旅屋おかえり (集英社文庫)

  • 1540人登録
  • 3.83評価
    • (124)
    • (230)
    • (169)
    • (22)
    • (1)
  • 187レビュー
著者 : 原田マハ
  • 集英社 (2014年9月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087452259

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

旅屋おかえり (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 原田マハさんの本に出てくるキャラクターは何故いつもこんなに好感が持てるんだ~。゚(゚´Д`゚)゚。今回の登場人物も素敵な人ばかりで、温かい気持ちになった。
    売れないタレント・丘えりか(通称おかえり)が、ひょんな事から旅代理人を始めるお話。最初のきっかけが私も旅に出た事のある場所だったので、もうかなり気持ちが高まった!同じ季節ではなかったけれど旅ルートがほぼ一緒で、その時の気持ちが蘇って、もう、もう、もう、うわあって感じ(本文参照(笑))
    旅を通じて人と人の絆を繋ぐ事ができる、なんて素敵な仕事なんだろう。私も読みながら当時の旅を思い出し、おかえりに勇気と元気を貰えた。また、あの場所に行ってみたいな~。

  •  売れない元アイドルのタレント”おかえり”こと丘えりか。唯一のレギュラー番組も打ち切られてしまい、おかえりとおかえりしか所属タレントのいない弱小プロダクションは窮地に立たされる。
     そんなある日おかえりは、忘れた財布を届けてくれた女性にあるお願いごとをされる。それは難病の娘に代わって苦い記憶のある地を旅してほしい、という旅の代行依頼だった。

     読み終えたときにこの小説のタイトルを『旅屋おかえり』とした原田ハマさんのセンスがとても好きになりました。

     と言うのも自分の中で旅というと旅先での名前も知らない人たちとの触れ合い、というイメージがまず始めにあったのですが、
    しかし、この小説を読んでいると旅というのはもちろんそういう物語もあるけどそれだけでなく、旅に行くまでの、そして帰ってくるまでの物語があることに気づかされます。

    「遠足は帰るまでが遠足です」というお約束の言葉に小学生時代の僕は「あー、はいはい」と聞き流していましたが、今考えるとその言葉の真意は、無事に帰って待ってくれている人や場所に「ただいま」と声をかけ「おかえり」と迎えられるまでが遠足ということだったのだと思います。この小説が体現していることはきっとそういうことです。

     おかえりがそれぞれの旅の代行(旅屋)で向かい合うのは家族の物語でもあります。そしてそれはどこかで歯車が狂ってしまい家族の場所に戻れなかった人たちを、
    元のあるべき場所に帰すための旅、つまりバラバラだった家族が元の場所に戻り「おかえり」とそれぞれが言えるようにするための旅なのです。
    だからこそ『旅屋おかえり』というタイトルが読み終えたころにまた違った輝きを持つのです。

     そして登場人物たちそれぞれに個性が与えられていて、何よりもみんな優しいのが読んでいて安心します。

     印象的な場面もいくつかあったのですが、何よりも愛媛からの帰りの空港の場面は本当に素晴らしい名場面です。

     雪の中の秘湯や和紙作りなど旅先の描写も素晴らしく、インドア派の自分も旅がしたくなりました。ヒマが出来たらどこかに行ってみようか、と思います。

  • 旅屋おかえり。どんな話しか分かりそうでわからないタイトル。読み進めるうちに、軽快なタッチだけど計算されつくした展開に驚きました。推理小説みたいに最後は全部がつながって、やっぱり泣いてしまう。読み終わったら、秋の自然の中を旅した後みたいに、すっきりして、新しい一歩を踏み出せそうな気持ちになる一冊。

  • ちょっと毒気が足りないものの、旅の雰囲気がとても素敵な小説でした。
    礼文島に行ってみたくなりました。

  • う~~~ん
    原田マハさんはたぶん楽園の~しか読んだことないかな
    どんな人、ってのはないけど
    なんかイイハナシ系で読み始めてもうやめたかった(そういう気分じゃなかった)
    けどまあまあ面白かったかなーーうーん

    売れない元アイドルのおかえりちゃんが体当たりで旅レポをする話で
    人とのふれあいとか、旅っていいな的な話だった

    あんまり合わなかった

  • 最近、マハさんが、マイブームです。といっても、まだ五作目なので、まだまだですが。全体的的にマハさんの作品は、言葉使い(表現)が、優しい感じやし、内容もホッコリするので癒やれます。この『旅屋おかえり』も何度か泣かされてしまいました。僕も『出かけてみなくちゃ、何が起こるかわからない』っていう言葉が印象的でした。

