    しかし徹底して「ビジネスとしての小説とは何か?」を考えて書き始めたという森氏の考え方に学ぶべき点は数多い。
    例えば本が売れない原因として森氏があげている考え方が面白い。それは出版社の人間が「本が好きすぎる」から「それほど本好きでない人たち」の求めているものを想像できていない、という説である。
    この視点は鋭いと思う。ビジネスに限らないかもしれないが「恋は盲目」みたいなもので対象を好き過ぎると俯瞰した視点がもてなくなるのは間違いない。
    そんな森氏だからこんなことも書いている。

    『僕はビジネスで小説を書いた。ビジネスというのは、人気者になるためにするものではない。人気者になりたかったら、無料で本を配りなさい、といつも言っている。』

    そのように考える森氏だからネット上で自分の作品を貶されたり、欠点をあげつらわれることが大好きらしい(笑)それは一種のクレーム情報であり、その顧客の本音の一部を知る方法としてはそれ以上のものはないからだ、ということである。考え方が本当にクールだ(笑)少しマゾっ気があるのかもしれないが(笑)
    その他も面白い考え方がたくさん書いてある。小説の書き方のノウハウ本としては森氏があまりにスペシャルな才能がありすぎて参考にはなりにくい。
    だけど、この本はリアルに副業で12億円稼いだ男の頭の中身を読める一冊だということも言える。おそらく嘘とか誇張がほとんどないような気がする。
    つまり「秒速一億稼いだ!」とか語る人たちの怪しい... 続きを読む

  • 小説家になるには、とにかく「書く」こと。それだけで、小説家にはなれる。それが多くのニーズを勝ちとり、食っていけるだけの商品になるかはまた別の話。ただ、なろうと思えばいつでも、誰でも、1冊書いてしまえばなれるということ。

  • メフィスト賞受賞作家が好きな方にオススメな一冊。とりあえず15ページまで読むことをお勧めする。すると、次の文章にたどり着く。

    『この「まえがき」を読んだだけで、本書がかなり「異端」であることがご理解いただけたはずである。自分にとって価値がありそうだ、と予感された人が本書を読まれることを期待する。その予感が正しかったとしたら、それは小さな幸運だろう。』

    メフィスト賞受賞者には西尾維新さんや辻村深月さんらがいる。賞の受賞者にはコアなファンがつくとかつかないとか。そんな少し尖ったイメージのある賞。その賞の第一回受賞者・森博嗣氏の小説論。

    これは小説の書き方のノウハウ本というよりは「ビジネスにおける小説の強み」が書かれた本だ。例えば流通段階を除いて生産段階に着目すれば、ほとんどの工程を一人でやることになるので人件費が少なく生産効率が高いとか、一人で作る工程が多い分、個人の思考や技が色濃く反映され映画やアニメなど集団によって作られたものとは違った魅力を提供できるとかだ。
    そういう視点は面白かった。本は経済的に優れた商品なのかなんて疑問は持ったことがなかったので新鮮な気分だった。
    他に細かいテーマで面白かったのは「予定」と「会話」について考察している部分。予定や計画を立てるのが苦手なひとは多いと思う。「もっと計画的にやれよ」という文句を心の中でつぶやいたり、相手のことを思って指摘したり、怠惰な自分自身の生活に向けて猛省を促した経験をお持ちの方も多いはず。されど伝わらないのが常である。予定や計画を立てるのが苦手なひとはとことん苦手なのである。大概予定通り進まない。
    しかし、森氏は予定を立てることは「自由」であると述べている。予定を立てることは現実をを理想に近づけることであると。それこそが有意義な人生を送ることなのだと。
    「予定を立てるのが嫌だー」という人に会ったら伝えたい。これを伝えたところで私自身を含めて劇的に改善するとは思われぬが、伝えたいものである。
    続いて「会話」についての部分。これは小説における会話のシーンを書くときの注意点を言及したもの。小説のみならず日常生活でも会話をつなげていくというのは悩みのタネである。会話は言葉のキャッチボールなんてよく言われるがそう簡単に相手のミットにボールは収まらない。レッドソックスの上原浩治(2013年)のような素晴らしいコントロールをもっている人間は一握りである。落球やらノックの打ち合いは日常生活茶飯事であり、もはや壁に向かって投げているだけではないかと思われるほど独り相撲に陥ることもある。
    しかし、森氏のアドバイスを読むことで救われる部分がある。

