イランの野望 浮上する「シーア派大国」 (集英社新書)

  • 37人登録
  • 3.64評価
    • (2)
    • (3)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 鵜塚健
  • 集英社 (2016年5月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087208337

イランの野望 浮上する「シーア派大国」 (集英社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最近大統領選挙があったイラン。

    穏健派の現職、ロウハニ大統領が57%の得票率で勝利。
    保守強硬派のライシ師の得票率38%。(時事通信)

    保守強硬派がよく集会でコールする「アメリカに死を!」の理由が理解できる一冊。

    そりゃ言いたくもなるな!と読みながら思いました。
    今度はアメリカ側のイランに関する本を読みたくなりますね。

  • 東2法経図・開架 302.27A/U99i//K

  • 最近のイラン情勢がわかる。

全3件中 1 - 3件を表示

鵜塚健の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
瀧本 哲史
ジャレド・ダイア...
アンソニー・B・...
有効な右矢印 無効な右矢印

イランの野望 浮上する「シーア派大国」 (集英社新書)はこんな本です

イランの野望 浮上する「シーア派大国」 (集英社新書)を本棚に登録しているひと

イランの野望 浮上する「シーア派大国」 (集英社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

イランの野望 浮上する「シーア派大国」 (集英社新書)の作品紹介

核協議合意によって、国際社会のキープレイヤーとして浮上するイラン。欧米と巧みに渡り合い、シリアなど中東情勢の鍵を握るこの「大国」について、元テヘラン駐在員が詳細にリポートする。

イランの野望 浮上する「シーア派大国」 (集英社新書)のKindle版

ツイートする