  • 旅をしたくてたまらなくなる。特に、この本に出てくる角館。武家屋敷の並ぶ町並みを満開の桜の時期に見てみたいものです。

  • 売れないタレント「おかえり」こと丘えりかが始めた依頼人に代わって旅をする旅屋。

    旅がもたらす感動。現地での出会いも良いですが、何よりも「行ってきます」と「おかえり」を言ってもらえる幸せ、これに尽きるのではと思いました。

    依頼人の思いに寄り添って感動したり泣いたり。ひとの現実を変えるなんて言うのはおこがましいなんて思っていたけど、変えることはやっぱり大切。

    ひとも叩かれて叩かれて、強く、美しくなるって、痛そうだけど、素敵なフレーズでした。

  • 原田マハさんの作品は読んでて嫌な気分にならないなぁ。
    読後感も爽やか。
    泣ける場面も、悲しくてとかじゃなくて感動しちゃってのが私には多い。

  • 「元プロボクサー、いま社長」の鉄壁が率いる事務所にはには、「元アイドル、いま旅人」のおかえり1人しかタレントがいない弱小芸能プロダクション。唯一のレギュラー番組だった旅番組が打ち切られ、始めた事業は「旅屋」。
    誰かの代わりに旅行を代行。最初の仕事は病気で病院から出られない華道家元の娘の依頼。そして、旅番組のスポンサーだった会社の会長からの依頼が飛び込む…
    おいしいご飯や素敵な旅館、優しい地元民など旅の良さを余すことなく描かれていて、旅に出たくなった。

  • 「丘えりこ」という芸名を持つ30過ぎの芸能人女性が主人公。旅ロケで全国を紹介する番組を持っていたが、スポンサーからの番組打ちきりを宣告され失業に。

    ・旅好きな主人公と、それを支える芸能プロダクション社長が考えたのが、旅行に行きたくても、病気や事情で行けない人の替わりに、旅行を代行する「旅屋」ビジネス。

    ・最初はALSという、全身の筋肉が硬直して動けなくなる難病を持つ華道家元の娘の依頼で、秋田県角館のしだれ桜を見に行く旅を。次には、大手ソースメーカーの会長の依頼で、愛媛県内子町へ、遠い親戚の墓参りに。

    ・旅の事情はいろいろで、いけない事情もいろいろ。ここでは2つの旅について、その事情の物語が綴られていました。あまり泣きは入りませんでしたが、これはうまく作るとシリーズ化できるような、テレビドラマにも出来るような話でした。

    ・前回の「楽園のキャンパス」では絵画への並々ならぬ知識を披露していましたが、作者の原田マハは、映画や旅行に対しても造詣が深いようです。そして何より、作者が楽しんで書いているのが良くわかる作品でした。ミステリーな事件も全くおこらず、それこそ旅行中にでも、気楽に読める作品ではないかと思います。

  • 2014.12.5読了
    とっても綺麗にまとまったという感じか。サラリと読むには良い。(図書館)

  • 私も旅好きなので分かることもあれば、おかえりすげーなと思うところ多々あり。
    でも、読み終えると「旅っていいな。」と思って、行きたくなるだろう。実際に私も旅行中にも関わらず、次の旅行のことを考えている始末…。

    とても温かくなる小説でした。

  • 『楽園のカンヴァス』以来、原田マハは四冊目、ドキドキさせられっぱなしである。

    旅番組のレポーターから、旅人への転身。
    主人公おかえりの誠実さが、彼女の撮る画や言葉から滲み出てきて、私も依頼人とおんなじ気持ちにさせられる。

    ビジネスだけではない、誰かのために心を尽くすというあたたかさを、こんなに自然と受け止められた小説は久しぶりだった。

    私が旅をした彼是の地も、彼女の目で見つめると、きっともっと、輝いて映るのだろうな。
    ほっこり系がお好きな方は、是非!

  • 笑った、泣いた。原田マハさんの小説に登場する人はどうしてこんなに真っ直ぐで気の良い人たちなんだろう!主人公おかえりの困難に自分で突き進んで変えていく力に元気をもらえた。

  • 放送打ち切りとなった旅行番組のレポーターが、様々な事情で出かけることのできない人の代わりに旅行をしてくるという、旅屋をはじめる。そういう物語。
    ハートウォーミングで手軽な小説である。2泊ほどの旅行の際、鞄のポケットにでも差しておき、車中や就寝前にちょいちょい読むのに丁度よいボリュームと内容。あえてそういうさじ加減にしたんだろうなぁと思える。小説巧者の原田さんならではの妙技。