    『実際の会話がというのは、一つの話題のときも、それぞれは別々のことを考えている。人間は常に勝手に考えるという特性を持っているのだ。』
    『会話はもっとわかりにくく、スリリングなものだ。わからないから、相手の注意を引く効果もある。』

    会話を書こうとする綺麗なキャッチボールになってしまいがちだがそんなのは現実的ではないし面白みに欠けるということなのだろう。逆に考えれば現実社会で綺麗にキャッチボールするのは難しいことなのだとも言える。

    会話も予定も言葉も、理想通りにならい。しかし理想に近づけようとすることが面白さであり有意義なものなのではないかと感じることができた。小説とは違う視点から作家の個性に触れられる貴重な瞬間をいただいた作品でした。

  • 作家が作品を書く上で必要なのは、みんなが納得できる精神哲学ではなく、自分が納得できる精神哲学なのだということを理解させられる本。
    たぶんこの本によって森氏のことを非難する人間がいるかもしれないが、そういうことを言う人に言いたいのは、森氏の哲学によって誰かが不幸になることはないということである(ただし生涯作家であり続けるのは無理。実際、森氏は早い時期から引退を表明していた)。
    いずれにしろ、森氏のような精神的主柱を手に入れるのは容易なことではない。だが逆にそれさえ手に入れることができたら、作家として大成できる可能性が上がるように思える。

  • 私は小説家志望ではないので、特に思うところはなかったのですが、出版業界の内情の一部を垣間見たという気持ちでいっぱいです。

    この人のような割り切ったというか、明確化している考え方は好きな方なのでサクサク読めました。

  • 文学青年でない、理系やノンフィクションの本もいっぱい読んでる人向けの小説家入門。
    私も「文学しか読まない本好き」ではないので、このアプローチはとても自然に受け入れられる内容でした。
    著者の「興味のある人しか読まなくていい」っていうスタンスがありますが、読み進めている人には意外と親身だったりする。理系っぽい突き放しぎみの愛情...。

  • ミステリー作家の森博嗣による、「小説家論」。
     
    僕は学生時代からファンだったから、ブログ本やエッセイも含めてほとんど読んでいて、基本的には、これまでにいろんなところで書かれていた内容をまとめたものになっている。マーケティング手法なんかは、新しいトピックだったかもしれないけれど。
     
    逆にすごいのは、これまでにいろんなところで書いたことが、今でもちゃんと通用することかも。

    特に出版業界の将来については、この人が10年前から言っている通りになっているし、これからもそうなっていくだろう、と思わせる。

  • 悩んでるよりまずやる。悲観するより戦略を練る。

  • 小説家になりたいから、と言うわけではなく、森博嗣の書いた新書だから、という理由で購入。「小説版マネジメント」とでも呼ぼうか、面白かった。

    各作品間に関連を持たせることもたくさん買わせる作戦なんだろうなー、と思った。まんまと狙い通りになってるよね。

    しかし、こういう根本的なところからしっかり考えられるあたり(言うまでもないことだが)頭の良い人だと改めて思った。

  • 筆者が小説の未来、現在の出発業界なんかをどう考えているか。貴重な見解に触れられる一冊。

    小説家=メーカー、出版社=商社と捉え、モノそのものをつくる小説家とそれらを流通させる出版社のそれぞれに必要な視点や能力を挙げている。

    就活の時は出版業界の構造をこういう風に本質的に捉えられてなかったなあと思った



    小説の存在理由は、「言葉だけで簡単に片付けられない」ことを、「言葉を尽くして」表現するという矛盾にあり、その矛盾に対する苦悩の痕跡にある。

  • 2011/7/11読了。

    大学教授であった著者が、副業として始めた小説の執筆について語った一冊。夢や憧れの対象としての小説家ではなく、他の職業と変わらないビジネスの一つとして捉えている著者だからこそ、その内容は新鮮な刺激に溢れていた。
    著者が述べているように、小説の書き方のノウハウ本では全くなく、仕事について語るプロフェッショナル論の一種と考えていいだろう。

