荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書)

  • 1163人登録
  • 4.11評価
    • (134)
    • (142)
    • (71)
    • (7)
    • (3)
  • 137レビュー
著者 : 荒木飛呂彦
  • 集英社 (2015年4月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087207804

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
ヴィクトール・E...
ピエール ルメー...
佐々木 圭一
ジェイムズ・P・...
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書)の感想・レビュー・書評

  • 全体を通して、荒木先生が漫画作りに対してどれほど真摯に向き合ってきたかが伝わってくる一冊だった。
    ジョジョの奇妙な冒険と言えば、独特なポーズやセリフなどが有名で感覚的に描かれているようなイメージがあるが、本作を読んで、それらはすべて王道のマンガを目指すための論理的な思考から成るものだと理解できた。ストーリー作りに大事なことは「常にプラス」などまさに王道的な考え方で面白い。
    荒木先生が書いている通り、本作は作品作りのための「地図」として役立つに違いない。たとえどれほど斬新で邪道な物語を書こうとしても、それは王道な物語を理解していて初めてできることだからだ。

  • 2017年2月

    あのジョジョの作者が、自分の漫画の作り方を公開する。

    印象的だったのは、荒木先生は自分を王道の漫画を描いているという意識。そしてその王道の生み出し方についても考え方の一部に触れることができた。様々な漫画や劇作の本はあるが、王道ということを意識して書かれたものは少なく、これは多くのクリエイターを目指す人に読んでもらいたいと思った。

    また、基本四大構造と呼ばれる、テーマ・ストーリー・世界観・キャラクターという視点は他の作品を分析、創作する際にもきっと役に立つ考え方だろうと思った。

  • 漫画家の中で一番荒木先生を尊敬します!さすがです。漫画家目指してない人でも、参考になる内容でした。

  • 今までの作品を例にストーリー・世界観・キャラクター・テーマ・絵の描き方と網羅的に載っている。
    マンガだけでなく創作全般で役に立ちそう。

  • テーマと世界観とキャラクターとストーリーと作り込みね!

  • 2016年9月8日読了。
    なるほど、と思うことが多くて面白かった。これを読んだらいいものが書けるようになる、というわけではないと思うけど、考え方のヒントはたくさん。

  • 筆者が大変な努力と研究と工夫を長年重ねて得られたことが書かれている。勉強で例えれば、教科書や参考書ではなく、勉強の仕方を教えてくれる本といったところ。興味深い内容だった。

  • 自分が何を描きたいかが大事。

  •  35にもなるまで荒木作品をまともに読んだことがなかったのだけれども、そういう読者からしても「漫画で食っていくために何をしたらいいか」ということを突き詰めた本であることには間違いない。

     で、食えてる。本業で食えなくなったからハウツーを出そう、みたいな手合の本と一線を画す、という意味でも読む価値はあるだろう。

     なお、この後『岸辺露伴は動かない』を読んでみたけど、実は結局ハマらなかった。

  • 荒木作品は緻密な設定や世界観を作り込んだ上に出来上がっているとは思っていましたが身上調査書を作ったり、絵柄が古くならないように意識していたりと様々な熱意と工夫の賜物だったのだと実感させられました。
    『富豪村』での見せ方が分かりやすかったです。読んでいたときは気にしていなかった色々なものがぎっしりと詰め込まれていたのだと気付かせられて改めて荒木作品の凄さを思い知らされました。
    私の一番好きな作品の『バオー来訪者』の失敗談、知りませんでした…。

    漫画を描こうとしている人向けの本ですがそうではない読者にも十分参考になる本です。

  • 著者の漫画哲学がよくわかる。きっとマンガ家目指す人にはかなり参考になるんじゃないかな。
    「マイナスがゼロになるだけじゃ面白くない。常にプラスになることを考える」
    という発想は、なるほどなあとうなる。
    「キック・アス2」がつまらなかった理由がよくわかった。

  • 漫画家を目指している訳ではないけれど、荒木さんの漫画と同じくらい楽しんで読めた。

  • 読了中、読了後で最も伝わってくるのが、荒木飛呂彦は本当に漫画が好きでしょうがないという表現が当てはまるほど好きなんだなぁということ。漫画への想いが文体から溢れ出ているほど伝わってくる。
    そして漫画が好きだからこそ、この作品を残すことで、新たに自分の好きな漫画が世に出れば良いなと思っているのかなと邪推してしまうくらい。
    『描き手はいったい何を伝えたいのか、と言えば、それは愛や友情、正義など目に見えないものであり、見えないものを絵にしないといないのです。』

  • よくみるような第三者からトリビア解説本などではなく、正真正銘作者本人が書いている本。
    作品の作り方やテーマの持たせ方と言った部分をかなり具体的に解説している。面白い。

    作者のマンガに対する哲学であるとか、プロ意識の高さなどがよく分かるし、ああこの人は自分の作品が古くならないようにずっと勉強を重ねてるんだ、この人すごい頭よくて人間ができてるひとなんだろうな……とか色々考えさせられる。

    そういう意味ではエッセイの一形態と言ってもいいかもしれないが、日常生活のことなどは触れられておらず徹頭徹尾マンガのことだけが書いてあるので、タイトルに違わない内容であった。

