旅屋おかえり (集英社文庫)

  • 1348人登録
  • 3.84評価
    • (112)
    • (205)
    • (153)
    • (17)
    • (1)
  • 160レビュー
著者 : 原田マハ
  • 集英社 (2014年9月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087452259

旅屋おかえり (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「叩かれて叩かれて強くなった美しい人たち」という文章が記憶に残った。
    さらりと気軽に読めて、ほっこりする本

  • アラサータレント、丘えりか。旅レポートの仕事から、旅の虜になり、色んな人の想いを背負って代わりに旅をして、依頼人に成果物をもっていく役割を負う。原田マハさんらいし、人情味のあるとても暖かい気分になる素敵な一冊。オススメです。

  • 後半は一気読み。読み終わった後ほっこり。そして旅行に行きたくなった。

  • 普段は紙の本を読むのですが、手元になくて時間が空いたときに読む為
    1つスマホに入れておくのにどれにしようと、選んでいたときにみつけました。
    『旅屋おかえり』。どんな話か見当がつかなかったけれど原田マハさんなら大丈夫かな、と。

    アイドル 丘えりか(おかえり)さんが旅番組の降板をきっかけに
    「旅屋」という仕事に鞍替え
    「旅屋」とは、訳あって旅ができない人に代って旅をし、依頼者の求める成果物を納品する、という仕事。

    楽しい旅、依頼人の身の上の大変な話、など、温まったり冷えたり(?)
    いい話でした。

  • おかえりって言葉は不思議だ。
    言われた瞬間にその場所が故郷のような錯覚に陥る。
    くすぐったくて甘ったるくてそんな幸せ。

  • 『おかえり』が旅をしてくれる番組。新しい視点でワクワクしたが、新しいからこそ、うまくいくか心配。そんな心情の変化が細かく記されていて、一文字一文字を大切にしながら読んだ。

  • 主人公の元アイドル 丘えりか(おかえり)が旅番組の降板をきっかけに大好きな旅を仕事とする”旅屋”として、人々とぶつかり・共感しながらも自分にとって大切なことは何かを見つける物語。
    主人公がアラサーなため、自分にとって大切なもの・胸を張れるものは何かを考える時期だという点に少し共感できた。
    感情表現が豊かで、明るいおかえりを見ていると元気が出てくる。読みやすいので寝る前や旅のお供に。

  • 泣いたぁー。
    電車の中で、クスンクスンと泣いた。
    人との絆、身近にいるから忘れがちだけど、
    身近にいるからこそ、大切しないとダメだなと
    改めて思った。

  • 20161219 又、泣かされてしまった。良いストーリーだ。悪い人が出ない安心感、なのか。この本を好きな人は、人を好きになれる人なのだと思います。

  • マハさんらしい、ハートウォーミングな物語。
    ずっとウルウルしてました。

  • 最近気になっている原田マハさんだから買ってみましたが……。

    うーん、なんか読んでて恥ずかしくなっちゃった。
    「ちょびっ旅」っていう番組のタイトルもそうだけど、オープニングの感じとか、番組の最後のナレーションとか……。
    もしテレビでそんなセリフ聞こえてきたら、私だったらゾワッときちゃう。

    あと、「旅屋になるよりも脱いだ方が業界ではあいつ、やるなと思われるんだろう」っておかえりが思ってるけど、脱いだら「あいつ、落ちたな」って思われる方が多いんじゃ?

    旅を代行するっていうのも、そんなに需要あるのかなあ。
    最近自分の持ってるぬいぐるみに代わりに旅に行ってもらう、っていうビジネスがあるらしいけど、それと似たような感覚なのかな。

    でも、いろんなところへ旅ができるおかえりはうらやましく思えました。

  • 旅は出かけるだけで、すでに意味がある というのは いい言葉


    旅に出るとともに、旅から帰る場所(旅の終わり)がある というのも、旅が楽しい条件なのかなーと思った。時間、健康、お金、帰る場所の全てを持っていないと、旅は楽しくないので、旅は 贅沢

    ちょっとした出張でも楽しいのだから、旅が仕事になるのは 相当 楽しいのだろーと思う

  • 原田マハ初読み。最初の話が良かった。

  • 旅屋おかえり。どんな話しか分かりそうでわからないタイトル。読み進めるうちに、軽快なタッチだけど計算されつくした展開に驚きました。推理小説みたいに最後は全部がつながって、やっぱり泣いてしまう。読み終わったら、秋の自然の中を旅した後みたいに、すっきりして、新しい一歩を踏み出せそうな気持ちになる一冊。

  • 原田マハさん初読み完。
    心温まる旅のお話。
    それぞれの出逢いと別れ。

    『いろんな事情を抱えながらも、せいいっぱい生きるいとおしい人たち。いいことよりも、きっと、つらいことのほうが多かったに違いない。けれど、みんな、一生けんめいだった。叩かれて叩かれて強くなった、美しい人たち。』


    「手を振ってもいい?いつか、手を振る日が来ると思ってた。思い出に。それが、今日」
    いままで、孤独な心をなぐさめ続けてくれた、思い出たち。私をあたため続けてくれた、やさしい思い出たち。でも、いつか手を振って、私、歩み出そうと思ってた。新しい人生を始めるために。

  • ちょっと毒気が足りないものの、旅の雰囲気がとても素敵な小説でした。
    礼文島に行ってみたくなりました。

  • 原田さんの(別の)本を読んで、気になった。旅屋という変わった職業の話。仕事に誇りを持っている感じがしてよかった。また続きも読んでみたいなと思った。

  • おかえりの優しい心、旅が出来るって幸せ。

  • う~~~ん
    原田マハさんはたぶん楽園の~しか読んだことないかな
    どんな人、ってのはないけど
    なんかイイハナシ系で読み始めてもうやめたかった(そういう気分じゃなかった)
    けどまあまあ面白かったかなーーうーん

    売れない元アイドルのおかえりちゃんが体当たりで旅レポをする話で
    人とのふれあいとか、旅っていいな的な話だった

    あんまり合わなかった

  • 最近、マハさんが、マイブームです。といっても、まだ五作目なので、まだまだですが。全体的的にマハさんの作品は、言葉使い(表現)が、優しい感じやし、内容もホッコリするので癒やれます。この『旅屋おかえり』も何度か泣かされてしまいました。僕も『出かけてみなくちゃ、何が起こるかわからない』っていう言葉が印象的でした。

全160件中 1 - 25件を表示

旅屋おかえり (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

旅屋おかえり (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

旅屋おかえり (集英社文庫)の作品紹介

売れないアラサータレント“おかえり"こと岡えりか。ひょんなきっかけで始めた「旅代理業」は依頼人や出会った人々を笑顔に変えていく。『楽園のカンヴァス』の著者が贈る感動の物語。(解説/吉田伸子)

旅屋おかえり (集英社文庫)のKindle版

旅屋おかえり (集英社文庫)の単行本

ツイートする