貴族探偵 (集英社文庫)

  • 1073人登録
  • 3.16評価
    • (19)
    • (112)
    • (148)
    • (60)
    • (16)
  • 134レビュー
著者 : 麻耶雄嵩
  • 集英社 (2013年10月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (369ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087451269

貴族探偵 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 相葉ちゃんのドラマという事で読んでみた。このプレイボーイを相葉ちゃんが演じるのかなと思うと笑える。設定変えてくるのかな。
    登場人物みんなキャラが濃いので頭に入りやすく読みやすい。ミステリに関してもそこまで難しくなく楽しめると思う。
    捜査や推理を使用人達に任せっきりにして自分は美しい女性と紅茶を飲んでいる貴族探偵。使用人達を自分の頭脳と呼びどこまでも信頼しているからこそできる事だろう。そして実はすべてお見通しの貴族探偵であると信じたい。

    「ウィーンの森の物語」
    糸を使った密室殺人は成功するのか…。珍しく犯人とトリックが少しわかった。満足。
    「トリッチ・トラッチ・ポルカ」
    犯人はなぜ死体をバラバラにしたのか…。想像すると怖い。
    「こうもり」
    作者の巧妙な罠…。読み終わってどういう事?って思った。え〜⁉︎
    「加速度円舞曲」
    なぜ岩は落とされたのか…。あれがヒントだろうと思ったけど謎は解けなかった。図があって推理するのが楽しかった。
    「春の声」
    伯爵御殿、車椅子に乗った館の主人、美しく儚い孫娘、次々と死んでいく婿候補たち…いちばん本格っぽい。使用人それぞれに推理をさせて繋がっていく所が面白かった。

  • ドラマを先に観てしまい、なおかつ続編の『対女探偵』を先に読んでしまいました。
    愛香が出てこないのでは寂しいかな?と読み始めましたが、そんな事はなく楽しめました。

    何と言っても、貴族探偵登場の巻ですから、各キャラの位置づけや、個性や、お約束のセリフなど、舞台づくりがここで確立されていたのだなと思いました。
    ドラマは、本編を崩すことなく上手くアレンジが行われていたことに改めて感心しました。
    犯人が違っていたり、トリックが異なったものもありました。
    タイトルは、ヨハンシュトラウスの楽曲から。

    1.ウィーンの森の物語。
    どうして、愛人と妻に同じバッグを買い与えたんでしょうねえ…

    2.トリッチ・トラッチ・ポルカ
    死体の頭部と腕が切り落とされていた理由とは?

    3.こうもり
    北陸の老舗旅館に二人の女子大生が少し早い卒業旅行にやってきた。
    そこに有名作家が宿泊していて…

    4.加速度円舞曲(ワルツ)
    彼氏の浮気にむしゃくしゃしながら別荘地を車で走行する、編集者の美咲。
    目の前に突然大きな岩が転がり落ちてきた!

    5.春の声
    名家の令嬢・弥生の婿候補に選ばれた3人の青年。
    早く決断しろと、当主である祖父は言うが、どの青年も、家を継がせられるような器ではない。
    見守る従姉の皐月は弥生を気の毒に思い、「いっそのこと、みんないなくなってくれないかしら」などと物騒な発言をするが…

  • 良くも悪くも貴族頼み。

    TV5話まで見て、面白そうなので読んでみました。

    著者の本は「神様ゲーム」「さよなら神様」で一風変わった作風というのは知ってましたが、主人公が推理しないってのが秀逸。

    この本は貴族と執事達の会話を楽しむ本であって、
    貴族の出番が少ないと盛り上がりに欠ける所が残念。

    短編だから話が小粒ってのもありますが、
    推理・探偵小説としての醍醐味が少ない感じがします。

    とはいえ、コンセプトは最高なので、
    続編を読みたくなりますねー。

    ドラマを受け入れられた人は読んでみてもいいかも。

  • ドラマ化するので原作を購入しました。
    もともと推理モノが好きなので楽しく読了(*´꒳`*)登場人物も頭の中でドラマキャストに変換(笑)自分で推理をいっさいしないで使用人任せっていうのも斬新!
    御前の使用人は本当に優秀な人達ばかりで、どんな基準で採用されたのか気になります(笑)