  • 小説家になる為の…というより、小説家という職業のビジネス書みたいなものです。

    森さんの物の考え方が好きなので、森さんを知るとか何かを学ぶというより、単純に森さんの考えに触れ、満たされました。

    やっぱり森さんの考え方好きだな〜。

  • デビュー以来、人気作家として活躍している著者が、小説を書くということ、さらには創作をビジネスとして成立させることについて、自らの体験を踏まえつつ、わかりやすく論じる。

    "しかし、間違えないでもらいたい。良い小説(あるいは一部の文章)とは、そのような「こうすれば書ける」では成り立たない「創作」なのである。創作とは、元来そういうものだ。個人の感性が作り上げる芸術は、すべて同じである。この個人の感性に大勢の他者が反応し、自分に有益なものだと感じれば、それが広く商品としての価値を生み出すようになり、作者が職業としてその創作を続けることができる。"
    http://shinsho.shueisha.co.jp/kikan/0548-f/

  • 最初の章が面白い。
    研究者から、小説家へのなる過程が、普通の小説家の小説への思い入れと全く違う。だからこそ、小説への独特な距離感がでていて、客観的な意見がいえるのだろう。
    小説家になることよりも、小説家でいつづけるための努力が必要だというところは、小説家を扱う本に書いてある共通項。

  • 面白かった。とにかく、書く。メモしなければ忘れてしまうものは大したネタじゃない。
    森博嗣氏の小説を読まずに新書ばかり読んでいるけれど、そろそろ小説も読んでみたいなあ。

  • 恥ずかしながら、この本を読むまで作者のことは、知りませんでした。タイトルから少し離れるのかもしれませんが、小説の正体は、何かを文章として簡潔に表現されていると思います。
    第2章の中で、「小説は、家庭用品などの実用品ではない。人間の感性を売りものにした芸術的な商品」とあり「新しさ」と述べられています。その点から、「さらに生産する理由」を考える必要があると著者は、言ってますが、素晴らしい古典が多々あるなか、重要な点だと思います。
    第4章の中で、世界の中で小説がない国があるが、「どの文化にも、物語の伝承はある。」とし、人間は、「物語に耳を傾ける好奇心と、そこに美しさ、勇気、優しさ、醜さを見出だす感性は、人間という種の優れた機能の一つである。」と述べているのですが、簡潔にして明瞭な一文だと思います。
    「なにも混ざっていない小説の美しさは、読んでいるときに素晴らしく酔えて、本を閉じたときにすべてたちまち消えるものである。」にハッとしました。谷崎潤一郎『細雪』がこれだと感じたからです。『細雪』をどう表現したらよいのか、考えていたのでスッキリしました。テーマがどうこうではないですよね。
    第1章の中で、「多くの人は、ただ本をひたすら読むだけで満足しているようだ。中略 僕の場合、一冊読めば、一週間はそれについてあれこれ考えたくなる。」とありますが、とても反省させらました。

  • とりあえず、書いてみるべし。

  •  森先生は、「オリジナリティのあるものを生み出すことが最重要」と仰る。これは、小説家を目指すことに限らず、ビジネスも同じだと思います。この本は、すべてのビジネスパーソンの参考になるのではないでしょうか。

     森博嗣先生のこの手の本を読むのは『作家の収支』に続いて2冊目です。森先生にとって小説を書くことは、作家になるためだったわけではなく、趣味に使うためのお金を稼ぐための手段だったわけですけれども、「いざ小説を書き始めると、次から次へと発想が生まれ。書いている物語はもちろん、次のこと、その次のこと、別のシリーズのことなど、どんどん発想される。そういう発想が、執筆の邪魔になるくらいだ。」と書かれているように、やはり非凡な人なのだと思います。その森先生からのアドバイスは、「とにかく、書くこと、これに尽きる」でした。

     「大事なのは、“自分はこれを仕事にする”という“姿勢”である。」小説家に限らず、創造的であることが求められる仕事を自分の仕事にしようとすれば、そこには、具体的なノウハウを知っただけでは越えられない壁が立ちふさがっているはずだ。もしかしたら、この本には、その目に見えない壁の存在を思い知らされる事実が描かれているのかもしれません('◇')ゞ

  • 森博嗣の新書は安定して面白い。こりゃ小説も面白いだろう、と思わされる。まさに作者の思うつぼだ。

    小説家になりたい人はとにかく書け!というのが一貫した方法論。他には、創作物(ドラマ、映画、漫画)を見て創作するのは駄目。そこにはすでに他者の視点が入っているので、広くて自由な視野が阻害される、という。これは大変納得の意見だ。引っかかってくる作家は結構いると思う。

