雪の夜明け 浪花ふらふら謎草紙 (集英社文庫)

  • 56人登録
  • 3.62評価
    • (3)
    • (10)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 岡篠名桜
  • 集英社 (2014年1月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087451573

雪の夜明け 浪花ふらふら謎草紙 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【収録作品】浮瀬の月/化粧の影/雪の夜明け/宝船の行方

  • 連作短編4編
    4編目の宝船の行方で花歩の行方不明の父の手がかりが少し進展.それにしても大阪のいろいろな風物や風景が楽しい.

  • シリーズ3作目。ついに父の描いた宝船の手がかりが!

  • 趣味?と実益から出発した花歩のツアーガイドだけど、商売が絡んで周りがほっとかないのが大阪らしい(笑)。あいかわらず千代太郎との事は足踏み状態。というか肝心の千代太郎の出番が少なく何を考えてるのか、こっちも掴めず花歩以上にヤキモキです。一方、花歩の父の足取りが僅かながらに判明するも、決定打には至らず、これもヤキモキ。

  • 読みやすく、可愛らしいストーリー。
    恋愛模様はもう少し進んで欲しいなぁ。

全5件中 1 - 5件を表示

岡篠名桜の作品

雪の夜明け 浪花ふらふら謎草紙 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

雪の夜明け 浪花ふらふら謎草紙 (集英社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

雪の夜明け 浪花ふらふら謎草紙 (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

雪の夜明け 浪花ふらふら謎草紙 (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

雪の夜明け 浪花ふらふら謎草紙 (集英社文庫)の作品紹介

江戸中期の大坂。旅籠「さと屋」の貰われ子で看板娘の花歩は、若手女形の失踪や身分違いの恋模様など、事件に巻き込まれてばかり。そんな中、花歩を捨てた父が残した絵の秘密が明らかに!?(解説/大崎梢)

雪の夜明け 浪花ふらふら謎草紙 (集英社文庫)のKindle版

ツイートする