  • とにかく設定が変わっている。
    自ら「貴族探偵」と名乗る主人公は、自分で捜査をしたり事件関係者から話を聞いたりはしない。
    彼の代わりに手足となって実際に動くのは、彼の使用人である執事や運転手、メイドたちである。
    使用人たちが事件のために動いている間、「貴族探偵」は優雅にお茶を楽しんでいる。
    だが、本当に彼は事件を使用人たちに丸投げしているのか?
    各話ともに必ずヒロインが登場するのだが、彼女たちと交わす会話から「貴族探偵」の人となりが浮かびあがってくる。
    鋭い観察力と洞察力、毒舌家でもあるが本質を見抜く力を持っているなかなか侮れない人物なのだ。
    言動はたとえ軽口をたたいても、貴族らしくけっして下品さを感じさせない。
    そして、無事に事件を解決してしまうのだ。
    事件に登場するトリックもよく考えられている。
    もう少しライトノベル的な薄いミステリーなのかと思っていたら、予想を良い意味で裏切ってくれた。
    王道のミステリーを歩いていると思えば、まったく違う路地に迷い込んでしまったような不思議さを持っている物語でもあった。
    それでいて目的地にはきちんとたどり着いている。
    読み終わったあとにすっきりとできるのもいい。

  • 2013年のミステリーランキングで上位に来ていた
    『貴族探偵対女探偵』が気になったので
    前作の『貴族探偵』から読んでみた。

    連作短編集なので、通勤時間の片道に
    電車の中で読むのにちょうどいい長さ。

    比較的軽めの雰囲気なので、じっくり腰を据えて
    という感じでもないし、軽く楽しむにはいい作品。

    出色はやはり「こうもり」で、他に比べてちょっと長い分
    人間関係が絡み合うストーリーとしての面白さが際立っていた。

  • 「こうもりはドラマ見る前に予習すべき!」という先人の助言に従い購入。
    麻耶先生の作品は数年前かく語りきで壁に本を投げた経験から(いい意味で)警戒していたのだが、「こうもり」に関しては素直に納得できた。これは騙された。そしてドラマ見る前に読んだのも正解だった気がする。
    感じの悪い探偵と感じの悪い依頼人のオンパレード感がいっそ小気味良い短編集だった。貴族探偵のロジックさえ飲み込んでしまえばサクサク読める。「ファンタジーだと思って、適度に突っ込みながら読むべし」とは言い得て妙。

  • 麻耶さんの原作がドラマになっていて驚きました。
    この方の作品は何冊か読みまして、どれも癖のあるものでしたので、何かあるぞ、と思いながら読んでいました。
    読後、あれ普通、きちんとしてる、というのが正直な感想。気になるところもあるので続篇も読んでみよう、となりました。

  • ドラマを見て購入。
    原作はドラマと比べて淡々と物語が進む印象。幾ばくか無茶のある推理もあるにはあるが、そもそも設定がトンチキなので、無茶も大して浮くことはない。「こうもり」の叙述トリックには誰しもが驚くことだろう。

  • ●購入目的
    ・ドラマ原作話題本のため

    ●内容要約
    ・やんごとなき御身分の「貴族探偵」の事件簿
    ・5編の短編集
    ・尚、謎解きをするのは探偵ではなく使用人たち

    ●感想
     月9現作本として話題のため購入。所謂「安楽椅子探偵」の更に奇形。自分で推理しない名探偵とはこれ如何に。トリックは趣向がを凝らされてあり、感動や驚嘆はないものの筆者の技巧を楽しむことができる。
     短編の中では「こうもり」の技巧が面白い。叙述トリックの亜種だが、思わず読み返してしまった。見事。探偵も自分で仕事を抱えるのではなく部下に任せる時代なんだな、と勝手に得心。「私の頭脳はそこにいる三人(使用人たち)ですよ」は、貴族の高飛車でもなんでもなく、いい上司のそれではないか。

全134件中 1 - 10件を表示

麻耶雄嵩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
麻耶 雄嵩
有効な右矢印 無効な右矢印

貴族探偵 (集英社文庫)に関連する談話室の質問

貴族探偵 (集英社文庫)に関連するまとめ

貴族探偵 (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

貴族探偵 (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

貴族探偵 (集英社文庫)の作品紹介

自称「貴族」で趣味は「探偵」という謎の男が、コネと召使いを駆使して事件を解決! 斬新かつ精緻なトリックと過去に例のない強烈なキャラクターが融合した、奇跡の本格ミステリ集。(解説/千街晶之)

貴族探偵 (集英社文庫)の単行本

貴族探偵 (集英社文庫)のKindle版

ツイートする