    個人的に、漢字・ひらがな・カタカナ・送り仮名の統一表を作ったが膨大な量になり放棄した、という話にホッとした。本のレビューを書く時も悩むのだ。自分にとって自然な文章を書くのが一番だ、という。その言葉が聞きたかった!という気分だ。

    時々「ん?そうか?」というような話もあるのだが、そこは気楽に読むことにした。「悪口を言わない人は悪口を言われても怒らない」ってそりゃないだろう(笑)。

  • 20161107


    人気作家、森博嗣がこれまでどのようにして小説を書き続けてきたのか、そして出版社の本当の姿と、これから進むべき道について、包み隠さず、ストレートに表現された一冊。

    後作の、作家の収支がとても面白く、その前に書かれた本作をどうしても読めたくなり購入。

    漠然と小説家に憧れを持っていたが、本当の小説をの覚悟とか迫力のような物を強く感じさせられた。

    小説家になりたければ、とにかく書くことに尽きる。
    そして数を書く事の大事さを実感させられた。
    書いてみたい。けど、書く事で自分に才能が無い事を突きつけられる事が恐ろしい。

  • 森博嗣がまとめる小説家という職業についての1冊。
    まず、衝撃を受けるのが、小説を書いている森博嗣自身が小説を読むのも書くのも好きじゃないということ、そして、小説家になりたければ小説を読むなという一言だった。その理由は、小説は創作であり、こうすればいいという確固たる方法はないということである。これは一理あるなと納得する部分もあり、いきなり度胆を抜かれた思いではあったけど、なるほどなと納得するものでもあった。
    また、本の中身では、自身の小説家になったキッカケや小説家になったあとの心構えなんかも書かれていて、一つの道として読んでみるとおもしろい1冊ではある。

  • 最近、森博嗣の著作は新書の方が読みやすい。
    昔は小説も何冊か(「すべてがFになる」とか)読んだけれど、この間、久しぶりに新作「彼女は一人で歩くのか?」を読んだら、ちょっとついていけなかった。(ジャンルのせい?)

    個人的に小説家という職業に興味があって、この本も手にとった。こういう「小説家になろう」みたいな本は、以前にも別の著者のものを読んだことがあるが、それとはまったく別物な気がする。

    だいたい、こういう本は二つのパターンに分かれると思う。
    一つはまったく具体性のない、抽象的な話と精神論みたいな話が続くもの。もう一つは具体的に一から細かく説明がなされているもの。
    本作はそのどちらにも属さない。強いて言えば、どっちも半分ずつ良いとこどりをした感じ。だからすごくお得だなと読み終えた後に思った。

    目からウロコだったのは、「文体は必要ない」「メモは作らない」のところ。自分って色んなものの型にはまりすぎていたんだなと再認識した。
    その他、出版業界の話、ビジネスとしての作家になるにはといった話もとてもためになった。

    とにかく書くこと。
    おっしゃる通り。わかりやすいとは言えないけれど、その一歩を踏み出すのに大いに勇気をくれる一冊だなと思った。

  • 森博嗣の作品が好きで(と言ってもあまり読んだことはないが)、物書きという職業に憧れている自分にとって非常な好奇を持って読んだが、著者の小説に対する冷めた想いには少し引いた。小説がマイナである、という考えのもとにかなり偏った考えを披露しているが、「創作は贅沢であるべき」「とにかく一本書いてみるべき」といった考えはその通りだと思った。
    森博嗣は天才肌で、誰でも真似できるわけではないが、自分の個性を出して、何が求められているかを考えて創作していくのは結局メーカーでの開発と同じである。ごちゃごちゃいってないでやってみるべきである。

  • こういう言い方が適切かはわからないが、”共感”した気になれる本だ。出版業界の理不尽さへの不満や創作に対するスタンスは、これまで既存のもので良しとされてきたものへの反逆めいたものを感じて刺激的の一言に尽きる。

全153件中 1 - 25件を表示

小説家という職業 (集英社新書)に関連する談話室の質問

小説家という職業 (集英社新書)に関連するまとめ

小説家という職業 (集英社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

小説家という職業 (集英社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

小説家という職業 (集英社新書)のKindle版

ツイートする