いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画 (集英社新書)

  • 340人登録
  • 3.89評価
    • (14)
    • (30)
    • (17)
    • (2)
    • (0)
  • 28レビュー
著者 : 原田マハ
  • 集英社 (2017年6月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087208887

いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画 (集英社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「生きているうちに見るべき名画」を1点ずつ紹介されています。有名なものが多いので、見たことのある名画もたくさんありました。なぜそれを見なければならないか、書かれた時代背景についても紹介されており、一通りの知識を整理することができたと思います。見たことがあるから、へえこんな名画もあるのかと興味を深めるようにもなっていると思います。口絵に紹介されている名画がカラーで載っていますので、それを見ながら本文を読んでいくことで、それらを近く感じながら知ることができると思います。
    著者がその名画と出会った瞬間も書かれています。図録などで見るだけではなくで、実際に本物を見にいくこと。名画と出会うことの意味が、本書から訴えれてきたと感じました。そう、生きているうちに、そこへ行って見るべきだと。

  • 26作品のうち見たことあるなってのが実に15枚、たぶん見たのも含むと18枚。わたしすごい。
    正直なところを言うと、モネの睡蓮はオランジェリーが改修中で別のところでなんか円形状の展示室がモネの間みたいになってていっぱい睡蓮の絵があったのを見た、のであって同じ睡蓮ではないのかも。
    でもまぁジヴェルニーにも行って睡蓮の池のある庭も見たし。オランジェリー行きたい。
    そして、マティスのダンスも私は見たのは同じ構図の別作品、ニューヨークのMoMAにあるダンスである。

    ピカソのアビニョンの娘たち
    ポンペイのディオニソスの秘儀
    ボッティチェリの春
    ダ・ヴィンチ、最後の晩餐
    ドガの踊り子
    ゴッホの星月夜
    クリムト、フェルメール、ゴヤ、ルソーの夢
    ピカソのゲルニカ
    カラヴァッジョにムンク…

    ちゃんと見た時のこと覚えてるものだなって自分の記憶にちょっと驚いた。
    これが名画のパワーか。そしてマハさんのレビューの巧さだな。
    なかでもすごかったのはやっぱり最後の晩餐とゲルニカかな。
    サイズも大きいしインパクトも計り知れない大きさだった。
    もう一度観たくなる。

  • 読み終えて、今まであまり知らなかったアンリマティスに興味を持ちました。いつかMOMAで夢や星月夜が観たいなあ(^ ^)

  • 私の好きな絵は何だろう。
    本の中に私の好きなウフィッツィ美術館が出てきて嬉しかった。スペイン、マドリードの美術館も実際に行けてよかったな。
    マハさんのオススメの絵画に会いに行きたいと思った。

  • 純粋に、絵とそして画家に対する興味を沸き立たせてくれる一冊。著者のアートへの愛を感じる。

  • 2017 11/7

  • 3.5

  • タイトルが「いまいちの絵」にみえて仕方がない。(笑) 内容は、SpotifyでSmooth Jazzでも聞きながら、優雅なひと時がもてる絵画鑑賞のエントリー本。最初にカラーで絵画が収録されているので、その絵を何回も見ながら、文章を読む。絵が書かれた時代の背景を知ることによりより鮮明に見えてくる画家の意図が解説されている。

  • 著者の体験を基に、画家の生い立ち、時代背景から絵画に迫る。

    その絵が世界にどのような影響を与えたのかを知ることも一つの楽しみ方。

  • 生きているうちには恐らく行けない所にあり、恐らく見ることのない絵画について、丁寧に教えてくれる、筆者の愛にあふれた一冊。

全28件中 1 - 10件を表示

原田マハの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
宮下 奈都
朝井 リョウ
塩田 武士
原田 マハ
原田 マハ
米澤 穂信
村田 沙耶香
米澤 穂信
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画 (集英社新書)を本棚に登録しているひと

いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画 (集英社新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画 (集英社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画 (集英社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画 (集英社新書)の作品紹介

アート小説の旗手として圧倒的人気を誇る原田マハが、自身の作家人生に強い影響を与えた絵画はもちろん、美術史のなかで大きな転換となった絵画を紹介。原田作品ではおなじみの名画も多数掲載!

いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画 (集英社新書)はこんな本です

いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画 (集英社新書)のKindle版

ツイートする