猫の手、貸します 猫の手屋繁盛記 (集英社文庫)

  • 356人登録
  • 3.51評価
    • (16)
    • (35)
    • (42)
    • (8)
    • (3)
  • 41レビュー
  • 集英社 (2014年10月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087452433

猫の手、貸します 猫の手屋繁盛記 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 夏フェアの平積み棚に並ぶキラキラした装丁の中でひときわ目を引くしぶ~い和風の絵に思わず手が伸びました。あらすじを読んでも着想は新鮮味に欠けるし、少し前に流行ったあやかしものか…と全く期待せずに読み始めましたが、緩急をつけた巧みな場面展開と江戸の町並みが浮かぶ見事な情景描写に最後まで愉しめました。ほっこり人情もので後味も◎。子供たちが活き活きとしてる物語はいいですね。実直だけど少し堅物、長屋の面々に振り回される主人公もとても魅力的です。はたして主人公は無事人間の姿に戻れるのか?

  • ナツイチの栞欲しさに購入(^^;)ゞどうせなら妖ものが良いな~♪と思ってこの本を選んで読んだら大満足(^^)v旗本の跡取り息子の宗太郎(猫太郎or猫先生)が猫又の怒りをかって、表紙のような白猫姿に!Σ( ̄□ ̄;)百の善行を積んで人の姿に戻れるように、裏長屋でよろず請け負い「猫の手屋」を営む(^.^)軽~く読めて、笑えて、心も暖まる(*´-`*)あぁ猫先生と握手がしたい!国芳との会話も楽しかった(^o^)♪

  • 白猫姿の宗太郎が、長屋の住人達にマイルドに受け入れられているのがほのぼのとさせられます。
    私も宗太郎の肉球を触ってみたい・・・。

  • 旗本の跡取りだが、ある事情で白猫の姿になってしまった宗太郎(通称:猫太郎)。善行を積んで元の人の姿に戻るため、裏長屋でよろず請け負い家業「猫の手屋」を営んでいる。同じ長屋に暮らす賑やかな面々と日々を過ごす彼のもとには、鼠退治から果ては幽霊供養まで、様々な依頼が舞い込んで…。奇妙奇天烈な猫のサムライが活躍する、泣いて笑えるあやかし人情時代劇、開幕。

  • 猫又を怒らせてしまい、表紙のような巨大な二足歩行する猫になってしまった主人公。
    100の善行を積むため、「猫の手を貸す」なんでも屋をやることに。

    わざとではないのに、猫の化け物に姿を変えられてしまったらどうしよう。
    不幸な境遇なのに、主人公は善行を積むために人助けを行い、またその性格から長屋の人達にも(変な姿ながらも)受け入れられ、好かれている。
    そんな主人公にほっこりします。

  • いきなり巨大な猫の姿にされてしまった主人公が町民に混じってたくさんの経験をしていく物語。
    猫がたくさん出てくるのでとても可愛い。江戸物風って感じですが読みやすいです。

  • 「それがしは猫ではないのですが…」
    誰が見ても猫なのに…。
    その無駄な抵抗が笑えます。
    猫太郎。最高です!

    肉球のにおいで、ご飯3杯はいける…ふふっ。
    猫好きにはたまらないツボ満載でした。

    著者紹介に、愛猫を乳母日傘で溺愛とあり、納得。
    ぜひ続編を読みたいです。

  • 電車で読む用の本を探しているとき、たまたま見かけて購入。時代ものの気分だった。
    猫太郎さんが真面目で実直で、それが過ぎて好意的なおもしろさが出ていて。キャラクターが良い。
    目標を達成するまで「世間の困った」をひとつひとつ解決していく、という話の流れなので、人気があればいくらでも続きそう。続編が出たら、買うかな。

  • 図書館より。

    本屋で偶然、目にとめていた1冊。嬉々として借りてきた。
    うーん、私の好みではない。なんか、猫になっちゃうって怖いよ((( ;゚Д゚)))

  • コバルトの作家さん、というイメージしか無いまま読んでみた本。訳あって、時代小説に手を付けることになったのだけど、今まで時代小説だの、歴史小説だの読んだことがないから、読みやすそうなものを、と思って選んだ本でした。

    先述の通り、コバルトの作家さん、てイメージが強かったので、ラノベちっくなものなのか、と構えていたけれど、全然そんなことはなく。面白かったです。これはシリーズで出てるから、是非とも続刊を読まねば・・と新たな楽しみが出来ました。

    描写がすごく丁寧で、江戸の暮らしや町並みが目に浮かぶようでした。何より、猫太郎が可愛い。可愛い仕草や物言いはしてない筈なのに、可愛いのです。自分は猫アレルギーなので、猫は遠目で見ることしか出来ないのですが、猫太郎は可愛い。読んでて何度も悶絶しそうになりました。

全41件中 1 - 10件を表示

かたやま和華の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

猫の手、貸します 猫の手屋繁盛記 (集英社文庫)に関連する談話室の質問

猫の手、貸します 猫の手屋繁盛記 (集英社文庫)に関連するまとめ

猫の手、貸します 猫の手屋繁盛記 (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

猫の手、貸します 猫の手屋繁盛記 (集英社文庫)の作品紹介

ある事情で猫の姿になってしまった浪人・宗太郎(通称、猫太郎)。裏長屋で便利屋「猫の手屋」を営む彼の元には、人々の相談が舞い込んで……。奇妙奇天烈な猫のサムライが大活躍するあやかし時代劇!

猫の手、貸します 猫の手屋繁盛記 (集英社文庫)のKindle版

ツイートする