    旅行ベタで、情報収集とかあまりしないから、よく「そこに行ったらコレがマストやろ」といわれるものを見逃したり食い逃したりする。旅慣れている人から見たら随分勿体ないことをしているらしい。俺としてはそれでも存分に楽しんでいるんだが…。

    この物語で旅屋に依頼をする人たちの諸事情は十分理解するが、それでも俺は旅屋に旅行体験の代理を依頼することはないだろう。遠方へのお使いを依頼することと、旅行を自分の代わりに体験してもらうことはベツモノだと思う。下手は下手なりに旅行は自分で楽しむものだと思っているのである。

  • 2017/10/12
    心温まる。

  •  ベタだけど、とてもあったかい。
     

  • 旅屋だなんてすごく興味深い!!と思って読み始めました。
    続編とか連ドラ化とかしやすそう(*゚▽゚*)
    おかえりにもっとたくさんの旅をしてもらいたい、
    もっといろんな旅のお話を聞かせてほしい、そう思います。

    原田マハさんの作品は、以前に『楽園のカンヴァス』を読んだけど、全然違った雰囲気で、とても読みやすかったです。

  • 「旅屋」という響きが面白そうと思って読みはじめた。
    途中までは気持ちも入って読みやすかったけど、後半は入りこめなかった。
    なんだか説明が多くて読みにくくなってしまったのかも。

    でも主人公が旅を好きな気持ちや、旅先で出会うたくさんの人たちとの交流は微笑ましい。
    旅に出たいなぁーと思う本だった。

  • 旅番組が唯一のレギュラーだった売れない元アイドルのタレント”おかえり”。
    その唯一だった番組が打ち切られ、彼女と彼女のプロダクションのもとに舞い込む旅行代行依頼。
    偶然から生まれたその依頼が、おかえりと周りの人々を動かしていく。
    というあらすじの今作。
    原田マハさんらしい優しさに溢れた文体で物語は進んでいくが、途中から不穏な空気に・・・
    おかえりは何も知らないだけなのに、周りの人が「そんなことをする人だったなんて」みたいにどんどん冷たくなっていく。だからと言ってなにも詳しいことは教えてもらえない。
    似たような経験を誰しもしていると思うが、なんだかこの部分がすごく辛かった。
    最終的に報われた形にはなったが、ちょっと腑に落ちない部分も・・・
    そんな突然冷たく突き放さなくてもよくない?(内子で初めて会った真理子さんはともかくとして)今までおかえりとたくさん仕事してきた人たちまで?という気持ちになってしましました。
    現実世界でもそんな感じだとは思うんですけどね・・・
    今まであなたが見てきたわたしってそんなだった?みたいな・・・

    総括すると、設定がすごくおもしろくて、旅に出たくなる作品でした。
    描写がすごく生き生きとしていて丁寧で、おかえりの行く様々な場所の情景が脳裏に浮かんできて、よかったです。

  • 旅屋を開くきっかけになった、桜の花が眼前に浮かぶ。少し、泣く。

  • マハさんの文章からはじんわり温かさが滲み出る。登場人物の言葉の一つ一つが大丈夫、大丈夫と背中を押す。この作品ももちろんそう。
    都合よく行き過ぎな展開だと思いながらも、たとえ現実は上手くいかないことだらけでも生き続けよう、生きていこうと思える一縷の希望を持とう、そんな真摯なメッセージにほだされる。
    それに加えて「旅屋おかえり」が伝えてくれるのは、かけがえのない旅の素晴らしさ。
    これから成長していく息子と旅先で何を見つけられるのか、今から楽しみにしている。

  • 旅好きの元アイドル、おかえりこと、丘えりこの旅に対する情熱と愛情が伝わってくる。さらに、旅を通して、人と人を繋ぐことを仕事にできるなんて、なんて素敵なんだろう❗️
    特に後半は涙なしでは読めません。

    そして、私自身、また旅に出たくなりました。

  • 旅行をする際に電車の中で読もうと思い購入。旅行のお供には最高の本。この本を読みながら旅行をすると、旅行の感動が上乗せされる気がした。

全187件中 1 - 25件を表示

旅屋おかえり (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

旅屋おかえり (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

旅屋おかえり (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

旅屋おかえり (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

旅屋おかえり (集英社文庫)の作品紹介

売れないアラサータレント“おかえり"こと岡えりか。ひょんなきっかけで始めた「旅代理業」は依頼人や出会った人々を笑顔に変えていく。『楽園のカンヴァス』の著者が贈る感動の物語。(解説/吉田伸子)

旅屋おかえり (集英社文庫)のKindle版

旅屋おかえり (集英社文庫)の単行本

ツイートする