    その上で、あくまで作者が自分の描いてきた人生のなかで思ってきたことを話す というスタンスなのが好感を持てる。マンガとはこういうものなんだ!!! という批評家めいたスタンスでないのが良い。
    実際のマンガ原稿を載せて、このコマはこういう意図で入っている、この演出の意図はこう、などと解説がされている部分もあり、とても質実剛健な内容と感じた。良い意味で媚びていない。


    最初星4つで評価したが、褒めることしか書いていないので1つ足した。良書。

  • オビには「企業秘密」とうたってあるけど、工場の機械見たって土地とか資金とか信用とか色々あってそっくりそのままマネなんてできないみたいに、中身を知ってはいても実行できる人はなかなかいないんだよね…ジャンプ作家まぶしい…
    でもこういうすごい人が案の定すごい努力と熱意で作品を作ってるという事実が詰まっている、そんな本が在るのはそれだけで胸が熱くなる。荒木さんや荒木さんの作品が好きな方にはぜひ読んでいただきたい。

  • ジョジョの奇妙な冒険シリーズをいまさらになって読み、熱くのめりこんでしまった勢いでぽちりと押しました。

    しかし、荒木せんせの暴露してくださった企業秘密は、とてもとても当たり前の事ばかり! いや、漫画を描く上でのひとつの方法というか、荒木せんせの選んだ道筋であって、蜘蛛を描くために蜘蛛をバラして体液を味わう、とか画期的な漫画の描き方が載っているというわけではないのです!!

    荒木せんせは「地図」と本書を表しました。なるほど、山で遭難しないための地図。言い得て妙です。
    ただ、きっとこの地図よりもいいルートを開拓する人もいれば、あえて山道を進んだほうがきっと早いに違いない! と考える人もいる。実際に「地図」通りに進んでいこうとする人が、登山よりも漫画ではあまりいないのかもしれない。

    でも、普通に考えてど素人が適当に「あっちの道の方がいい気がするの~」と山道突き進んだって、遭難する可能性が高いのは一目瞭然。
    なるべく遭難しないために、「どう考え、実践し、軌道修正を繰り返したか」をこの本で学ぶべきなのではないかと感じるのです。

    なんだか高尚なビジネス書みたいになってきましたが……漫画もある意味ビジネスにちがいない、だって「企業秘密」だし!!

    そう、ビジネスの本質(?)「ひとを楽しませて対価を得て、自分もなにかで楽しみ対価を払い、循環させる」ということに気付かせてくれたのです!!

    ……本題がずれていきそうですが、まあ、それだけ漫画を描く上で役立ちそうなことも載っているし、ほかにも効きそうな考え方や面白い観点が学べる良書ってことなんです!

    ぜひ、荒木せんせを知らない方も読んで見てください!

  • 漫画の読み方が変わる本。もっともっと面白く読めるようになりそうです。

  • 荒木先生の考え方やこだわりが読みやすくまとめられていてとても面白かったです。
    世界観を作り出すための徹底した取材や、履歴書を埋めながらのキャラクターの作り方、王道はプラスを重ねインフレを起こしその打開策は都合よく与えられた力ではなく主人公自らの力で乗り越えなくてはならない、という哲学など、出て来るエピソード一つ一つが興味深かったです。
    ジョジョをきちんと読破していればもっと楽しめただろうなと思います…!

  • 漫画家に限らずストーリーを扱うすべての人にとって参考になる一冊。
    本文中にもあるように黄金の道を真似するのではなくそれを超える創造が必要。
    異論を認めない「少年漫画とは斯くあるべし」というスタンスではなく著者が自身の長い漫画家人生で感じてきた法則を示すという姿勢に好感が持てた。
    漫画家としてデビュー以来35年以上にわたって第一線で活躍してきた著者が述べるからこそ、その普遍的な法則により一層の説得力がある。

  • 漫画の描き方、というか、作品の作り方が勉強できる。
    荒木先生独特の発想がどのようにして生まれてくるのか、その発想を生み出すためのほかの作品への分析法など、本当にためになりまくりな本でした!

  • 荒木飛呂彦先生がマンガの書き方を教えている本。ふつう、こういった本は作者の自分語りになるのですが、この本はタイトル通りに漫画の描き方が載っており、荒木先生の真面目な性格がうかがえます。
    先生のマンガが、一コマ一コマに意味を込めて描かれていることについて細かな解説が加えられており、読者としてはそこまで深い意味が入ってたのか!と目から鱗が落ちる記述の連続。
    「クリエイターは論理的に作り、読者は感覚的に見る」という言葉を思い出しました。
    きっちりと作りこまれているマンガを、いかにもすらすらと出てきたように見せているのも荒木先生のテクニックなのですね。

    読んだ後は、既刊を全部読み返したくなるので注意です(笑)

  • 推薦者 共通講座 准教授 春木 有亮 先生

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます。
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50106029&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

全137件中 1 - 25件を表示

荒木飛呂彦の作品一覧

荒木飛呂彦の作品ランキング・新刊情報

荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書)の作品紹介

『ジョジョの奇妙な冒険』の作者・荒木飛呂彦が、これまで明かすことの無かったマンガの描き方、その秘密を披瀝! 自身初の自画像を帯に使用するのを始め、描き下ろしたイラストも多数。


ツイートする