ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論 (集英社新書)

  • 166人登録
  • 3.41評価
    • (3)
    • (15)
    • (26)
    • (2)
    • (0)
  • 22レビュー
  • 集英社 (2015年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087208153

ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論 (集英社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ルネサンス美術に興味を持ち、ヤマザキさんの美術論とのことで読んでみた。
    当時の芸術家を「変人」と呼ぶ、ヤマザキさんならではの視点がとても楽しく、ますますルネサンス美術や当時の芸術家たちに愛着がわいた。
    フィリッポ・リッピの聖母子の絵が好きなのだけど、あの絵はブロマイド的という表現は「まさに!」という感じ。

    巻頭のカラーページの「アテナイの学堂」の写真は左右が逆では?
    本文では「右側にラファエロの自画像が描かれている」とあったので、ヤマザキさんのミスではないと思うのだけど、ちょっと残念。

  • 文章に引き込まれて一気読みしてしまいました。ヤマザキ氏による日本人評は必見だと思います。

  • 「創造的な活動は(中略)生命を維持するうえで不可欠な営みです。自由な精神がいつでも駆動できるようにしておかないと、すぐに動物的・原始的な状態に逆戻りしてしまいます」

  • ヤマザキマリさんが実際にイタリアで美術を学び、触れた体験からの考察です。芸術家列伝のヴァザーリが自身も画家であったことを知りました。

  • テルマエロマエのヤマザキマリによるルネサンス美術論。もともと画家である彼女自身が変人である、革新的である、と思ったルネサンス美術家を自分の言葉で紹介しており、着眼点が面白い。
    ・恋愛するならラファエロ
    ・ミケランジェロは女性が下手で筋肉質の男性にお椀を胸としてくっつけらだけである
    ・ファッションに拘ったカルパッチョ
    ・マンテーニャは天使のお尻を描きたかった
    などなど。

    絵としては、デューラーの「多くの動物のいる聖母子」に興味を持った。一度、ゴンブリッチの「美術の物語」と読み比べてみたい。また、ルネサンスをわかりやすく説明つつ、ヤマザキマリが人間と動物を分かつところの「芸術」について、教養の大切さを説いているところは共感した。

    なお、残念なのは、言及されている絵で図版になっているのがごく一部で、見にくいこと。値段がアップしてもよいから、図版をつけてほしかった。

  • もろもろ為になる

  • 借りたもの。
    ヤマザキマリ女史が愛するルネサンス画家たちは、知性と好奇心き満ち、(当時の)一般的価値観から逸脱している「変人』をキーワードに選ばれている。
    それは『男性論』の延長

    古代ローマとルネサンスに共通する思想、自由と寛容さによって培われたこと、

    懐古趣味に留まらない。
    ルネサンスを通して、世界の中で現代社会の問題点、日本に対しても指摘する。

  • ルネサンスに関わる人物伝。変人についてはややこじつけ過ぎと思ったが、なぜこの人物が好きかがはっきり書かれてある点は好感を持った。ギリシア・ローマの文明遺産が中世ヨーロッパで失われた時期、その火種は教会やイスラム世界に残り、やがてそれがルネサンスという形に花開いたというくだり、火種という言葉は良い表現で、今も世界のあちこちにそれは存在し、昇華する時を待ってるのかもしれないなどと思った。

  • 読みやすいし思い入れも伝わるのだが、ヤマザキマリであればこそ、芸術家1人に1ページくらいの偏愛・薀蓄漫画でも欲しいところ。

  • ヤマザキさんのルネサンス論を読んでいると、“文芸復興”という邦訳ではちょっと本質をつかみ損ねそうですね。また、イコンが面白くない理由もわかりました。記号ですか。ボッティチェリ展で見たリッピはエピソードを知って身近な人に感じます。遠近法と格闘する画家たちの物語は、これだけで本になりますね。なかなか示唆に富んだ一冊でした。

全22件中 1 - 10件を表示

ヤマザキ・マリの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
平野 啓一郎
又吉 直樹
宮下 奈都
原田 マハ
恩田 陸
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論 (集英社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論 (集英社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論 (集英社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論 (集英社新書)の作品紹介

大ヒット漫画『テルマエ・ロマエ』の作者が、もうひとつの「本業」である美術論に初挑戦。正統派の論考にして、ルネサンスの大巨匠を「変人」をキーワードに楽しく解読する、ヤマザキ流芸術家列伝!

ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論 (集英社新書)はこんな本です

ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論 (集英社新書)のKindle版

ツイートする