旅屋おかえり (集英社文庫)

  • 1621人登録
  • 3.83評価
    • (127)
    • (245)
    • (171)
    • (25)
    • (1)
  • 197レビュー
著者 : 原田マハ
  • 集英社 (2014年9月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087452259

旅屋おかえり (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 原田マハさんの本に出てくるキャラクターは何故いつもこんなに好感が持てるんだ~。゚(゚´Д`゚)゚。今回の登場人物も素敵な人ばかりで、温かい気持ちになった。
    売れないタレント・丘えりか(通称おかえり)が、ひょんな事から旅代理人を始めるお話。最初のきっかけが私も旅に出た事のある場所だったので、もうかなり気持ちが高まった!同じ季節ではなかったけれど旅ルートがほぼ一緒で、その時の気持ちが蘇って、もう、もう、もう、うわあって感じ(本文参照(笑))
    旅を通じて人と人の絆を繋ぐ事ができる、なんて素敵な仕事なんだろう。私も読みながら当時の旅を思い出し、おかえりに勇気と元気を貰えた。また、あの場所に行ってみたいな~。

  •  売れない元アイドルのタレント”おかえり”こと丘えりか。唯一のレギュラー番組も打ち切られてしまい、おかえりとおかえりしか所属タレントのいない弱小プロダクションは窮地に立たされる。
     そんなある日おかえりは、忘れた財布を届けてくれた女性にあるお願いごとをされる。それは難病の娘に代わって苦い記憶のある地を旅してほしい、という旅の代行依頼だった。

     読み終えたときにこの小説のタイトルを『旅屋おかえり』とした原田ハマさんのセンスがとても好きになりました。

     と言うのも自分の中で旅というと旅先での名前も知らない人たちとの触れ合い、というイメージがまず始めにあったのですが、
    しかし、この小説を読んでいると旅というのはもちろんそういう物語もあるけどそれだけでなく、旅に行くまでの、そして帰ってくるまでの物語があることに気づかされます。

    「遠足は帰るまでが遠足です」というお約束の言葉に小学生時代の僕は「あー、はいはい」と聞き流していましたが、今考えるとその言葉の真意は、無事に帰って待ってくれている人や場所に「ただいま」と声をかけ「おかえり」と迎えられるまでが遠足ということだったのだと思います。この小説が体現していることはきっとそういうことです。

     おかえりがそれぞれの旅の代行(旅屋)で向かい合うのは家族の物語でもあります。そしてそれはどこかで歯車が狂ってしまい家族の場所に戻れなかった人たちを、
    元のあるべき場所に帰すための旅、つまりバラバラだった家族が元の場所に戻り「おかえり」とそれぞれが言えるようにするための旅なのです。
    だからこそ『旅屋おかえり』というタイトルが読み終えたころにまた違った輝きを持つのです。

     そして登場人物たちそれぞれに個性が与えられていて、何よりもみんな優しいのが読んでいて安心します。

     印象的な場面もいくつかあったのですが、何よりも愛媛からの帰りの空港の場面は本当に素晴らしい名場面です。

     雪の中の秘湯や和紙作りなど旅先の描写も素晴らしく、インドア派の自分も旅がしたくなりました。ヒマが出来たらどこかに行ってみようか、と思います。

  • 原田マハさんの2冊目。

    旅に出るからという理由で選んで、旅先で読んでいました。

    その旅行中に友人から
    「作家さんの講演会があるから一緒にどう?
     君のきっと好きな作家さんだと思うよ」
    と連絡がきました。

    その作家さんが原田マハさんでした。
    友人には、
    旅行に来ていることも、
    この小説を読んでいたことも伝えていなかったけれど、
    きっと、この小説を読むタイミングは、
    やっぱり今だったんだな、と思いました。
    そんなことを感じた一冊です。

    内容も、もちろんおもしろく、旅行好きな方にはおすすめです。
    旅先で出会う様々なものを大切に感じることができます。

    『気がつくと、今日もまた旅をしている。
     旅先には、きっと誰かが待っている。
     そして、帰ってくれば、おかえり、のひと言が待っている。それが何より嬉しくて。
     だから、今日もまた、旅をしている。』

  • 売れない元アイドルタレント
    ”おかえり”こと丘えりか。
    唯一のレギュラー旅番組が打ち切りになり
    窮地に追い込まれたおかえりが始めたのは
    依頼人に代わって旅をする「旅屋」だった。

    いやぁ…いい本でした…
    「いってらっしゃい」と送り出してもらって
    「おかえり」と迎えてくれる誰かががいて
    旅は完結する。旅に出たくなる本、とのことですが
    おかえりの旅先での出会いや地元の人との
    ふれあいももちろん魅力的なんですが…
    実際、全編、旅人おかえりが旅屋をする姿を
    短編のように描くのかな…と思ったら
    家元の話も社長の話も「親子」の物語で
    そのあたりを掘り下げてくれたのが良かった…

    私自身が出不精で、旅にあまり出ないのも
    ありますが、旅って、自分がその土地に行き、
    自分がその土地のものを感じるものであって
    人に代行してもらって満足するものなのかしらん…
    と思ってしまう所もあるのですが…
    おかえりの「仕事」というだけではなく、
    誰かのために心を尽くす姿勢や人柄に
    好感が持てます。
    ここはひとつ、出不精の私もどこかに旅に出て
    みるべきでしょうか。と思わせてくれる本。

  • どんな旅にも意味がある。
    旅で出会う人たち
    四季の風景
    いつもと違う食事
    戸惑いや失敗があっても最後は行ってよかった。
    おかえりのように旅を愛して続けたい。
    そう思えた作品。

  • 「旅行」と「絆を結びなおす」物語。

  • 旅屋おかえり。どんな話しか分かりそうでわからないタイトル。読み進めるうちに、軽快なタッチだけど計算されつくした展開に驚きました。推理小説みたいに最後は全部がつながって、やっぱり泣いてしまう。読み終わったら、秋の自然の中を旅した後みたいに、すっきりして、新しい一歩を踏み出せそうな気持ちになる一冊。

  • ちょっと毒気が足りないものの、旅の雰囲気がとても素敵な小説でした。
    礼文島に行ってみたくなりました。

  • う~~~ん
    原田マハさんはたぶん楽園の~しか読んだことないかな
    どんな人、ってのはないけど
    なんかイイハナシ系で読み始めてもうやめたかった(そういう気分じゃなかった)
    けどまあまあ面白かったかなーーうーん

    売れない元アイドルのおかえりちゃんが体当たりで旅レポをする話で
    人とのふれあいとか、旅っていいな的な話だった

    あんまり合わなかった

  • 最近、マハさんが、マイブームです。といっても、まだ五作目なので、まだまだですが。全体的的にマハさんの作品は、言葉使い(表現)が、優しい感じやし、内容もホッコリするので癒やれます。この『旅屋おかえり』も何度か泣かされてしまいました。僕も『出かけてみなくちゃ、何が起こるかわからない』っていう言葉が印象的でした。

全197件中 1 - 10件を表示

旅屋おかえり (集英社文庫)のその他の作品

旅屋おかえり 単行本 旅屋おかえり 原田マハ

原田マハの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

旅屋おかえり (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

旅屋おかえり (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

旅屋おかえり (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

旅屋おかえり (集英社文庫)の作品紹介

売れないアラサータレント“おかえり"こと岡えりか。ひょんなきっかけで始めた「旅代理業」は依頼人や出会った人々を笑顔に変えていく。『楽園のカンヴァス』の著者が贈る感動の物語。(解説/吉田伸子)

ツイートする